数の子を食べ過ぎると痛風になる?効能やメリット・デメリットを解説!

数の子を食べ過ぎると痛風になる?効能やメリット・デメリットを解説!

 

「数の子も食べ過ぎたら痛風になるの?数の子を食べることで得られるメリットやデメリットを知りたい。」

 

魚卵は、ビールなどと並んで痛風によくないといわれる食べ物ですよね。

そんな魚卵のなかでも数の子は、スーパーなどで気軽に手にすることができる魚卵ではないでしょうか。

 

そんな数の子ですが、痛風のリスクがあるのか、気になっている人も多いはずです。

 

  • 数の子を食べ過ぎると痛風になる?
  • 数の子の効能やメリットって?
  • 数の子のデメリットは?

など、数の子について、いろいろ知っておきたいですよね。

 

そこで今回は、数の子を食べすぎると痛風になってしまうのか、数の子の効能などをご紹介していきます!

魚卵は痛風のリスクが高まると聞いて、数の子を食べるのが不安だという人も多いのではないでしょうか。

 

数の子の1日の適量などもご紹介していきますので、気になる人はそちらもぜひチェックしてみてください。

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

身体に良いのはもちろん、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ今のうちに取り組んでみてください!

 

【今だけ期間限定】人生を変える腸活!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

数の子を食べると痛風になる?プリン体が少ない理由やコレステロールは?

数の子を食べ過ぎると痛風になる?効能やメリット・デメリットを解説!

 

魚卵と聞けば定番の数の子ですが、やはり他の魚卵のようにプリン体が多くて痛風になりやすいのでしょうか。

数の子はニシンという魚の卵のことで、塩漬けや乾燥させたものがスーパーなどで販売されています。

 

実際に私たちが手に取る機会も多く、正月のおせちなどでも登場する縁起のよい食べ物として知られていますよね。

そんな数の子には、痛風のリスクがあるという噂もあります。

 

美味しいものはたくさん食べたいですが、痛風になってしまうのは避けたいですよね。

数の子と痛風に繋がりはないか、数の子のプリン体やコレステロール値、栄養素についてたくさんお話していきます!

 

数の子はプリン体が少なく痛風のリスクも低い

 

数の子は魚卵だというイメージから、プリン体が多いと思う人も多いでしょう。

プリン体が多いと痛風のリスクが高まるので、そのことから数の子を避けているという声もあります。

 

しかし、実は数の子はプリン体が非常に少ない食品です。

明太子100gには約159mgのプリン体が含まれています。

 

それに比べ、数の子のプリン体は100g約22mgと、他の魚卵と比べてみればそのプリン体の少なさは一目瞭然でしょう。

数の子はプリン体が少ないので、痛風のリスクももちろん低いといえます!

 

数の子は魚卵の中ではコレステロールが低い

 

さまざまな生活習慣病を引き起こす原因となるのが、コレステロール値の高い食べ物です。

魚卵はプリン体と同じでコレステロール値も高いといわれており、毎日食べるのはおすすめできません。

 

しかし、数の子は魚卵の中でもコレステロール値が低い食べ物なのです。

なので数の子を食べ続けたからといって、生活習慣病を引き起こしてしまうリスクもありません!

 

数の子からはEPAやDHAも豊富に摂取できる

 

数の子に含まれている脂質からは、EPAやDHAも摂取することができます。

DHAというのは、脳の神経細胞である細胞膜の生成に必要な成分であり、認知症予防などが期待できます。

 

そしてEPAは、血管や赤血球を柔らかくし、中性脂肪をエネルギーに変換する体質へと変化させることができるのです。

これによって、血液サラサラ効果が期待できます!

 

数の子にはその他の栄養素もたくさん含まれている

 

数の子は低プリン体、低コレステロールでEPAやDHAも摂取できる健康的な食品ですが、健康効果はこれだけではありません。

数の子には、多くのビタミンや、アルコール分解を促進させるナイアシン、ストレス軽減効果が期待できるパントテン酸などが含まれています。

 

ほかにも亜鉛などが含まれていることから、数の子は天然のサプリメントと呼ばれることもあるんですよ。

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

身体に良いのはもちろん、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ今のうちに取り組んでみてください!

 

【今だけ期間限定】人生を変える腸活!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

数の子の効能やメリットは?肥満の予防や血糖値の改善効果について解説

数の子を食べ過ぎると痛風になる?効能やメリット・デメリットを解説!

 

数の子はとても健康的な食品ということが分かりましたが、数の子を食べることで得られるメリットが気になります。

それらを詳しく知るために、数の子の効能を徹底的に調べてみました。

 

肥満予防や血糖値改善など、さまざまな嬉しい効果について詳しくお話していきます!

 

数の子には肥満予防の効果がある

 

数の子に含まれているEPAとDHAには、脂肪の分解促進効果と生成阻害効果があります。

そして、数の子のEPAとDHAの含有率は非常に高いとされているのです。

 

さらに、数の子には多くのタンパク質が含まれています。

このEPAとDHA、タンパク質によって、数の子は肥満予防が期待できるのです!

 

数の子には血糖値の改善効果も見られる

 

数の子には肥満予防以外に、何かよい効果があるのでしょうか。

調べてみたところ、数の子には血糖値の改善効果もあるそうです。

 

これはEPAとDHAが豊富に含まれているからだそうで、実際にマウスを使用した実験で立証されました。

また、人の場合はマウスよりもEPAやDHAの効果が強く作用するといわれているので、より強い効果が期待できるでしょう!

 

数の子は認知症にもいい

 

脳の神経細胞である細胞膜を育ててくれるDHAが多く含まれている数の子は、認知症予防や改善にも効果があります。

また、DHAだけでなく、数の子に含まれているホスファチジルコリンという脂質にも脳機能改善効果があるのです。

 

最近は社会の高齢化が進んでいるため、認知症予防が大切といわれています。

数の子で認知症予防できるのは嬉しいですね!

 

数の子には免疫機能を高める効果も

 

数の子には、免疫機能を高める効果があるとも、いわれています。

これは、数の子に含まれているDHAやアミノ酸が、免疫力改善に大きく関係しているからです。

 

ほかにもビタミンEが酸化を抑えることで、動脈や皮膚、血液の老化を防いで、免疫力を高めてくれますよ!

 

数の子のデメリットは?食べ過ぎると胃痛になる?適量は1日5本!

数の子を食べ過ぎると痛風になる?効能やメリット・デメリットを解説!

 

天然のサプリメントと呼ばれるだけあって、たくさんの栄養素をもっている数の子。

特にEPAとDHAが効率よく摂れる食品はなかなかないので、貴重です。

 

そんな数の子ですが、食べることでのデメリットはあるのでしょうか。

数の子を食べ過ぎるとどうなってしまうのか、数の子の適量などを詳しくお話していきます!

 

数の子には塩分が多い

 

スーパーなどで売られている数の子は保存性をよりよくするため、また、旨味を引き出すために塩漬けにされています。

なので、そのまま食べてしまうと塩辛さで食べることができないくらい塩分が多いです。

 

そのため数の子を食べ過ぎると、塩分過多になってしまいます。

数の子を食べるときは、塩分に気を付けるようにしましょう!

 

数の子は食べ過ぎるとビタミンDの過剰摂取になる

 

数の子には非常に多くのビタミンDが含まれています。

ビタミンDは体外に排泄されにくい脂溶性の栄養成分で、過剰摂取してしまうことでさまざまな健康被害を受けてしまうのです。

 

高カルシウム血症になってしまい、腎機能障害や嘔吐、食欲不振や神経の興奮性などが引き起こされます。

数の子を食べるときは、一日のビタミンD摂取量を見直すようにすることが大切です!

 

数の子を食べ過ぎると胃痛や下痢につながることも

 

数の子を食べて、胃痛や下痢になってしまったという声も多いですよね。

この症状が現れる人がたまにいるそうですが、原因はハッキリとしていないといわれています。

 

可能性としてあげられているのは、数の子を食べることで、アレルギー症状が現れているということです。

胃痛や下痢の症状を確認したら、直ちに数の子の摂取を中断しましょう!

 

数の子の適量は小さなもので1日5本程度

 

数の子は大きさもそれぞれなので、適量が定められていません。

しかし、数の子は味付けの濃い調理方法を用いられることが多いので、小さなもので1日に5本程度にしておくのがよいでしょう。

 

一見多いように見えますが、数の子はプリン体の含有量が少ない点や、コレステロール値も低いため、これくらいであれば問題ないですよ!

 

数の子は塩抜きを徹底することが大切

 

数の子には保存性を高めたり、旨味を引き出したりするのに、しっかりと塩漬けされています。

そのまま食べてしまうと間違いなく塩分過多になってしまうので、しっかりと塩抜きをするようにしましょう!

 

塩抜きをするときは、真水ではなく塩水に漬けるようにしてください。

水1Lに対して、小さじ1の塩がおすすめですよ!

 

まとめ

数の子を食べ過ぎると痛風になる?効能やメリット・デメリットを解説!

 

今回は、魚卵である数の子を食べ過ぎてしまうと、痛風になるのかという件について詳しく調べていきました。

数の子は魚卵の中でもプリン体が低いので、痛風になる心配はありません。

 

むしろ、たくさんの健康効果が期待できるのです。

数の子について、重要な点をまとめてみます。

 

  • 数の子はプリン体とコレステロール値が低くて健康的
  • 数の子にはEPAとDHAが多いためさまざまな健康効果がある
  • 数の子は塩分とビタミンDやアレルギーに注意が必要

 

数の子を食べるときは、しっかりと3時間以上塩水に漬けて塩抜きするのがおすすめです。

また、アレルギー症状や食べ過ぎにも気を付けたいですね。

 

数の子でEPAやDHAを効率よく摂取し、生活習慣病予防を積極的におこってみてはいかがでしょうか!

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

身体に良いのはもちろん、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ今のうちに取り組んでみてください!

 

【今だけ期間限定】人生を変える腸活!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。