16時間断食のオートファジーでナッツはなぜOK?効果は?ナッツ以外は?

16時間断食のオートファジーでナッツはなぜOK?効果は?ナッツ以外は?

 

「16時間断食のオートファジーでナッツがOKなのは、どうしてなんだろう?ナッツ以外はだめなの?」

 

1日に16時間の断食をおこなうオートファジーダイエットですが、16時間の断食中でもナッツは食べてもよいとされています。

ですが、どうしてオートファジーダイエット中でも、ナッツは食べてもよいのでしょうか。

 

また、オートファジーダイエットの詳しい効果も気になります。

 

  • オートファジーの効果や16時間断食のルールは?
  • オートファジーの16時間断食でナッツがOKなのはどうして?
  • 16時間断食のオートファジーでナッツ以外に食べてよいものは?

など、16時間断食のオートファジーについて、詳しく調べてみました。

 

断食というくらいなのに、本当にナッツを食べてしまってもいいのか不安になる人も多いでしょう。

しかし、16時間断食のオートファジーにナッツを食べてもよいきちんとした理由があるので、安心してください。

 

また、ナッツ以外でもオートファジーで食べれる食べ物もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

さらに、腸を整えて体の内側から美しくなりたい方へ。

腸内環境が悪いと、どれだけいい食事をしても栄養が吸収されず、便秘や肌の悪化に繋がってしまいます。

 

一方、腸内環境が整うと、栄養の吸収はもちろん、便秘改善、ダイエット、美容にも大きな効果があるんです。

そのためには、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けることがとても大切になります。

 

そこで今、期間限定で『ビフィズス菌+ユーグレナスティック』を500円で手に入れることができます。

@コスメでも「5.5」と高評価で注文も殺到しているので、在庫切れになる前にチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

【今だけ期間限定500円】ビフィズス菌+ユーグレナスティック公式サイトはこちら

 

オートファジー作用が働く16時間断食とは?効果やルールを解説!

16時間断食のオートファジーでナッツはなぜOK?効果は?ナッツ以外は?

 

そもそも、オートファジーのことをよく知らないという人、多いのではないでしょうか。

オートファジーの作用が働くといわれている16時間断食について、その効果を詳しく調べてみました。

 

また、16時間断食のルールについても解説していくので、気になる人はぜひチェックしてみてください!

 

16時間断食でオートファジー作用が働く

 

オートファジーとは、細胞の中で起こる現象のことを言います。

では、その細胞の中で起こる現象というのは、どういったものなのでしょうか。

 

オートファジーについて、詳しく調べていきましょう。

皆さんは、人間の体を動かすにあたって、一番大事なものはなんだと思いますか?

 

それは三大栄養素としても知られている、タンパク質です。

タンパク質は髪や肌や骨、筋肉や内臓や酵素など、私たちヒトの体を作る材料として、必要不可欠なものだからです。

 

そしてタンパク質は、ヒトの体の中で常に入れ替わっています。

肌のターンオーバーで細胞が入れ替わっているのが、良い例ですね。

 

特に酵素はヒトの体を動かしたり、体の機能を正常にしているものですが、この酵素を作っているのもタンパク質なのです。

なので、食事ではタンパク質が重要視されます。

 

食事で摂取したタンパク質はアミノ酸に分解され、そしてタンパク質として合成されていくのです。

そんなタンパク質ですが、1日に必要な量は約200gといわれています。

 

しかし、実際に食事で摂れるタンパク質は1日70g程度なのをご存じでしょうか。

これを見たら分かるように、食事だけではタンパク質を十分に摂ることができません。

 

しかし、人間の体は足りないタンパク質を分解し、リサイクル活用することができるのです。

このリサイクルする現象を、オートファジーと言います。

 

そして、オートファジーは人間の体が餓死状態に陥ることで活発化されるのです。

その目安は、最後に食事をしてから16時間程度ということが分かっています!

 

16時間断食には脂肪燃焼効果もある

 

人の体は10時間空腹の状態が続くことで、脂肪燃焼を始めるということをご存じでしょうか?

このことから、16時間断食には脂肪燃焼効果も期待できます。

 

また、タンパク質を分解してリサイクルするオートファジーですが、このときに体の悪いものも一緒に分解してくれるのです。

これによって、人間のエネルギー工場とも言われているミトコンドリアも新しくなります。

 

ミトコンドリアは、酸素を利用して脂肪や糖をエネルギーへと変換してくれる優れものです。

このミトコンドリアが古いと老化が促進されたり、太りやすくなってしまうといわれています。

 

オートファジーはミトコンドリアを新しくしてくれるので、脂肪燃焼しやすい体づくりが期待できるでしょう!

 

16時間断食のルールを再確認!

 

体にとってよいこと尽くしのオートファジーですが、16時間断食を始める前にルールの確認をしておきましょう!

まず、基本的なルールとしては8時間以内に食事をし、16時間の断食をするということです。

 

食事をすることができる8時間は、基本的に何を食べてもよいです。

また、断食中の16時間は極力食べることを避け、睡眠などで空腹を紛らわせましょう。

 

オートファジーをおこなう時間帯はいつでもよいですが、朝の10時から18時までを食事時間とする方法が人気です。

断食時間を就寝時間にすることで、空腹に耐えることができますよ!

 

さらに、腸を整えて体の内側から美しくなりたい方へ。

腸内環境が悪いと、どれだけいい食事をしても栄養が吸収されず、便秘や肌の悪化に繋がってしまいます。

 

一方、腸内環境が整うと、栄養の吸収はもちろん、便秘改善、ダイエット、美容にも大きな効果があるんです。

そのためには、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けることがとても大切になります。

 

そこで今、期間限定で『ビフィズス菌+ユーグレナスティック』を500円で手に入れることができます。

@コスメでも「5.5」と高評価で注文も殺到しているので、在庫切れになる前にチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

【今だけ期間限定500円】ビフィズス菌+ユーグレナスティック公式サイトはこちら

 

オートファジーの16時間断食でなぜナッツはOK?何粒でも?食べすぎたら?

16時間断食のオートファジーでナッツはなぜOK?効果は?ナッツ以外は?

 

オートファジーの16時間断食で、ナッツは食べてもよいと言われていますが、一体どうしてでしょうか。

ナッツを食べてもよいといわれる理由はもちろん、どれくらい食べてもよいのか、食べ過ぎた場合どうなってしまうのかを調べてみました!

 

ナッツは腹持ちがいい

 

ナッツは昔から人類が食べてきた食べ物であり、非常に腹持ちのよい食べ物です。

そんなナッツが16時間断食中でも食べてもよいといわれる理由には、ナッツに含まれている不飽和脂肪酸というものが関係しています。

 

この不飽和脂肪酸はなんと、オートファジーを活性化させるということが分かっているのです!

 

ナッツには良質な脂肪が含まれており低糖質

 

ナッツには、不飽和脂肪酸という良質な脂肪が含まれているということが分かりました。

しかし、ナッツの凄いところはそれだけではありません。

 

ナッツは糖質制限ダイエットのおやつにも最適といわれるほど、低糖質なのです。

特に、松の実は1.2gとかなり低いのでおすすめできます!

 

ナッツは栄養素が豊富

 

ナッツは栄養素がかなり豊富で、ダイエット以外にも生活習慣病の予防など幅広く活用される食品です。

天然のサプリメントと呼ばれることもあり、さまざまな健康効果が期待できます。

 

美肌や老化防止、整腸作用にも効果があると言われているのです。

しかし、ナッツの種類によって栄養素が大きく違ってくることもあるので、注意して選ぶようにしましょう!

 

ナッツは高カロリーなので200kcalを目安に食べる

 

ナッツは低糖質ではありますが、カロリーは決して低くありません。

これは、ナッツに含まれる脂質が多いからで、食べ過ぎることで肥満の原因となってしまうため注意が必要です。

 

1日に食べる量は多くても200kcalまでにしておいた方がよいでしょう。

また、食物繊維が豊富すぎることから便秘の悪化などの危険性もあるので、食べ過ぎには注意してください!

 

16時間断食のオートファジーでナッツ以外に食べていいものは?

16時間断食のオートファジーでナッツはなぜOK?効果は?ナッツ以外は?

 

16時間断食のオートファジーを乗り切るには、ナッツを食べるとよいということが分かりました。

しかし、ナッツが苦手だという人や、ナッツばかりでは飽きてしまって続かないという人もいるでしょう。

 

そんな人のために、ナッツ以外でも食べていいものを調べてみました。

16時間断食のオートファジーを試す際に、ぜひ参考にしてみてください!

 

プレーンヨーグルトとチーズはOK

 

プレーンヨーグルトとチーズも、ナッツと同じく16時間断食中でも食べてよい食べ物とされています。

このとき、ヨーグルトは必ずプレーンを選ぶようにしましょう。

 

糖分は断食の妨げとなってしまいますので、注意してください。

チーズも、カッテージチーズやモッツアレラチーズなどの糖質や脂質、カロリーなどが低いものを選ぶようにするとよいです!

 

ドレッシングに注意すれば生野菜もOK

 

生野菜も16時間断食中に食べてよいといわれています。

食べても血糖値が上がらないため、断食中に食べても問題がないとされているんですね。

 

しかし、生野菜を食べるときはドレッシングに注意するようにしましょう。

カットしたきゅうりなどが歯ごたえもあって、人気が高いです!

 

水やお茶、カロリーのない水分もOK

 

16時間断食中の飲み物ですが、カロリーのないものを選ぶようにしましょう。

水や、お茶がおすすめです。

 

野菜ジュースを飲む人もいますが、野菜ジュースは以外とカロリーが高いのでおすすめできません!

 

まとめ

16時間断食のオートファジーでナッツはなぜOK?効果は?ナッツ以外は?

 

今回は16時間断食のオートファジーでナッツはなぜOKなのか、調べていきました。

ナッツは不飽和脂肪酸が含まれているおかげで、オートファジーを活性化させてくれるんですね。

 

今回の記事で、重要だった点をまとめていきます。

 

  • オートファジーはタンパク質を分解しリサイクルすることで体を綺麗にする
  • オートファジーとナッツは相性がよい
  • 16時間断食のオートファジーはヨーグルトとチーズもおすすめ

 

ナッツだけでなく、ヨーグルトとチーズも活用して飽きないようにするのが断食時間を上手く乗り切るコツです。

また、睡眠時間も断食時間の中に入れてしまうのをおすすめします。

 

オートファジーを上手く活用し、16時間断食を乗り切ることで、綺麗で健康的な体づくりを目指してみてはいかがでしょうか!

 

さらに、腸を整えて体の内側から美しくなりたい方へ。

腸内環境が悪いと、どれだけいい食事をしても栄養が吸収されず、便秘や肌の悪化に繋がってしまいます。

 

一方、腸内環境が整うと、栄養の吸収はもちろん、便秘改善、ダイエット、美容にも大きな効果があるんです。

そのためには、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けることがとても大切になります。

 

そこで今、期間限定で『ビフィズス菌+ユーグレナスティック』を500円で手に入れることができます。

@コスメでも「5.5」と高評価で注文も殺到しているので、在庫切れになる前にチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

【今だけ期間限定500円】ビフィズス菌+ユーグレナスティック公式サイトはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。