東京リベンジャーズの漫画の完結は何巻?黒幕や残るメンバーを予想!

東京リベンジャーズの漫画の完結は何巻?黒幕や残るメンバーを予想!

 

「東京リベンジャーズの漫画は何巻で完結する?気になる黒幕は誰?」

 

アニメ2期が決まり、ますます注目を集めている『東京リベンジャーズ』。

そんな東京リベンジャーズの漫画は何巻で完結するのか、気になる黒幕は一体誰なのか、知りたい人も多いのではないでしょうか?

 

  • 東京リベンジャーズの漫画は何巻で完結する?最終回はいつ?
  • 黒幕は一体誰?
  • 東京リベンジャーズの最終回では誰が生き残る?

このように、東京リベンジャーズについて気になることも多いはず。

 

そういうわけで今回は、『東京リベンジャーズの漫画の完結は何巻か』『未来の変更を何度も阻止してきた黒幕や、最後に生き残るのは誰なのか』について解説していきます!

それでは早速みていきましょう!

 

東京リベンジャーズの最終回は何巻?黒幕や最後に残るメンバーは?

 

2期のアニメ放送も決まり、ますます人気を集めている東京リベンジャーズ。

漫画の連載は現在も続いており、最終回はいつなのか、黒幕は誰なのかと気になっている人も多いでしょう。

 

最後には誰が残るのかも知りたいですよね。

そういうわけでここからは、東京リベンジャーズの最終回は何巻なのか、黒幕や最後に残るメンバーは誰なのかを予想していきます!

 

東京リベンジャーズの漫画は22巻で完結した?あらすじをチェック!

 

結論からいうと、東京リベンジャーズはまだ完結していません。

22巻は、マイキーが東京卍会の解散宣言をするところからスタートします。

 

武道の話を聞き、12年後の未来をベストな形にするにはこれが一番だと考えたようです。

突然ではありますが、その日をもって東京卍は解散。

 

その後、東卍の幹部たちでタイムカプセルを埋め、12年後の東卍結成日(6月19日)に再開することを約束しました。

この時代でヒナに「12年後に結婚しよう」とプロポーズし、現代に帰っていくのです。

 

12年後の世界に戻ると、そこは結婚式会場。

どうやらその日はパーマンの結婚披露宴だったようで、ヒナや元東卍メンバーだったみんなが幸せそうに笑う姿を目の当たりにしました。

 

武道はうれしくてしばらく幸せに浸りますが、マイキーの姿がないことに気づきます。

どこにいるのかとドラケンに尋ねると、「マイキーは今海外にいて、飲食店をやってるよ」とのこと。

 

しかしこれは嘘で、実際は犯罪組織「梵天」のトップであることが後から判明するのです。

そこからなぜマイキーが犯罪組織のトップになってしまったのか、どうすれば本人に会えるのかといろいろ調べ回る……というのが22巻の内容です。

 

東京リベンジャーズの漫画の最終回はいつ?何巻で完結する?

 

東京リベンジャーズの漫画の最終回はいつなのでしょうか?

ファンの間では、最終回は300話程度、単行本だと35巻程度で完結と予想されています。

 

東京リベンジャーズではこれまで数々のイベントがありました。

83抗争や聖夜決戦、天竺(関東事変)編と、後半になるにつれて各章にかかった話数が増えているんですね。

 

現在最終章ですが、その前の天竺(関東事変)編では86話かかっています。

この流れの通りに行くと、最終章は最低でも90話程度になるのではないでしょうか。

 

天竺(関東事変)編の終了が207話だったので、そこから90話となると、大体300話になる計算です。

休載がなく、この通りの予想であれば、2023年5月頃完結ではないかと予想されています。

 

東京リベンジャーズの最終回で残るメンバーを予想!マイキーは死ぬ?

 

まず、現時点で死亡が確定しているメンバーをまとめました。

 

  • 龍宮寺 堅
  • 場地 圭介
  • 佐野 真一郎
  • 寺野 南
  • 黒川 イザナ
  • 稀咲 鉄太
  • 佐野 エマ

 

こう見ると、結構な人数が死んでいますね。

まだ物語は続きますから、ここからまた死亡する人物が出てきそうです。

 

ファンの間では、これから千冬が死んでしまうのでは?との予想も。

最終章に入ってからの登場回数が多いので、これからの展開の鍵を握るのか、それとも死んでしまうのか……。

 

いずれにせよ、現時点で生き残っているメンバー全員が無事であることは難しい気がしますね。

肝心のマイキーは、最終的に闇落ちから戻って来られるのでしょうか?

 

できれば元のマイキーに戻ってほしいですが、もしかしたらこれも難しいかもしれません。

なぜなら和久井健先生のこれまでの作品では、マイキーのような最重要人物が死んでしまうパターンが多いからです。

 

東京リベンジャーズも同じパターンとは限りませんが、この線は濃厚ではないでしょうか。

もしそうであれば、マイキーが死ぬ形で最終回を迎えることになるでしょう。

 

今後どうなってしまうのか、気になりますね!

 

東京リベンジャーズの黒幕を大予想!稀咲?あっくん?三途?ヒナ?

 

物語が進むにつれて、「武道以外にもタイムリーパーがいるのでは?」という説が浮上しました。

なぜなら何度過去を変えても、ヒナやメンバーは死んでしまう未来が変わらないからです。

 

黒幕疑惑があるのは「稀咲」「あっくん」「三途」「ヒナ」の4人。

それぞれについて具体的にみていきます。

 

■稀先 鉄太

武道がいくらタイムリープしても、望む未来の実現は拒まれてきました。

 

「ヒナが生き残る未来になると困るのは誰か」という視点で見ると、黒幕の可能性が高いのは稀先鉄太です。

しかし稀咲は、「自分はタイムリーパーではない」とはっきり否定します。

 

ただここで、他にタイムリーパーがいること、その人物が誰なのかを知っているかのような口ぶりだったんですね。

そうなると、黒幕となるタイムリーパーは稀咲の近くにいる人物なのかもしれません。

 

■あっくん(千堂 敦)

あっくんこと千堂敦は、武道の中学時代からの友人。

彼は第8話で武道がタイムリープした事実をピッタリと言い当てています。

 

普通に考えれば「武道、過去に戻れるんじゃない?」なんて話しかけたりしないですよね。

だとするとかなり怪しい人物なのですが、ヒナを殺す動機はないですし、何よりあっくんは死亡し続けていると考えると、可能性は低いと考えられます。

 

■三途 春千夜

三途は梵天のナンバー2であり、マイキーの右腕です。

 

東京卍曾の頃からマイキーへの忠誠心が高いのが特徴で、「マイキーがいうならなんでもやる」という狂いっぷり。

今のところヒナを殺す理由は見当たりませんが、もしこのあたりが今後の展開で判明すれば、黒幕である可能性が高くなりそうですね。

 

■ヒナ(橘 日向)

最後に紹介するのは、ヒロインのヒナ。

なぜタイムリーパーだと言われ始めたのかというと、単行本22巻の裏表紙にヒナが載っているからです。

 

公式Twitterは「裏表紙の絵は過去のワンシーンを切り取ったもの」と述べています。

では22巻の裏表紙はどんなものだったかというと、「ヒナがタイムリープする瞬間の絵」なんです。

 

ということは、ヒナは作中のどこかで確実にタイムリープすることになります。

よって、タイムリーパーなのは確定といえますが、作中で何度も死んでいることを考えると、黒幕とは考えにくいでしょう。

 

一体誰が黒幕なのでしょうか?

今後の展開が気になりますね……!

 

東京リベンジャーズの漫画の完結を予想!ハッピーエンドになる?

 

東京リベンジャーズの漫画は最後、どんな形で完結するのでしょうか?

現在はマイキーだけ幸せでない様子。

 

できれば最後は全員が幸せになる形で終わって欲しいですよね。

ここからは東京リベンジャーズの漫画がどう完結するのか、予想してみました!

 

東京リベンジャーズの漫画はマイキ―が死ぬ結末?

 

東京リベンジャーズの漫画はマイキーが死んで完結するのでは?という予想です。

これは最悪な結末の一つですね。

 

もともと武道が再度タイムリープした理由は、マイキーを闇落ちから救うため。

未来に戻って一緒に笑い合いたいと思い行動を続けているため、マイキーが死ぬとは考えにくい気もします。

 

しかし和久井健先生の作品では、最重要人物が死ぬパターンが多いんですね。

東京リベンジャーズもこれまでのパターンに当てはまれば、マイキーが死んでしまう可能性は高くなるでしょう。

 

東京リベンジャーズの漫画はタケミチは過去に戻らない結末?

 

現在武道は、10年前の世界にタイムリープしています。

この世界でドラケンが死んでしまったため、また12年前に戻るのでは?という説も。

 

しかし、これ以上過去に戻るとは考えにくいでしょう。

これまでは直人の「ヒナを助けたい」という強い思いがトリガーとなり、12年前にタイムリープできていました。

 

現在はその願いも叶ったため、直人はトリガーになれません。

なので他にトリガーとなる人が見つからない限り、これ以上過去には戻れないんですね。

 

また、今回のタイムリープのトリガーとなったのはマイキーです。

現代に戻るにはマイキーと握手することと、マイキー、武道が現代で生きていることが必須になります。

 

しかしタイムリープの直前、武道はマイキーに打たれて死にかけていました。

マイキーも自殺しようと飛び降り、武道に手を掴まれている状態でタイムリープしたため、未来では落下して死んでいる可能性があります。

 

よって、武道とマイキーの両方が救われる未来に変えない限り、もとの世界には戻れないでしょう。

そう考えるとおそらく今回のタイムリープが最後です。

 

これ以上に過去に戻り、全員を助ける……といった結末は考えにくいといえます。

 

東京リベンジャーズの漫画は作者死亡で打ち切りになる?

 

なんと、東京リベンジャーズは作者の死亡で打ち切りになるという噂も。

和久井健先生は現在もご健在ですし、今のところ病気という話もありませんので、この説は嘘でしょう。

 

とはいえ、人気絶頂で忙しいのは事実でしょうから、体調には十分気をつけて欲しいですね!

 

東京リベンジャーズの漫画の完結予想!SNSでの予想を紹介!

 

東京リベンジャーズのファンは、どんな完結を予想しているのでしょうか?

一部ですが、SNSでの予想を紹介します!

 

 

マイキーと武道が逆になるパターンを予想している人がいました。

武道はタイムリープを繰り返して、今のマイキーのように闇落ちしてしまう可能性も十分考えられますね。

 

https://twitter.com/okaraokaraoka/status/1416007968789712897?s=20

 

 

このように、ハッピーエンドを望む声も多く見受けられました。

ここまで数々の困難に立ち向かい、乗り越えてきた武道が望む形でおさまることを祈るばかりです。

 

 

最後、武道は死ぬのでは?との声も。

できれば起きてほしくないですが、この方以外にも「武道の死亡で完結する」と予想する声は多い印象です。

 

このようにさまざまな予想がありました。

毎回予想を覆すような展開になるので、どんな形で完結するのかまったく見えてきませんね!

 

しかし、これが東京リベンジャーズの面白さでもあるのでしょう。

 

まとめ

 

東京リベンジャーズはまだ完結していません。

現在は最終章に入り、これまで以上にこじれた展開を見せています。

 

前回の天竺(関東事変)編が長丁場だったことを踏まえると、まだまだ先は長いと予想できるでしょう。

また、これまでの黒幕はまだ明確になっていません。

 

疑わしい人物は4人ほどいますが、もしかするとこれから他に怪しい動きを見せるキャラが出てくることも考えられます。

いずれにせよ、今後も目を離せない展開になっていくのは間違いないでしょう。

 

現状、ハッピーエンドは難しそうに思える東京リベンジャーズ。

マイキーは救えるのか、ここからハッピーエンドを迎えられるのか、見ものですね!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です