甘いものが食べたい時は代わりに何食べる?コンビニで買える食品を紹介!

甘いものが食べたい時は代わりに何食べる?コンビニで買える食品を紹介!

 

食事制限やダイエットをしている時、どうしても甘いものを食べたくなる時ってありますよね。

 

甘いものを食べたいけど、ダイエットに悪影響になるものはできるだけ食べたくない。

そんな時、甘いものの代わりに何を食べるのがいいのでしょうか?

 

そこで今回は、甘いものが食べたい時は代わりに何を食べたらいいのか、詳しくご紹介していきます。

 

  • 甘いものが食べたい時に何を食べたらいい?
  • 甘いものが食べたくなってしまうのはなぜ?
  • 甘いものが食べたくなった時、我慢する小ワザ3選

 

このように、甘いものが食べたくなった時の対処法をわかりやすく取り上げていきます。

ダイエットのための小ワザも詳しくご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

 

甘いものが食べたい時は代わりに何食べる?コンビニで買える食品は?

甘いものが食べたい時は代わりに何食べる?コンビニで買える食品を紹介!

 

甘いものが無性に食べたい!

コンビニに入ると目に入る美味しそうなコンビニスイーツ・・・。

 

カロリーを気にされている方は、ここで食べたい衝動をグッと堪えないといけないのが辛いですよね。

では、代わりに何を買えば良いのでしょうか。

 

コンビニで買える食品から、3つご紹介していきます!

 

甘いものの代わり1:バナナ

 

バナナは果物の自然な甘さを感じることが出来ます。

更にバナナは栄養満点で、ダイエットにもよく用いられる食品なんです。

 

①ビタミンB群が豊富

バナナにはビタミンB群が豊富。

ビタミンBは、基礎代謝を上げる効果のある栄養素なんです。

 

ビタミンB1・・・糖質の分解を助ける
ビタミンB2・・・脂肪の分解を助ける
ビタミンB6・・・タンパク質の分解を助ける

 

②カリウムが豊富

バナナにはむくみ解消に効果的なカリウムが豊富。

体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスをキープし、無駄なナトリウムを排出を促すため、むくみ解消に繋がります。

 

③低GI値

バナナのGI値は47。

55までが低GI値と言われているので、バナナは低GI値の食品なんです。

 

つまり、血糖値が上がりにくいため、太りにくいと言うこと。

以上の栄養素から、バナナは甘いものの代わりにピッタリな食品と言えることが出来ますね。

 

甘いものの代わり2:ヨーグルト

 

ヨーグルトがオススメな理由は、以下の栄養にあります。

 

①タンパク質が摂れる

甘いものを欲する時はタンパク質が不足している証拠。

ヨーグルトにはタンパク質が含まれているので、簡単に不足栄養素を補えるんです。

 

②乳酸菌が豊富

ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれています。

乳酸菌は、腸内の環境を整え、お通じをよくするため、老廃物の排出が促され、ダイエットにも繋がるんです。

 

また、ヨーグルトは無糖が一番オススメ。

甘さが欲しい時には、オリゴ糖をプラスするのも良いでしょう。

 

オリゴ糖は糖として吸収されにくいからです。

また、バナナと一緒に食べるとバナナの食物繊維とヨーグルトの乳酸菌の相乗効果が働き、腸内環境を整えるのに最強な組み合わせとなります!

 

甘いものの代わり3:わかめスープ

 

3つ目はわかめスープ。

「甘くないのに、満たせるの?」と思う方もいることでしょう。

 

実は甘いもの、特にチョコレートが食べたいと思う時には、マグネシウムが不足しているサインなんです。

よって、マグネシウムが豊富に含まれているわかめを食べるのがオススメ。

 

①マグネシウムが豊富

人はマグネシウムが不足すると、ストレスを感じ、ストレスが暴飲暴食に繋がる恐れも・・・。

マグネシウムには、気持ちを安定させる効果があるため、別名「天然の精神安定剤」と言われています。

 

わかめには、そのマグネシウムが豊富なんです。

 

②食物繊維が豊富

わかめには食物繊維の中でも特に水溶性食物繊維が豊富。

食物繊維は腸内環境を整えるのに役立つ栄養素ですが、わかめのヌルヌル感は、腸内でコレステロールと絡まり、便として排出します。

 

つまりコレステロールを下げる効果もあるんです!

低カロリーで水分を含むと増えるわかめ。

 

チョコレートが食べたい!と感じた時にはピッタリのダイエット食です。

 

甘いものが食べたい時は足りない栄養素アリ?何らかの不足を疑おう

甘いものが食べたい時は代わりに何食べる?コンビニで買える食品を紹介!

 

甘いものが食べたい時は、何らかの栄養素が不足している証拠。

ここからは、「無性に何か食べたくなる」現象について、詳しくお伝えしていきます。

 

空腹はカラダにとって危険な状態

 

空腹は、カラダにとって危険な状態。

何故ならば、空腹はエネルギーが切れた証拠だから。

 

エネルギーが切れたままエネルギーを補給せずにいると、健康面に悪影響を及ぼすのできちんと食事を摂りましょう。

ですが、空腹でもないのに何か食べたくなることがあります。

 

その現象を「クレービング現象」と言います。

 

「無性に食べたくなる」クレービング現象とは?

 

お腹は空いていないのに「今、無性にアレが食べたい!」と思ったことはありませんか?

この現象を「クレービング現象」と言います。

 

「クレービング」とは英語で“craving”。

「渇望」と言う意味の単語から来ています。

 

この現象は、ストレスを感じた時に起きやすいとされており、食べることでストレスを解消しようとしている反応なんです。

食べたいと感じるものによって、体に足りない栄養素は異なります。

 

今回はこのクレービング現象の中でも特に「甘いものが無性に食べたくなる」現象について詳しく解説していきます。

 

脳が効率よくエネルギーに変わる糖質を求める

 

甘いものが無性に食べたい!

体内ではエネルギーを欲している状態なんです。

 

では何故エネルギーを欲している時に甘いものが食べたくなるのかと言うと、甘いものは糖質が多く含まれているから。

糖質を摂ることで効率よくエネルギーに変換しようとしているからなんです。

 

よく「疲れた時は甘いものを」と言われるのにも、きちんと理由があるからなんですね。

ですが、糖質が高いものは血糖値を急激に上げてしまいます。

 

余ったエネルギーが脂肪に変わりやすくなってしまうので、タンパク質がオススメ。

タンパク質もエネルギー源になります。

 

更に満腹感を高めたり、血糖値の急激な上昇を抑える効果もあるんです。

 

甘いものが食べたい時の対処法!ダイエット成功のための小ワザを紹介

甘いものが食べたい時は代わりに何食べる?コンビニで買える食品を紹介!

 

甘いものを食べたい時、どうすればその欲求に耐えることが出来るのでしょうか。

ここからは、ダイエット中の方にオススメ!ダイエット成功のための小ワザを3つご紹介いたします。

 

小ワザ1:水を飲んで気を紛らわせる

 

一番簡単な方法は、水を飲んで気を紛らわせること。

体が水分不足の場合にも、「何か食べたい」と思うことがあります。

 

水を飲むことで、衝動が落ち着く可能性も。

また炭酸水なら、お腹も膨れ、水より満腹感が得られます。

 

小ワザ2:歯磨きをして食べたい気持ちを抑える

 

「何か食べたい!」そう思った瞬間、歯を磨いてみてください。

歯磨き粉のミントの香りは、食欲を抑制する働きがあります。

 

また、心理的には「歯を汚したくない」「また歯磨きするのが面倒だ」など考えるので、自然と食欲が無くなるんです。

 

小ワザ3:好きなことに集中して空腹を忘れる

 

好きなことに集中して空腹を忘れることも、気を紛らわせるのにオススメな小ワザ。

何かに集中することで、空腹が気にならなくなります。

 

何かに熱中するとアドレナリンが分泌され、交感神経が優位になることで空腹を感じにくくなるためです。

 

まとめ

甘いものが食べたい時は代わりに何食べる?コンビニで買える食品を紹介!

 

甘いものが食べたい時に、我慢する対処法をご紹介しました。

 

まとめると、

・甘いものが食べたい時の代用品
①バナナ・・・ビタミンB群、カリウムが豊富に加え、低GI値食品。
②ヨーグルト・・・タンパク質が摂れるため、甘いものが食べたい時に不足している栄養素を補える。
③わかめスープ・・・ストレス緩和に役立つマグネシウムが豊富。

・甘いものを食べたいと思う理由
クレービング現象のため。甘いものを食べたい時はタンパク質、特にチョコレートが食べたい時はマグネシウムが不足している証拠。

・甘いものが食べたくなった時、我慢する小ワザ3選
①水を飲んで気を紛らわせる
②歯磨きをして食べたい気持ちを抑える
③好きなことに集中して空腹を忘れる

 

食欲をコントロール出来れば、ダイエットにも大きく繋がります。

是非一度試してみてくださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。