飲んではいけないミネラルウォーターの特徴や買ってはいけない人は?

飲んではいけないミネラルウォーターの特徴や買ってはいけない人は?

 

健康を意識して、ミネラルウォーターを飲んでいる方も多いですよね。

ですがミネラルウォーターの成分に関して、特に気にしない方が多いのではないでしょうか。

実はミネラルウォーターの成分から、飲んではいけないミネラルウォーターの特徴が分かってきます。

そこで今回は、飲んではいけないミネラルウォーターの特徴や買ってはいけない人について詳しくご紹介していきます。

  • 飲んではいけないミネラルウォーターの特徴は何?
  • ミネラルウォーターを飲んではいけない人は?
  • 安全で、飲んでも大丈夫なミネラルウォーターは何だろう?

このように、ミネラルウォーターを安全に飲むための特徴をお伝えしています。

オススメのミネラルウォーターもご紹介しています。ぜひチェックしてみてください!

 

さらに、腸を整えて体の内側から美しくなりたい方へ。

腸内環境が悪いと、どれだけいい食事をしても栄養が吸収されず、便秘や肌の悪化に繋がってしまいます。

 

一方、腸内環境が整うと、栄養の吸収はもちろん、便秘改善、ダイエット、美容にも大きな効果があるんです。

そのためには、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けることがとても大切になります。

 

そこで今、期間限定で『ビフィズス菌+ユーグレナスティック』を500円で手に入れることができます。

@コスメでも「5.5」と高評価で注文も殺到しているので、在庫切れになる前にチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

【今だけ期間限定500円】ビフィズス菌+ユーグレナスティック公式サイトはこちら

 

飲んではいけないミネラルウォーターの成分や危険性は?選び方は?

飲んではいけないミネラルウォーターの特徴や買ってはいけない人は?

 

ミネラルウォーターは体に良いイメージがありますよね。

ですが成分を確認すると、全てのミネラルウォーターが体に良い、という訳ではないんです!

 

ここからは、ミネラルウォーターの成分や、危険性について詳しくご紹介していきます。

 

ミネラルウォーターは4種類!

 

一口にミネラルウォーターと言っても、様々なミネラルウォーターがあります。

日本での区分は4種類!

 

①ナチュラルウォーター

特定の水源から採水された地下水のこと。

沈殿・濾過・加熱・殺菌以外の処理をしていないもの。

 

②ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターのうち、ミネラルが溶解したもの。

 

③ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターに、複数の水源から採水されたナチュラルミネラルウォーターを混ぜたもの。

 

④ボトルドウォーター

飲料水をボトルに詰めたもの全般を指します。

端的に言えば、水道水もボトルに詰めればボトルドウォーターになります。

 

ミネラルウォーターの成分や危険性は?

 

ミネラルウォーターに限らず、水には、「軟水」と「硬水」の2種類があるのはご存知ですよね。

ですがどのように違うかまでは、詳しく知らない方も多いはず。

 

簡単にお伝えすると、マグネシウムイオンとカルシウムイオンの含有量で、軟水か硬水かに分けられます。

マグネシウムイオンとカルシウムイオンの含有量のことを、「硬度」と言います。

 

WHO(世界保健機関)ではこのように定義。

  • 軟水・・・硬度が60mg/L未満
  • 中程度の硬水・・・60~120mg/L
  • 硬水・・・120~180mg/L
  • 非常な硬水・・・180mg/L以上

 

日本では、一般的に硬度が100mg/L未満の水を軟水、100mg/L以上の水を硬水と分類しています。

 

また、それぞれの特徴としては

・軟水

ミネラルの含有量が少ないため、味にクセが無く飲みやすい。

また体への浸透が早いため、老廃物の排出を促します。

 

・硬水

ミネラルの含有量が多いため味にクセがあり、人によっては苦味を感じる人もいる。

ミネラルは体に良い働きをするので、運動後のミネラル補給や、便秘解消、動脈硬化の予防にもなります。

 

日本の水道水は軟水です。

また軟水は、ミネラルの含有量が少ないこともあり、体への影響はあまりありません。

 

反対に硬水は、ミネラルの含有量が多いため、内臓が弱い方は腎臓に負担が掛かってしまう可能性が・・・。

海外旅行で急に体調を崩してしまった理由が、水が合わなかったからだった、なんてことはありませんでしたか?

 

それは海外では、硬水がよく使われているため。

硬水はミネラルが豊富ではありますが、日本人には刺激が強いため、自身に合う硬水選びが重要になってきます。

 

買ってはいけないミネラルウォーターとは?安全な商品の選び方は?

 

ミネラルウォーターを購入する際に、気を付けるべき3つのポイントをお伝えします。

 

①硬度が高い

日本人は普段から軟水を摂取しているため、硬度の高い硬水は体に負担が掛かる可能性が高いです。

硬水を選ぶ際は、中程度の硬水から選んでみましょう。

 

②㏗値が低い

pH値が低いもの=酸性。

殺菌力は強いですが、飲料水には向いていません。

 

pH値が7以上の、中性またはアルカリ性のミネラルウォーターを選びましょう。

特にネットで販売している海外製のミネラルウォーターを購入する時は、注意が必要です。

 

③ナトリウムが多い

買ってはいけない程ではありませんが、ナトリウムの含有量が多いミネラルウォーターは、雑味があります。

そのため、日本人は慣れていないことが多いです。

 

クセのない味が好みの方は、出来るだけナトリウムの少ないものを選びましょう。

100mlあたり2mg以内が目安です。

 

さらに、腸を整えて体の内側から美しくなりたい方へ。

腸内環境が悪いと、どれだけいい食事をしても栄養が吸収されず、便秘や肌の悪化に繋がってしまいます。

 

一方、腸内環境が整うと、栄養の吸収はもちろん、便秘改善、ダイエット、美容にも大きな効果があるんです。

そのためには、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けることがとても大切になります。

 

そこで今、期間限定で『ビフィズス菌+ユーグレナスティック』を500円で手に入れることができます。

@コスメでも「5.5」と高評価で注文も殺到しているので、在庫切れになる前にチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

【今だけ期間限定500円】ビフィズス菌+ユーグレナスティック公式サイトはこちら

 

ミネラルウォーターを飲んではいけない人の特徴は?赤ちゃんは危険?

飲んではいけないミネラルウォーターの特徴や買ってはいけない人は?

 

硬水と軟水についてお伝えしたところで、ここからはミネラルウォーターを飲んではいけない人の特徴は何なのか、詳しくご紹介していきます。

 

①お腹を下しやすい人や赤ちゃん

 

硬水には、マグネシウムイオンが豊富とお伝えしました。

マグネシウムと言うと、便秘薬によく使われている成分ですよね。

 

その分刺激が強いので、お腹を下しやすい人は注意が必要です。

また、赤ちゃんも硬水より軟水がオススメ。

 

赤ちゃんへの体の負担が大きいためです。

 

②腎臓の病気持ちの人

 

腎臓の病気持ちの方は、ミネラルウォーターに注意が必要。

マグネシウムは、腎臓に負担が掛かってしまうためです。

 

そのため、高マグネシウム血症を生じやすくなってしまいます。

腎臓の病気持ちの方は、かかりつけ医に一度相談してみましょう。

 

③水本来の味を期待している人

 

ミネラルウオーターは、先ほどもお伝えした通り、ナチュラルウォーター(天然水)にミネラルを追加したもの。

そのため、水本来の味とは異なります。

 

水そのものの味を味わいたい方は、ナチュラルウォーターの方が良いでしょう。

ただし、ナチュラルウォーターは塩素処理を行っていません。

 

ペットボトルを開封したあとは早めに飲みきるようにしてください。

ペットボトルは雑菌が繁殖しやすいためです。

 

安全で飲んで大丈夫なミネラルウォーターは?最安値は?効果もある?

飲んではいけないミネラルウォーターの特徴や買ってはいけない人は?

 

ミネラルウォーターの危険性についてお伝えしてきました。

以上のことを意識して選べば、安全なミネラルウォーターを飲むことが出来るでしょう。

 

最後に、オススメのミネラルウォーターをご紹介!

 

・軟水

「日本コカ・コーラ い・ろ・は・す」

北海道、岩手、富山、山梨、鳥取、宮崎の国内6カ所水源から採水されています。

水源によって硬度は変わりますが、どこも100mg/L未満の軟水。

 

年齢問わず飲めるミネラルウォーターです。

 

・中程度の硬水

「キリン アルカリイオンの水」

静岡県御殿場市、もしくは岐阜県岐阜市で採水されています。

硬度は59mg/Lと軟水の範囲内ですが、WHOの基準で言う、中程度の硬水に近い軟水。

 

人によっては苦味を感じると言います。

硬水が気になる方は一度こちらを飲んでみてから、硬度を上げて行くと良いですね。

 

まとめ

飲んではいけないミネラルウォーターの特徴や買ってはいけない人は?

 

ミネラルウォーターを選ぶ上で気を付けるべき点について、ご紹介しました。

 

まとめると、

・飲んではいけないミネラルウォーターの特徴は何?

①硬度が高い
日本の水道水は軟水のため、体に負担が掛かる可能性が高い。中程度の硬水から始めてみる。

②㏗値が低い
飲料水には向いていない。pH値が7以上の、中性またはアルカリ性を選ぶこと。

③ナトリウムが多い
雑味があるため日本人は慣れていない可能性が高い。目安は100mlあたり2mg以内

 

・ミネラルウォーターを飲んではいけない人は?

内臓が弱い人・・・硬水は腎臓に負担が掛かる可能性がある

お腹を下しやすい人や赤ちゃん・・・ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムは、お腹への刺激が強いため

 

・安全で飲んで大丈夫なミネラルウォーターは?

危険性をしっかり理解して選べば、安全なものを選ぶことが出来る。

 

ミネラルウォーターの種類や硬度など、水の世界も奥が深いですね。

自分好みのミネラルウォーターが、見つかりますように!

 

さらに、腸を整えて体の内側から美しくなりたい方へ。

腸内環境が悪いと、どれだけいい食事をしても栄養が吸収されず、便秘や肌の悪化に繋がってしまいます。

 

一方、腸内環境が整うと、栄養の吸収はもちろん、便秘改善、ダイエット、美容にも大きな効果があるんです。

そのためには、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けることがとても大切になります。

 

そこで今、期間限定で『ビフィズス菌+ユーグレナスティック』を500円で手に入れることができます。

@コスメでも「5.5」と高評価で注文も殺到しているので、在庫切れになる前にチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

【今だけ期間限定500円】ビフィズス菌+ユーグレナスティック公式サイトはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。