大根おろしは体に悪い?下痢になる?大根おろし食べ続けた結果をご紹介!

大根おろしは下痢になるから体に悪い?効果や健康的な食べ方を解説!

 

「大根おろしは下痢になるから体に悪いって本当なのかな?効果や健康的な食べ方ってある?」

 

焼き魚にのせたり、お鍋に入れたりして食べると美味しい大根おろしは、体にいいと言われていますよね。

しかし、実は大根おろしは下痢になるから体に悪いという噂もあります。

 

  • 大根おろしの食べ過ぎによる体への悪影響
  • 大根おろしにはダイエット効果などはあるのか
  • 健康的な大根おろしの食べ方

 

大根おろしは下痢になるから体に悪いのは本当なのかなど、いろいろと気になることがあるのではないでしょうか。

今回は大根おろしについて調べたことを分かりやすくご紹介していきます!

 

生の大根おろしはピリッとした辛みがおいしく、お鍋などに入れて火を通した大根おろしは甘みが出るのが特徴です。

好きな人も多いので、大根おろしは下痢になるからと聞くと心配になるでしょう。

 

和食に欠かせない大根おろしを健康的に上手に食べたい方は、ぜひ最後まで読んでチェックしてみてください!

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

大根おろしの食べ過ぎは下痢になる?食べ過ぎはどのくらいが体に悪い?

大根おろしの食べ過ぎは下痢になる?食べ過ぎはどのくらいが体に悪い?

 

大根おろしについて調べると、大根おろしを食べ過ぎると下痢や胃痛になってしまう恐れがあるとわかりました。

下痢や胃痛の原因になるのは、大根おろしに含まれるジアスターゼが作用しているためです。

 

まずはジアスターゼについて確認していきましょう。

 

大根おろしが体に悪い理由は?食べ過ぎで下痢や胃痛に?どのくらいが食べ過ぎ?

 

大根おろしは基本的に生の大根をすりおろしてそのまま食べることが多いですね。

実は生の大根には「ジアスターゼ」という食べ物の消化をサポートする分解酵素が含まれているのです。

 

ジアスターゼは炭水化物の消化を助ける働きがあります。

少量であれば胃もたれや胸やけなどの不快な症状をやわらげる効果があるのです。

 

ところがジアスターゼを大量に摂取すると胃酸が大量に分泌されてしまいます。

そのため、胃痛などの原因になってしまうことも少なくありません。

 

ジアスターゼは、胃腸薬などにも入っているのでお腹にいいという印象ですが意外ですね。

また大根には食物繊維が豊富に含まれているため便秘予防になると言われています。

 

ところが、食物繊維を摂取しすぎるとお腹が緩くなって下痢になってしまう恐れがあるのです。

大根はすりおろして水分を絞るとカサが減ってつい食べ過ぎてしまいそうになりますよね。

 

胃痛や下痢にならないようにするためには片手で収まりそうな量にしておいた方が良いでしょう。

生の大根なら8センチほどで、重さにすると300gぐらいが目安になります。

 

すりおろして水分を絞ると、重さは半分以下になりますので意外と少なく見えるかもしれません。

もともと胃腸が丈夫でない方は、さらに少ない量で様子を見ながら自分に合った量を調整してみてください。

 

大根おろしの食べ過ぎで下痢になった時の対処法は?整腸剤がいい?

 

美味しくて、ついつい大根おろしを食べ過ぎて下痢になってしまった時は、整腸剤はかなり効果的です。

一度腸内がすっきりすれば苦しい下痢の症状も早く治まりますよ。

 

逆に下痢止めなどで無理に止めるのはやめましょう。

いつまでもお腹に残って不快な症状が続いてしまうことがあるため注意が必要です。

 

外出時や来客時など、どうしても下痢を止めたい時以外は下痢止めの服用は控えた方が良いかもしれません。

下痢だけでなく胃痛もひどい場合は牛乳や豆乳を飲むのも効果的です。

 

牛乳や豆乳などタンパク質が豊富な飲み物は胃の粘膜を保護してくれる働きがあります。

そのため、キリキリと刺すような痛みが少しやわらぎます。

 

また大根おろしを食べる時はなるべく空腹時を避け、先に軽く何か食べておくのもおすすめです。

消化する食べ物が胃にあれば、胃酸過多で胃痛になってしまうのを防ぐことができます。

 

大根おろしのダイエット効果は?代謝が上がって脂肪燃焼効果もある?

 

生の大根おろしはデメリットだけでなくメリットもありますよ。

特に注目したいのが大根をすりおろした時に細胞が壊れることでできる「イソチオシアネート」という成分の効果です。

 

イソチオシアネートは大根おろしの辛みの成分でもあります。

このイソチオシアネートが体にさまざまな良い効果を発揮するのです。

 

  1. 脂肪を燃焼させる
  2. 風邪を予防する
  3. がんを予防する
  4. 血液をサラサラにして血栓ができるのを予防する
  5. 抗酸化作用で体の老化を防ぐ

 

生の大根おろしにはこれだけの素晴らしい効果ができます。

脂肪を燃焼させるほかに、健康にも大きく貢献してくれるのです。

 

ダイエット中や美容を意識している時だけでなく、普段から大根おろしを食べると良いと言われる理由がよく分かりますね。

ちなみにアブラナ科の野菜であるキャベツや白菜、わさび、カラシなどにもイソチオシアネートは含まれています。

 

しかし、たっぷりイソチオシアネートを取るなら大根おろしがおすすめです。

イソチオシアネートは大根の細くなっている根っこの部分に特に多く含まれています。

 

一般的に、大根おろしは葉に近い方が向いていると言われますよね。

イソチオシアネートの効果を得るなら根っこ部分をおろすといいでしょう。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

「大根おろしが体に悪い」は嘘!大根おろし食べ続けた結果をご紹介!

「大根おろしが体に悪い」は嘘!大根おろし食べ続けた結果をご紹介!

 

大根おろしが体に悪いのは食べ過ぎた場合です。

「大根おろしが体に悪い」は嘘ともいえるでしょう。

 

大根おろしは、食べる量が適量であれば体に良いメリットはたくさんあります。

ここからは健康的な大根おろしの食べ方を確認していきましょう。

 

健康的な大根おろしの食べ方は?魚に添えるくらいの量が丁度いい?

 

大根おろしの1日の摂取目安量は生の大根に換算して約8センチほどで300gぐらいが目安になります。

固形の状態で300gの大根は、大根おろしにして水分を絞るとかなりカサが減りますね。

 

焼き魚の横に小さく丸めて添えるくらいの量か、もう少しだけ多いぐらいの量を目安に考えると良いでしょう。

ダイエット効果を期待して小鉢に山盛り食べるなどは食べ過ぎです。

 

たくさん摂れば健康や美容にいいわけではありません。

下痢になって一時的に体重が落ちても健康的とは言えませんので注意してくださいね。

 

ちなみに、蕎麦に大根おろしをプラスして食べると、さっぱりしていて美味しいですよね。

もっと言うと、蕎麦に含まれているルチンは、大根おろしと一緒に摂ることでより効果を発揮すると言われています。

 

ルチンは脂肪を分解してくれる効果があるので、お蕎麦を使ったダイエットもオススメです。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

毎日蕎麦を食べると太る?痩せた?そばを食べ続けた結果をご紹介!

 

胃を刺激しない食べ方は?空腹状態で大根おろしを食べるのは危険?

 

さきほども少しご紹介しましたが、大根おろしにはジアスターゼという消化酵素が含まれています。

ジアスターゼは消化を助ける酵素ですが、取り過ぎは下痢以外に胃痛を引き起こす恐れがあるのです。

 

ジアスターゼは、胃の中が空っぽの状態でも食べ物が入っているときと同じように働いてしまいます。

そのため、胃酸が過剰に分泌されるため、胃壁を傷めてしまうのが胃痛の原因です。

 

個人差はありますが、胃酸が出過ぎてしまうと症状は胃痛だけではない場合もあります。

胸やけでムカムカする、胃もたれで気持ち悪い、胃酸の逆流で喉を傷めるなどのさまざまな症状が出る場合もあるのです。

 

胃痛を防ぐためには、大根おろしを食べる前にお腹に何かを入れておくのが効果的です。

食事をする時なら先に他のおかずを食べておくか、食事前なら牛乳や豆乳を少し飲んでおくのをおすすめします。

 

胃壁の粘膜を保護してくれるため安心ですよ。

空腹状態で、大根おろしから先に食べるのはやめておくほうがいいでしょう。

 

辛い大根おろしは体に悪い?加熱しなくていい?気になる疑問を解決!

大根おろしは下痢になるから体に悪い?効果や健康的な食べ方を解説!

 

大根おろしは、特有の辛みが美味しさのポイントです。

しかし「舌が痺れるほど辛い大根おろしはもしかして体に悪いの?」と疑問に感じた人もいるかもしれませんね。

 

最初にご紹介したように、大根はすりおろすことで細胞が壊れてイソチオシアネートという成分が生成されます。

大根おろしのあの独特な辛さはイソチオシアネートの成分によるものです。

 

イソチオシアネートの量は、大根の部位によって異なります。

辛味が強い大根おろしには、体に良い効果をもたらしてくれるイソチオシアネートがたくさん含まれているのです。

 

そのため、大根おろしが辛いからと言って体に悪い影響はありません。

辛いのが苦手な人は、大根おろしの辛みを抑えるために加熱するのも良いでしょう。

 

ただ、イソチオシアネートは加熱すると効果が薄れてしまうので注意してください。

またイソチオシアネートは揮発成分です。

 

大根をすりおろしてから長く放置していると揮発してしまいます。

そのため、期待しているような効果を得ることができなくなってしまうかもしれません。

 

おろしたらすぐに食べるようにしてくださいね。

大根おろしを食べる時は、次の4つのポイントを意識して食べると効果的ですよ。

 

  • 大量に食べない
  • 空腹の時に食べない
  • なるべく加熱しない
  • すりおろしてからすぐに食べる

 

この4つのポイントを抑えておくと下痢や胃痛などに悩まされずに、最も効果的に大根おろしの栄養を摂取できます。

辛い大根おろしが好きな人は安心して適量を楽しんでくださいね。

 

まとめ

大根おろしは体に悪い?下痢になる?大根おろし食べ続けた結果をご紹介!

 

今回は大根おろしを食べることで期待できる効果や、食べ過ぎた場合の体への影響などについて解説しました。

大根おろしが体に負担を与えてしまうのは、空腹時に大量に食べ過ぎた場合だけだということが分かりましたね。

 

今回解説したポイントをまとめると次のようになります。

 

  • 大根おろしには「ジアスターゼ」という消化酵素が含まれている
  • 空腹時に大量に食べるとジアスターゼの影響で胃痛になることがある
  • 大根おろしの食物繊維は取りすぎると下痢になることもある
  • 「イソチオシアネート」に脂肪燃焼効果があり風邪予防にも効果的

 

大根おろしにはダイエット中の女性にとって嬉しい脂肪燃焼効果があり、さらに風邪予防やガン予防も期待できます。

 

たくさん食べても太る心配はありませんが、体に負担をかけないように食べ過ぎには十分注意してくださいね!

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。