1日1食でどのくらい痩せる?痩せるスピードや効果が出るまでの期間も解説

1日1食でどのくらい痩せる?痩せるスピードや効果が出るまでの期間も解説

 

皆さんはどのダイエット方法を実施していますか。

中にはダイエットのために1日1食だけしか食べない、という方もいるのではないでしょうか。

1日1食にすると、どのくらい痩せるのか、気になるところではありますよね。

 

  • 1日1食でどのくらい痩せるの?
  • 痩せるスピードや効果はどうなんだろう?
  • 便秘や筋力が低下するって本当?

 

1日1食にすることで、体にどのような影響があるのかも知っておく必要があります。

そこで今回は、1日1食がもたらすメリットとデメリットを詳しくご紹介していきます!

1日1食でダイエットするための注意点も取り上げています。ぜひチェックしてみてください!

さらに、腸を整えて体の内側から美しくなりたい方へ。

腸内環境が悪いと、どれだけいい食事をしても栄養が吸収されず、便秘や肌の悪化に繋がってしまいます。

 

一方、腸内環境が整うと、栄養の吸収はもちろん、便秘改善、ダイエット、美容にも大きな効果があるんです。

そのためには、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けることがとても大切になります。

 

そこで今、期間限定で『ビフィズス菌+ユーグレナスティック』を500円で手に入れることができます。

@コスメでも「5.5」と高評価で注文も殺到しているので、在庫切れになる前にチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

【今だけ期間限定500円】ビフィズス菌+ユーグレナスティック公式サイトはこちら

 

1日1食でどのくらい痩せる?痩せるスピードはどのくらい?

1日1食でどのくらい痩せる?痩せるスピードや効果が出るまでの期間も解説

 

1日1食にすると、どのくらい痩せるのでしょうか。

また痩せるスピードはどれくらいなのか、詳しくお伝えしていきます!

 

1日1食にすると1週間目から痩せる

 

1日1食にすると、1週目から効果が現れ始めます。

理由は簡単。摂取カロリーが大幅に減るからです。

 

元の体重が重いほど痩せるスピードは速い

 

元の体重が重ければ重いほど、痩せるスピードは速くなります。

傾向として、摂取カロリーが極端に多いためです。

 

1日1食にすることで急激に摂取カロリーが減るため、痩せるスピードがとても早くなります。

 

停滞期もあるので1ヶ月以上は継続する

 

ダイエットの最中に必ず訪れるもの。それは停滞期。

ダイエットをしているのにも関わらず痩せないのは、辛いですし焦りますよね。

 

ですがこれにはきちんと理由があるんです。

「ホメオスタシス(生体恒常性)」の機能のためです。

 

ホメオスタシス(生体恒常性)とは、体が飢餓状態になると起こる機能のこと。

餓死しないように基礎代謝を抑え、体重の減少を抑えようとする機能です。

 

この機能は、1ヶ月で5%以上の体重減少があった場合に起こります。

この停滞期で諦めたくなってしまいますが、停滞期を迎えても、ダイエットは続けましょう。

 

ただし、少し緩めのダイエットにしてください。

体に「この体重でも餓死しないんだ」と思わせることが大切です。

 

効果が出ない場合は食べ過ぎの可能性もある

 

それでも効果が全然出ない・・・そんな方は、高カロリーのものを食べたり、食べ過ぎていたりしませんか。

1度食事の見直しをしてみましょう!

 

1日1食で効果が出るまでの期間は?1週間、2週間で何キロ痩せる?

1日1食でどのくらい痩せる?痩せるスピードや効果が出るまでの期間も解説

 

1日1食にすると、効果が出るまでどれくらい掛かるのでしょうか。

ここからは更に具体的に、1日1食ダイエットについてお伝えしていきます!

 

1日1食にすると1週間でも痩せる

 

摂取カロリーが必然的に減るため、人によりますが1日1食にすると数日~1週間で効果が出る人も少なくありません。

 

痩せた実感が出るには2週間~1ヶ月かかる

 

痩せた実感が出るには2週間~1ヶ月かかります。

先ほどお伝えした通り、「ホメオスタシス(生体恒常性)」のためです。

 

この機能が働くと、停滞期が始まります。

停滞期は人によりますが、大体は2週間~1ヶ月ほど。

 

そのため、ダイエットは1ヶ月以上は継続しましょう!

 

体が慣れるまで継続することが重要

 

1日1食は、体が慣れるまでは辛いと感じる方も多いダイエット方法でしょう。

継続することが重要なので、少しずつ1日1食にしていくことをオススメします。

 

いつも3食食べている人ならば、1食抜き、慣れてきたら更に1食抜いて1日1食にする、と言った感じです。

 

さらに、腸を整えて体の内側から美しくなりたい方へ。

腸内環境が悪いと、どれだけいい食事をしても栄養が吸収されず、便秘や肌の悪化に繋がってしまいます。

 

一方、腸内環境が整うと、栄養の吸収はもちろん、便秘改善、ダイエット、美容にも大きな効果があるんです。

そのためには、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けることがとても大切になります。

 

そこで今、期間限定で『ビフィズス菌+ユーグレナスティック』を500円で手に入れることができます。

@コスメでも「5.5」と高評価で注文も殺到しているので、在庫切れになる前にチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

【今だけ期間限定500円】ビフィズス菌+ユーグレナスティック公式サイトはこちら

 

1日1食の体重変化に効果的な食べ方は?女性は便秘や筋力低下に注意

1日1食でどのくらい痩せる?痩せるスピードや効果が出るまでの期間も解説

 

では、体重変化に効果的な1日1食の食べ方は何でしょうか。

ここからは、1日1食でダイエットをする際に効果的な食事の摂り方と、気を付けるべき点についてお伝えしていきます!

 

1食のバランスに気を配ることが大切

 

1食しか食べないため、食事のバランスが偏りやすくなります。

摂取カロリーが必然的に減るから、何を食べても大丈夫!というわけでは無いんです。

 

栄養バランスの偏りは体の不調や、病気のリスクを高める原因となります。

主食・主菜・副菜を意識した、バランスの良い食事を心掛けましょう!

 

便秘対策には良質の油と食物繊維が重要

 

1日1食にすると、食事のバランスが偏り、体に必要な栄養分まで摂りにくくなります。

必要な栄養分が不足すると起こる体の変化の1つが、便秘。

 

便秘は、油分や水分、食物繊維が不足することで起こります。

便秘になると、余分な水分が排出されなくなるのでむくんでしまったり、新陳代謝も低下します。

 

そうなると、なかなか痩せない原因にも繋がってしまうんです。

以下の点を意識して摂ることをオススメします。

 

①油分

オリーブオイルやごま油を積極的に摂りましょう。

腸の動きを活発化させ、便秘を解消する効果があります。

 

②食物繊維

食物繊維には水溶性と不溶性があります。

食物繊維は不溶性:水溶性=2:1で摂ることが理想的とされています。

 

③水分

水分摂取はこまめに摂りましょう。

この時、利尿作用のあるものは避けてください。

 

理想は1日2ℓ。

朝起きてすぐに1杯の常温の水を飲むと、大腸が刺激され、便秘解消に繋がります。

 

また、食事にも暖かい汁物を取り入れましょう。

お腹にも良い刺激を与えます。

 

筋肉量を減らさないためにタンパク質を摂取する

 

筋肉量が減ってしまうと、新陳代謝が減ってしまうため、太りやすくなります。

筋肉量を減らさないためには、タンパク質の摂取が大切となってきます。

 

筋力低下を防ぐため運動も大切

 

タンパク質の摂取だけではなく、運動をして筋力低下を防ぎましょう。

WHO(世界保健機関)によると、全ての成人に1週間あたり150分以上の中等度の運動、または75分以上の高強度の運動を推奨しています。(参考:http://www.kameda.com/patient/topic/sports_medicine/05/index.html

 

※中等度・・・少し息が上がるが会話できる程度の運動

※高強度・・・息が上がり会話ができない程の運動

 

また、運動を取り入れると、体重だけではなく、見た目も引き締まってキレイに見えます。

体重以上に痩せて見られると、嬉しいですよね!

 

空腹に慣れるまでは適度な間食をとる

 

1日1食ダイエットは、慣れるまでが辛い方も多いはず。

ですが途中で止めると、リバウンドにも繋がってしまいますよね。

 

空腹になれるまでは、適度な間食をとっても問題ありません。

ナッツや煮干し、チーズなど、タンパク質の多いものが間食にはオススメ。

 

何故かと言うと理由は2つ。

1つ目は、タンパク質は筋肉を作るのに重要な栄養素だからです。2つ目は、間食に甘いものを食べてしまうと、空腹の時間が長いため、血糖値が急に上がってしまいます。

 

血糖値が急に上がると太りやすくなってしまい、ダイエットには逆効果になるためです。

特にナッツや煮干しは、歯ごたえもあり、咀嚼数が増えるので、満腹中枢も刺激されますよ!

 

痩せた後もすぐ3食に戻さない

 

ダイエットされている方には、目標としている体重がありますよね。

1つ気を付けていただきたいのが、目標体重まで痩せたあと、すぐ3食に戻さないようにすることです。

 

食事の回数が3回に増えてしまうと、その分摂取カロリーが増えますので、リバウンドの原因になってしまいます。

ダイエットは摂取カロリー<消費カロリーで成り立ちます。

 

消費カロリーを調節しながら、食事の量も少しずつ調節していきましょう!

 

まとめ

1日1食でどのくらい痩せる?痩せるスピードや効果が出るまでの期間も解説

 

本日は、1日1食でどのくらい痩せるのか、痩せるスピードや効果が出るまでの期間について詳しくお伝えしました。

 

まとめると、

・1日1食でどのくらい痩せるか?

数日~1週間で体重を減らすことが出来る

 

・痩せるスピードや効果は?

1日で摂取するカロリーが大きく減るため、痩せるスピードは大変速い効果的なダイエット。

 

・便秘や筋力低下は本当なのか?

便秘・・・本当。油分、食物繊維、水分を意識的に摂ることが大切。
筋力低下・・・本当。タンパク質を意識して摂ることと、運動が大切。

 

1日1食は即効力のあるダイエットです。

ダイエットに興味のある方は、メリットとデメリットをしっかり理解し、取り組んでみてくださいね!

 

さらに、腸を整えて体の内側から美しくなりたい方へ。

腸内環境が悪いと、どれだけいい食事をしても栄養が吸収されず、便秘や肌の悪化に繋がってしまいます。

 

一方、腸内環境が整うと、栄養の吸収はもちろん、便秘改善、ダイエット、美容にも大きな効果があるんです。

そのためには、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けることがとても大切になります。

 

そこで今、期間限定で『ビフィズス菌+ユーグレナスティック』を500円で手に入れることができます。

@コスメでも「5.5」と高評価で注文も殺到しているので、在庫切れになる前にチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

【今だけ期間限定500円】ビフィズス菌+ユーグレナスティック公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。