煮干しの食べ過ぎは健康に悪い?一日の摂取量やそのまま食べる効果とは?

煮干しの食べ過ぎは健康に悪い?一日の摂取量やそのまま食べる効果とは?

 

昔から馴染みのある煮干し。出汁としてよく使われていますよね。

ですが、煮干しが体にもたらすメリットをご存知でしょうか?

 

  • 煮干しの食べ過ぎは健康に悪いの?
  • 一日の摂取量はどれくらいかな?
  • そのまま食べる効果は何だろう?

 

カルシウムのイメージが強い煮干しですが、他にも沢山体に良いことがあるんです。

そこで今回は、煮干しについて詳しくご紹介していきます!

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

煮干しは食べ過ぎても大丈夫?適切な摂取量は何匹くらい?

煮干しの食べ過ぎは健康に悪い?一日の摂取量やそのまま食べる効果とは?

 

小腹が空いた時や、おつまみとしてもよく食べられる煮干し。

では一日の目安の量はどれくらいなのでしょうか。

 

ここからは、煮干しの摂取量の目安や、栄養素についてご紹介していきます!

 

煮干しには体にいい栄養素がたくさんある

 

煮干しには、体にいい栄養素がたくさんあるんです!

特に注目したい栄養素はこちら!

 

①たんぱく質

煮干しにはたんぱく質が豊富で、100gあたりのたんぱく質はなんと65g。

半分以上がたんぱく質なんです。

 

一日に必要なたんぱく質の摂取量は、男性18歳以上で50g/日、女性18歳以上で40g/日と言われています。

簡単に計算すると、煮干しを100g食べると一日に必要なたんぱく質を補えてしまう、と言うことなんです!

 

たんぱく質は、体を作るのに欠かせない栄養素。

体の約20%はたんぱく質で構成されているとも言われています。

 

そのたんぱく質が不足すると、免疫力が低下、筋肉の減少に伴い体力も落ちてしまいます。

また、皮膚や髪のハリが失われることも・・・。

 

②カルシウム

煮干しはカルシウムも豊富で、100gあたり2,200mg。

これは牛乳の約20倍だと言われています。

 

カルシウムの99%は、体の骨や歯を作る働きをするので、健康な骨と歯のためにも、毎日摂取したい栄養素ですね。

また、日本人は古くから乳製品をあまり摂ってこなかったため、3人に2人は乳糖不耐症だと言われています。

 

乳糖不耐症とは、牛乳に含まれる乳糖を分解する力が弱いために起こる症状です。

主な症状は消化不良、腹部の不快感、腹痛、下痢など。

 

以上の理由から、カルシウムは煮干しで摂るのがオススメです!

 

③鉄分

魚の中でも煮干しには鉄分が豊富に含まれています。

鉄分は必須ミネラルのひとつ。

 

鉄分が不足すると、血液中のヘモグロビンが減少し、血液が酸素を十分に運べなくなるので貧血を引き起こしやすくなります。

酸素が足りない状態ですから、頭痛やめまい、倦怠感、息切れ、疲れやすくなるなど、体に不調が出て来ます。

 

④ビタミンD

カルシウムの吸収を促進する働きをするのが、このビタミンD。

魚類には、特に多く含まれている栄養素で、免疫機能を調整する働きもあります。

 

⑤DHA、EPA

DHAは脳を活性化させる働きをすると言われていて、記憶力・学習能力の向上に役立つと言われています。

また、EPAは血流の促進・血液中の脂肪を減らす働きをします。

 

DHAやEPAは、体内で作ることが出来ない必須脂肪酸。

積極的に摂りたい栄養素ですね!

 

煮干しの食べ過ぎは体に悪い

 

簡単に計算すると、煮干しを100g食べると一日に必要なたんぱく質を補える、とお伝えしましたが、何にせよ食べ過ぎは体に毒です。

食べ過ぎには気を付けましょう!

 

煮干しの適量は30g!中サイズで40~50匹

 

煮干しの適量は30gです。

また、煮干し30gほどに含まれるたんぱく質の量は約20gほど。

 

中サイズで40~50匹です。

一日に必要な残りのたんぱく質は、他の食材で補うことをオススメします。

 

煮干しを食べ過ぎるとどうなるのかは、後述します。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

煮干しを食べ過ぎると?問題は塩分とプリン体の多さ!

煮干しの食べ過ぎは健康に悪い?一日の摂取量やそのまま食べる効果とは?

 

先ほどお伝えした通り、体に良い食べ物とは言っても、食べ過ぎは体に良くないですよね。

では、煮干しは食べ過ぎると体にどんな影響があるのでしょうか。

 

ここからは煮干しの食べ過ぎによる悪影響についてお伝えしていきます!

 

煮干しには塩分が多く含まれている

 

煮干しは、作る際に塩水で煮てから乾燥させます。

そのため、塩分が多いんです!

 

塩分を摂り過ぎると、血中のナトリウム濃度が高くなります。

すると浸透圧を一定に保とうとして血液の量が増えます。

 

血液の量が増えると、血管壁に圧力が掛かってしまうので、高血圧になります。

高血圧になると動脈硬化になりやすく、生活習慣病に繋がる恐れも・・・。

 

日本人は塩分を摂り過ぎているとも言われていますから、生活習慣病を予防するためにも注意が必要ですね。

最近は減塩タイプの煮干しも増えています。

 

煮干しにはプリン体も多い

 

プリン体は主に細胞の代謝・増殖で使われ、残ったプリン体が尿酸となり体の外へ排出されます。

ですが、摂り過ぎると病気に繋がる恐れもあるので、注意が必要なんです。

 

特に、煮干しにはプリン体が多いので、食べ過ぎるとプリン体を過剰に摂取してしまうことに・・・。

 

高血圧の人、痛風の人は注意が必要

 

このように、塩分とプリン体が多く含まれている煮干し。

この理由から、高血圧の人、痛風の人は注意が必要です。

 

症状を悪化させてしまう恐れもあるので、なるべくは控えることをオススメします!

 

煮干しをそのまま食べる効果は?子どもや社会人のおやつに最適!

煮干しの食べ過ぎは健康に悪い?一日の摂取量やそのまま食べる効果とは?

 

煮干しは出汁や佃煮、そのまま食べたり・・と様々な食べ方が出来ますよね。

ですが栄養面から言うとそのまま食べるのがオススメ!

 

その理由をご紹介していきます。

 

煮干しをそのまま食べると栄養素が丸ごと吸収できる

 

栄養をしっかり摂るためにオススメなのが、シンプルにそのまま食べること!

何故かと言うと、出汁よりも、煮干しそのままの方がたんぱく質が豊富だからです。

 

また、ビタミンDは水に溶けない脂溶性なので、出汁からは摂取することが出来ません。

勿体ないので栄養素は丸ごと吸収しちゃいましょう!

 

煮干しは低カロリー

 

煮干しは低カロリーなので、おやつにも丁度良いんです!

先ほど、煮干しの一日の適量は30gとお伝えしました。

 

30gのカロリーは約100kcal。

おやつのカロリーの目安は200kcal以内と言われているので、とてもヘルシー!

 

ただし、コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインが、煮干しに含まれる鉄分の吸収率を妨げる恐れがあります。

カフェインと一緒に食べるのは控えましょう。

 

煮干しは噛む訓練になるため顔回りのシェイプアップにも

 

更に、煮干しは噛み応えがありますよね。

沢山噛むと、満腹感が増すため、ダイエット時のおやつにもオススメです!

 

また、噛む訓練にもなるため口の筋肉が鍛えられ、顔回りのシェイプアップにも繋がります!

マスクで口元が隠れている今こそ、顔回りをシェイプアップしておきましょう!

 

まとめ

煮干しの食べ過ぎは健康に悪い?一日の摂取量やそのまま食べる効果とは?

 

本日は、煮干しについてご紹介しました。

 

まとめると、

・煮干しの食べ過ぎは健康に悪いの?

塩分とプリン体を多く含むので、食べ過ぎると生活習慣病や通風になる恐れがある。

 

・一日の摂取量はどれくらいかな?

1日30gが目安

 

・そのまま食べる効果は何だろう?

栄養素が丸ごと吸収出来る。噛み応えもあるのでダイエットや顔周りのシェイプアップにも繋がる。

 

カルシウムとたんぱく質が豊富な煮干し。

毎日食べて丈夫な体作りを目指しましょう!

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。