ブルーチーズの食べ過ぎは体に悪い?体にいい?癌予防になるのか紹介!

ブルーチーズの食べ過ぎは体に悪い?体にいい?癌予防になるのか紹介!

 

ちょっとリッチなおつまみとして昔から愛されているブルーチーズ。

カビが生えているのに食べられるチーズです。

中には、カビが生えているチーズなら、食べ過ぎると体に悪いのでは・・・と心配になる人もいるのでは。

そこで今回は、ブルーチーズの食べ過ぎは体にいいのか悪いのか、詳しくご紹介していきます。

  • ブルーチーズは体に悪いのかな・・・。
  • ブルーチーズはむしろ体にいいって聞いたけど?
  • ブルーチーズが癌予防になるって本当?

 

このように、ブルーチーズが体にもたらす影響について、詳しくお伝えしていきます。

ブルーチーズのおすすめの食べ方も詳しくご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

ブルーチーズは体に悪い?青カビの癌への影響は?食中毒になる?

ブルーチーズの食べ過ぎは体に悪い?体にいい?癌予防になるのか紹介!

 

「カビ」と聞くと、体に悪いイメージがありますよね。

ですが結論からお伝えしますと、ブルーチーズは体に悪いものではありません!

 

ではここからは、ブルーチーズの青カビについて、詳しくご紹介していきます。

 

ブルーチーズの青カビは食べられる

 

ブルーチーズの青カビは食べられますが、食パンやみかんの青カビは食べられません。

同じ青カビなのに、何故でしょうか。

 

それは、ブルーチーズを作る過程や特性が、青カビの毒素を分解しているからなんです。

ですので、ブルーチーズの青カビは食べても害はありません。

 

尚、他の食品に生えてしまった青カビは、食べると危険です!

決して食べないでください。

 

ブルーチーズの青カビに癌への影響はない

 

ブルーチーズの様に、人体に無害なカビがある一方、有害なカビが多いのも事実。

カビが作り出す物質の中で、人体や動物に有害な影響を与える物質を、総称してマイコトキシンと言います。

 

このマイコトキシンの中で、アフラトキシンM1と言う物質は発がん性のある物質と言われており、牛乳やチーズにも含まれています。

過去に市販の牛乳からも検出された報告あり。

 

「チーズに含まれているなら、ブルーチーズも危険なんじゃないの?」と不安になる方もいますよね。

ご安心ください。ブルーチーズからは検出されていないので、ブルーチーズの青カビが、癌への影響を及ぼすことはありません!

 

保存中に生えてきた白カビは食中毒の原因

 

ブルーチーズを保存していると、白いカビが生えることがあります。

このカビは人体に有害なカビなので、注意が必要。

 

白カビは食中毒の原因になる可能性があります。

軽症であれば吐き気や腹痛で済みますが、後にアレルギーの原因となる恐れも・・・。

 

ブルーチーズはむしろ体にいいって本当?体にはどんな効果がある?

ブルーチーズの食べ過ぎは体に悪い?体にいい?癌予防になるのか紹介!

 

では、ブルーチーズを食べるとどんな効果があるのでしょうか。

ここからは、ブルーチーズを食べるメリットについてお伝えしていきます!

 

ラクトトリペプチドが血管の若返りに効果的

 

ラクトトリペプチドは、血管の若返りに効果的だと言われています。(参照:https://www.asahi-gf.co.jp/company/newsrelease/2015/200705_02/

年齢と共に脳や身体は老化して行きますが、血管も同様です。

 

血管が老化すると、血液の通り道が硬く狭くなっていき、動脈硬化状態に。

動脈硬化が進むと、高血圧や脳梗塞、心筋梗塞にも・・・。

 

動脈硬化は自覚症状がないことから、「サイレントキラー」とも呼ばれているほど、怖い病気なんです。

そこで血管の若返りに効果的なラクトトリペプチドを積極的に摂ると、動脈硬化を予防することが出来ます。

 

ラクトトリペプチドは乳製品に多く含まれており、中でもブルーチーズの含有量が1番多いんです!

 

パルミチン酸が美容・アンチエイジングに効果的

 

ブルーチーズには、パルミチン酸が含まれています。

パルミチン酸とは、ビタミンC誘導体の一種で、化粧品や、皮膚科のシミ治療でも使用されている成分。

 

パルミチン酸はしわを抑えたり、ニキビを減らしたり、抗酸化作用でアンチエイジングが期待される嬉しい成分です。

ブルーチーズを摂取するだけで、アンチエイジングにも繋がるんです!

 

βラクトリンが認知症に効果的

 

ブルーチーズなどの乳製品に含まれるβラクトリンは、記憶力の改善に役立つことが研究で明らかになっています。(参照:https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2019/4/25/28-52574/

神経伝達物質であるドーパミンは、主に私たちの心の機能に大きく関わる物質。

 

例えば「やる気」、「幸福感」、「3大欲求」などは、このドーパミンが正常に働いているため起こっている感情なんです。

ですがドーパミンは老化により減少。それが認知症に繋がります。

 

βラクトリンを摂取すると、このドーパミンの量が増加することが判明しています。

ドーパミンが増えるので、認知症にも効果的と言われているんです。

 

血糖値の上昇を抑え、コレステロールを下げる効果も

 

ブルーチーズは、コレステロールを下げる効果もあるんです!

実はチーズは低GI食品。

 

GI値が低い食べ物は、食後の血糖値が緩やかに上昇します。

緩やかに上昇することによって、体内の糖を効率的に消化することが出来るんです。

 

体内に糖が蓄積されると肥満の原因になり、肥満はコレステロール値の上昇に繋がってしまいます。

特に女性は女性ホルモンの関係で、50代頃からコレステロール値が一気に上昇しますから、積極的に摂りたい食品ですね!

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

ブルーチーズは食べ過ぎてもいい?食べない方がいいのは?

ブルーチーズの食べ過ぎは体に悪い?体にいい?癌予防になるのか紹介!

 

ブルーチーズのメリットが沢山ありましたね。

ではここからは、食べる際に気を付けるべき3点をお伝えしていきます。

 

塩分が多いので30gを上限に食べる

 

ブルーチーズは作る過程で塩を多めにして作っているため塩分が高め。

1日30gが目安です。

 

免疫力の落ちる妊娠中は食べない方がいい

 

妊娠中は免疫力が落ちるため、ブルーチーズは控えましょう。

ナチュラルチーズ全般に言えることですが、リステリア菌に感染する恐れがあります。

 

リステリア菌に感染すると、流産や早産を引き起こす可能性がありますし、胎児にも影響を及ぼしかねません。

 

カビへのアレルギーがある人も食べない方がいい

 

カビアレルギーの方は注意が必要です。

咳が出たり、発疹が出る恐れがあります。

 

ブルーチーズのおすすめの食べ方は?赤ワインと組み合わせるといい?

ブルーチーズの食べ過ぎは体に悪い?体にいい?癌予防になるのか紹介!

 

あとはどうやって食べれば美味しく食べられるか!

最後は、おすすめの食べ方をご紹介します!

 

赤ワインと一緒に食べると健康への効果が高まる

 

ブルーチーズは塩味が強く、濃厚な風味のため、甘口の赤ワインと合わせるとバランスが良いと言われています。

これは味だけでは無く、健康面にもきちんと理由があるんです。

 

「フレンチパラドックス」と言う言葉をご存知ですか?

フランスでは、肉類や乳製品などの動物性脂肪を好んで食べています。

 

それにも関わらず、動脈硬化の患者数や、心臓病による死亡数が少ないんです。

このことを「フレンチパラドックス」と言います。

 

この現象は、ワインに含まれるポリフェノールに、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用があるためと考えられています。

更に、先ほどお伝えした通り、ブルーチーズにも食べるメリットはいっぱい。

 

2つの相乗効果で、お酒を飲んでいるにも関わらず、健康への効果が高まるんです!

 

塩気があるので甘いはちみつとの相性も抜群

 

また、ブルーチーズとはちみつはオススメの組み合わせ。

あまじょっぱくなるので、バランスが良くなって更に美味しくなります。

 

是非試してみてください!

 

まとめ

ブルーチーズの食べ過ぎは体に悪い?体にいい?癌予防になるのか紹介!

 

ここまで、ブルーチーズについて詳しくお伝えしました。

 

まとめると、

・ブルーチーズは体に悪いのか?

体に良い食べ物。妊婦やカビアレルギーの方は注意が必要

 

・ブルーチーズが体に良い点は以下の通り

血管の若返り
美容・アンチエイジング
認知症予防
コレステロール低下

 

・ブルーチーズが癌予防になるって本当?

ブルーチーズの青カビは癌に影響を及ぼすものではない。

 

いかがでしたでしょうか。

ブルーチーズの青カビは安心して食べられて、かつ健康にも良い食べ物。

 

是非ワインと一緒に食べてみてくださいね!

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!