アウトレットで買ってはいけないブランドは?見分け方を徹底解説!

アウトレットで買ってはいけないブランドは?見分け方を徹底解説!

 

「アウトレットで買ってはいけないブランドってあるのかな? 見分け方も知りたい」

 

ブランド品がお得に買えるとあって大人気の「アウトレット」。

ですが、実はアウトレットで買ってはいけないブランド・ブランド品もあるといわれているんです。

 

  • アウトレットで買ってはいけないブランドは?
  • アウトレットで買ってはいけないブランドの特徴や見分け方は?
  • アウトレットで買ってはいけないブランドがある理由は?

など、アウトレットをお得に使いこなすために知りたいことも多いはず。

 

そういうわけで今回は、『アウトレットで買ってはいけないブランド』を紹介しつつ、その特徴や見分け方を解説します。

アウトレットで買ってはいけないブランドがある理由も紹介します。

 

アウトレットで買ってはいけないブランドは?特徴や見分け方とは?

アウトレットで買ってはいけないブランドは?見分け方を徹底解説!

 

ブランド品が安く買えるとあって、アウトレットによく買い物をしにいくという人も多いでしょう。

ですが、実際はお得でなく、買ってはいけないといわれているブランドもあるんです。

 

というわけでここでは、アウトレットで買ってはいけないブランド、そしてその特徴や見分け方について説明します。

 

アウトレットで買ってはいけないブランド①:グッチ

 

『グッチ(GUCCI)』はアウトレットで買ってはいけない代表的なブランドといえるでしょう。

なぜなら、『グッチ』はアウトレット専用の商品を作っているから。

 

『グッチ』は財布やバッグなどが人気のファッションブランドで、主に高級な革製品を販売しています。

なので、新品を買おうとすると予算が足りず、アウトレットで購入する人も多いはず。

 

ですが、『グッチ』がアウトレットに出している製品には、アウトレット専用の低価格品も多く含まれます。

なので、安く買えたと思っても、もともと低価格だっただけである可能性があるんですね。

 

したがって、通常販売されている製品をお得に購入したいという人は要注意です。

グッチであれば何でもいいなら気にしなくて大丈夫ですが、こだわりがある人はアウトレット以外の直営店で購入するのが無難でしょう。

 

アウトレットで買ってはいけないブランド②:BEAMS

 

『BEAMS』もアウトレット専売品を取り扱っているため、買ってはいけないブランドの一つです。

『BEAMS』には、『BEAMS HEART』と呼ばれるアウトレット専売品があります。

 

なので、値段だけ見て購入すると、『BEAMS』の通常品でなく『BEAMS HEART』を買ってしまう可能性が高いです。

アウトレット専売品は価格を抑えるため、品質を落として作る傾向があります。

 

なので、さすがに通常販売されているものと比べると、素材・仕上がりやデザイン性などは見劣りしてしまうでしょう。

たまたま入店して気に入ったから購入するというケースなら問題ありません。

 

ですが、『BEAMS』を買おうと思ってアウトレットに行くと誤って専売品を購入してしまうことがあるので、注意が必要です。

ただ、タグを見ればどちらのラインナップか簡単に確認できます。

 

どうしてもアウトレットで買いたいけど心配だという人は、タグでブランド名を見ておきましょう。

 

アウトレットで買ってはいけないブランド③:REGAL

 

『REGAL』はアウトレットで買ってはいけないブランドです。

『REGAL』にはアウトレット専売品のラインナップ『REGAL worth collection』が存在しています。

 

なので、値段だけを見ていると専売品を買ってしまう可能性があるでしょう。

また、『REGAL worth collection』と通常の『REAGAL』製品では、製造している場所が異なります。

 

『REGAL worth collection』の多くは中国製であり、日本製でないことも。

したがって、ブランド重視の人だけでなく品質にこだわりを持っている人も、アウトレットで買うのはやめたほうがいいでしょう。

 

アウトレットで買ってはいけないブランドの特徴や理由は?

アウトレットで買ってはいけないブランドは?見分け方を徹底解説!

 

アウトレットで買ってはいけないブランドの特徴①:定価がやたら高い

 

アウトレットで買ってはいけないブランドの特徴として挙げられるのは、定価がやたら高いという点です。

アウトレットで売られているブランドの中には、定価が高いものがあります。

 

なぜなら、定価をできるだけ高く設定しておけば、同じ値段で売る場合の割引率を大きく見せられてお得感がアップするから。

たとえば同じ値段でも、10%OFFのものより90%OFFのものを買いたくなりますよね。

 

また、定価を高くして割引率を上げれば、買い物客は高額であっても安いと錯覚します。

定価が高すぎるブランドの商品は割引内容だけを見て飛びつかず、慎重に購入するのがおすすめです。

 

アウトレットで買ってはいけないブランドの特徴②:質が悪い

 

販売価格が高いのに質が悪いという点も、アウトレットで買ってはいけないブランドの特徴です。

ブランド品は販売価格が高い製品が多いですが、原価が安いことも。

 

つまり、もとになる素材に加工やデザインを施すことによって、ブランド料を原価に上乗せしているんですね。

そのため、上乗せ分を高くするほど、ブランド側に入る利益は増します。

 

このように、価格に見合わない低品質品を売っているなら、高額なブランド料を取って儲けようとしている可能性が高いです。

購入するときはタグや外観で品質を確認し、割高感があるものは避けるようにしましょう。

 

アウトレットで買ってはいけないブランドの特徴③:専用商品・専売品

 

アウトレットで買ってはいけないブランドの特徴としては、専用商品・専売品がある点が挙げられます。

専用商品・専売品とは、ブランドがアウトレットのために作っている製品のことです。

 

低価格で購入できるため人気がありますが、アウトレット用に製作するために原価を下げ、品質が落ちていることも。

なので品質にこだわる人は、誤って専用商品・専売品を購入しないように注意しましょう。

 

また、デザインも通常の製品と異なっている可能性があるので、デザインにこだわりがある人にもおすすめしません。

 

なぜアウトレットで買ってはいけないブランドがある?型おちだから

 

アウトレットで買ってはいけないブランドがあるのは、「型おち」にあたる製品を扱う店が多いからといわれています。

「型おち」とは、ワンシーズン前に発売された製品のこと。

 

一般的にファッションアイテムや家電などは新商品が次々と販売され、流行りがどんどん変わっていきます。

つまり、型おち製品を店頭に置いていてもなかなか買ってもらえないんですね。

 

このような事態を打破するため、ブランドは型おち製品をアウトレットで安く売り、何とか買ってもらおうとしているんです。

なので、割引されているのは、ブームが過ぎたり売れなかったりする製品が多いはず。

 

ブランドによっては割引表示等を駆使し、売れ残った製品をさもお買い得かのように演出して売っているところも。

値段だけ見て購入するとこうした製品を買ってしまうので、十分気をつけてくださいね。

 

アウトレットで買ってはいけないブランドを買うメリットは?安い!

 

アウトレットで買ってはいけないブランド品を買う場合、デメリットだけでなくもちろんメリットもあります。

アウトレットの最大の魅力は、ブランド品の販売価格が安いことでしょう。

 

ブランド品は非常に高価なものが多いので、相当裕福な人を除き、常に新品や新商品を購入するのが難しいです。

ですが、アウトレットならブランド品が大幅に割引されています。

 

なので、普段買えないような高級品も、無理のない範囲で手に入れられる可能性があるんですね。

とにかく特定のブランドの製品を手に入れたい人には、アウトレットがぴったりです。

 

アウトレットで買ってはいけない専用商品・専売品の見分け方は?

アウトレットで買ってはいけないブランドは?見分け方を徹底解説!

 

買ってはいけない専売品の見分け方①:ブランド表記に違いがある

 

買ってはいけない専用商品・専売品を見分けるには、ブランド表記を確かめるのが手っ取り早いでしょう。

なぜなら、専用商品・専売品は通常製品とブランド表記に違いがあることが多いから。

 

たとえば今回紹介した『BEAMS』は、アウトレット専用商品・専売品を取り扱っている代表的なブランドです。

『BEAMS』の場合、専用商品・専売品のブランド名は『BEAMS HEART』。

 

なので、商品タグをはじめブランド表記が『BEAMS HEART』であるか確かめれば、簡単に専用商品・専売品を見分けられるんですね。

アウトレットまで行って、気づかず専用商品・専売品を購入していたら悲しいですよね。

 

専用商品・専売品のブランド名が通常ブランドと異なっているなら、購入前にブランド表記をしっかり確認してみてください。

 

買ってはいけない専売品の見分け方②:値段表記が1つ

 

買ってはいけない専用商品・専売品の見分け方としては、値段表記が1つかどうか確認するのも有効です。

アウトレットで売られているお買い得品は、基本的に値段が2つ以上あります。

 

なぜなら、通常製品であれば本来の販売価格に加えて、割引後の価格が書かれているはずだからです。

一方、専用商品・専売品はアウトレットで売る前提で作られています。

 

すなわち、専用商品・専売品では定価がそもそも安いので、割引をせずに販売するんですね。

なので、専用商品・専売品の値段表記は1つです。

 

このように、通常製品と専用商品・専売品を見分けるには、値段表記がいくつあるかを確認すると良いでしょう。

割引されていないものは専用商品・専売品の可能性があるので、避けるのが無難です。

 

買ってはいけない専売品の見分け方③:加工されている

 

加工されているかどうかを確認するのも、買ってはいけない専用商品・専売品の見分け方として効果的です。

アウトレット専用商品・専売品は、価格を抑えるためにさまざまな工夫をしています。

 

そして、原価が安い製品の外観・質感を高級品に近づける工夫としては、素材を加工する方法が一般的です。

本革を再現するために人工的に作った合皮を利用するのはその代表例でしょう。

 

似たような製品の相場や同じブランドの通常品と比べて明らかに安すぎる場合、アウトレット専用商品・専売品の可能性があります。

とはいえ、素人が加工の有無を外観や触感で見破るのは限界があるでしょう。

 

怪しい製品についてはタグを見て、合皮を含む加工品が使われているか確認しておくと、専用商品・専売品を選ぶリスクが減ります。

 

アウトレット専用商品がないブランドは?買うべきブランドは?

アウトレットで買ってはいけないブランドは?見分け方を徹底解説!

 

アウトレット専用商品を取り扱っているブランドは多いです。

ですが、逆に専用商品を一切持たず、アウトレットで通常製品のみを販売しているブランドもあります。

 

こうしたブランドなら通常製品を安く買える可能性が高く、買うべきといえるでしょう。

というわけでここからは、アウトレット専用商品が存在しない、本当に買うべきブランドを紹介します。

 

アウトレットで買うべきブランド:TOMORROW LAND

 

アウトレットでぜひとも買うべきブランドとしては、『TOMORROW LAND』が代表例です。

『TOMORROW LAND』は主に洋服を扱っているブランド。

 

ニット系の洋服がとくに人気で、専売品のラインナップがなく、アウトレットで購入しても品質が非常に良いと好評です。

誤ってアウトレット専用商品・専売品を買うリスクがないのは嬉しいですね。

 

 『TOMORROW LAND』の製品を狙っているという人は、アウトレットで掘り出し物を探してみてはいかがでしょうか。

 

アウトレットで買うべきブランド:ストラスブルゴ

 

アウトレットで買うべきブランドとして2つ目に紹介するのは、リデアが運営するブランド『ストラスブルゴ』です。

『ストラスブルゴ』はオリジナルブランドも多く販売しているセレクトショップ。

 

イタリアブランドを主軸としてさまざまな国のブランド品を扱っており、人気を集めています。

『ストラスブルゴ』もアウトレット専用商品・専売品を持たないブランドです。

 

なので、アウトレットに売られているのは、ほかのショップで販売されている製品と同じ正規品である可能性が高いでしょう。

定価よりお得な製品を見つけやすいので、アウトレットで買うべきブランドといえます。

 

アウトレットで買うべきブランドの理由は?正規品だから

 

『TOMORROW LAND』『ストラスブルゴ』がアウトレットで買うべきブランドの理由は、売っているのが正規品だからです。

アウトレットでは価格を抑えるために品質を落とした専用商品を売るブランドも多いです。

 

なので、こうした製品を持っているブランドで買い物をすると、正規品でなく専用商品・専売品を買ってしまう場合があるんですね。

ですが、『TOMORROW LAND』『ストラスブルゴ』は専用商品がないブランドです。

 

こうしたブランドで製品を購入すれば、専用商品・専売品を誤って選んでしまうことがなくなり、確実に正規品を手に入れられます。

お得に正規品を入手するなら、専売品を持たないブランドで買うべきなんですね。

 

まとめ

アウトレットで買ってはいけないブランドは?見分け方を徹底解説!

 

今回は、アウトレットで買ってはいけないブランド、そしてその特徴や見分け方を解説しました。

ブランド品が低価格で購入できるアウトレットは一見メリットしかないように見えます。

 

ですが、通常より品質を落としたアウトレット専用商品・専売品を売るブランドもあるので、正規品でないものを購入するリスクも。

つまりお得になっているのではなく、もとから安い製品を買っている場合があるんですね。

 

今回はアウトレットで買ってはいけないブランド・ブランド品について、特徴や見分け方を紹介しました。

こちらを参考にして、アウトレットでお得にブランド品を手に入れてみてくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です