チータラは太る?体に悪い?1本あたりのカロリーをご紹介!

チータラで太る原因やカロリーは?太りにくい食べ方も徹底解説!

 

「チータラで太る原因って何?太りにくい食べ方ってあるかな?」

 

チータラが好きで、いつもオヤツやお酒のおつまみにしている方は「チータラが太るかも」と心配ですよね。

チータラで太る原因やカロリー、太りにくい食べ方などを知っておくと安心です。

 

  • チータラが好きだけど太りたくない人
  • ダイエット中に食べていいチータラの目安が知りたい人
  • チータラの太りにくい食べ方があるなら試してみたい人

 

チータラは魚のすり身とチーズで作ったヘルシーなお菓子ですが、絶妙な塩気と旨味でつい食べ過ぎてしまう人もいるはず。

そこで今回はチータラで太る原因やカロリーを調査しました。

 

どれぐらい食べたら太ってしまうのか、また太りにくいおすすめの食べ方はあるのかなどを詳しくご紹介していきます!

「ダイエット中もチータラを食べたい人」「チータラが好きな人」に向けて、非常に分かりやすいおすすめの内容です。

 

具体的な検証結果をぜひ参考にしてくださいね。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

チータラを食べると太る?1本のカロリーや栄養は?筋肉は付く?

チータラで太る原因やカロリーは?太りにくい食べ方も徹底解説!

 

まずはチータラで太る原因や、1本あたりのカロリーや糖質をチェックしていきましょう。

またチータラにはどんな栄養が含まれているのか、ダイエットに効果的な栄養はあるのかなども調べてみました。

 

チータラで太る原因とは?食べ過ぎには注意が必要?

 

チータラで太る原因は、ずばり食べ過ぎの場合です。

チータラは魚のすり身を使っているためヘルシーなイメージがありますが、当然カロリーはゼロではありません。

 

食べればそれだけカロリーを摂取することになり、1日の消費カロリーをオーバーしてしまうと当然太る原因になります。

お酒を飲みながらチータラをつまんでいると、気付けば大袋すべて食べてしまっていたという人も多いのではないでしょうか。

 

お酒を飲んでいるときは、たいてい他のおつまみも食べているので予想以上にカロリーを取り過ぎている場合もあります。

美味しいチータラですが、ダイエット中は特に食べ過ぎには十分気を付けなくてはいけません。

 

塩気があるので喉が渇いてビールを飲む、またチータラが食べたくなるという悪循環になってしまいます。

太りやすくなるだけでなく、むくみや塩分過剰なども心配です。

 

チータラ1本あたりのカロリーや糖質は高い?他のおつまみとも比較!

 

チータラはいろんな商品があり、それぞれカロリーや糖質は異なります。

だいたいの平均になりますが、チータラ100gあたりのカロリーはおよそ300~350kcal、糖質は14~15gほどです。

 

チータラ1本約3gだとすると、カロリーは1本あたり約10kcal、糖質は0.4gほどになりますね。

チータラのカロリーと糖質は1本あたりで見るとそれほど多くはありません。

 

  • チータラ100g:カロリーは約300~350kcal 糖質は約14~15g
  • チータラ1本(3g):カロリーは約10kcal 糖質は約0.4g

 

他の定番のおつまみについても調べてみました。

バターピーナッツやさきいか、フライビーンズ、ポテトチップスなど定番のおつまみです。

 

  • バターピーナッツ100g:カロリーは約590kcal 糖質は約12g
  • さきいか100g:カロリーは約280kcal 糖質は約17g
  • フライビーンズ(そら豆)100g:カロリーは約400kcal 糖質は約40g
  • ポテトチップス100g:カロリーは約550kcal 糖質は約55g

 

他のおつまみと比較してみると、チータラはカロリーも糖質も少なめであることが分かります。

油で揚げていませんし、砂糖が入っていたとしても控えめです。

 

豆類やポテトチップスは揚げているためカロリーも糖質も高いですね。

こうして考えると、食べ過ぎにさえ注意すればおつまみにチータラはかなりおすすめです。

 

食感が柔らかくて食べやすいですが、じっくり味わって噛んで食べれば腹持ちも悪くありません。

 

チータラは体に悪いって本当?チータラに栄養はあるの?筋肉は付く?

 

チータラについて調べていると「体に悪い」という口コミがありました。

健康に害があるならチータラを食べるのを、少しためらってしまいますが大きな問題はないようです。

 

原因を調べてみたところ、チータラが体に悪いと言われているのは次の2つの理由が考えられます。

 

  • 塩分が多い
  • 脂質が多い

 

チータラは100gあたり塩分が約3g、脂質は約20g含まれています。

確かにチータラは少し塩気がありますし、チーズを使っているため脂質も多いです。

 

しかしどちらも食べ過ぎなければすぐに体に健康被害が出るようなものではありません。

チータラには体に良い栄養も含まれています。

 

チータラの栄養:たんぱく質が多く含まれている

 

チータラには100gあたり、たんぱく質は約20gも含まれています。

魚のすり身とチーズはどちらも高たんぱく質な食材です、

 

ダイエット中などでたんぱく質をたくさん摂取したい時にはおすすめのオヤツになりますよ。

オヤツのときの飲み物は、甘い飲み物ではなく、お茶やミネラルウォーターなどがおすすめです。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

ダイエット中の人向け!チータラの太りにくい食べ方を解説!

チータラで太る原因やカロリーは?太りにくい食べ方も徹底解説!

 

ここでダイエット中の人のために、チータラの太りにくい食べ方をご紹介します。

チータラは、他のおつまみに比べてもカロリーや糖質はそれほど多くありません。

 

しかし食べ方を間違えると太る原因になります。

次の3つのポイントをしっかり守って食べればダイエット中でも安心して食べることができますよ。

 

①:1日の摂取量を50gまでにする

 

チータラをダイエット中にオヤツで食べるときは、1日の摂取量の目安を50gまでにしておきましょう。

チータラ50gでカロリーは約150~175kacal、糖質は約7~7.5gになります。

 

50gは1本3gのチータラなら約16~17本ぐらいですね。

スーパーやコンビニで販売しているチータラはだいたい25~50g入りです。

 

1袋食べきるぐらいが1日の目安だと考えて良いでしょう。

50gと聞くと少なく感じるかもしれませんが、食事と食事の間のオヤツに食べるなら十分な量です。

 

大袋の場合は少し面倒でも1日分ずつ小分けにしておくと食べ過ぎを防ぐことができますよ。

袋から直接ではなく、お皿に出して食べるのもおすすめです。

 

また、同じようにコンビニで売られている「ファミチキ」。

実を言うと、コンビニの揚げ物としてはめずらしくダイエット中の女性にも人気なのをご存知でしょうか?

 

と言うのも、「美味しくてお腹に溜まって満足感があるのに糖質が少なくて太りにくい」というのが人気の理由。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

ファミチキの食べ過ぎは太る?痩せた人の食べ方は?ダイエット方法も紹介

 

②:そのまま食べる

 

チータラは、トッピングなどせずそのまま食べるようにしましょう。

マヨネーズやケチャップ、ソースなどを付けると、カロリーや糖質を無駄に摂取して太る原因になってしまいます。

 

トッピングやドレッシング、ソースなどでカロリーだけでなく、塩分が過剰になってしまうことも少なくありません。

チータラには十分な塩味が付いていますので、そのまま食べても美味しいですよ。

 

濃い味付けに慣れてしまうと癖になってしまいますし、塩分過多でむくみの原因になって体重が増えるケースもあります。

ダイエット中は体のむくみは大敵ですし、健康上もよくありません。

 

おつまみでチータラを食べるときはそのままの味を楽しむようにしましょう。

 

③:よく噛んで満腹感を味わう

 

チータラは食感が柔らかくて食べやすいため、次々と口に入れたくなりますよね。

しかしよく噛むことで、より魚やチーズの素材の旨味が楽しめるおつまみです。

 

たくさん噛むと脳の満腹中枢が刺激されて食欲も満たされます。

よく噛むことは消化にもよく、胃腸に負担もかけません。

 

お酒のおつまみやオヤツに食べるときは、少量ずつゆっくり食べて味わってみてください。

 

また、コンビニなどで売られている「氷結無糖レモン」なども気を付けなけれなりません。

ダイエット中に氷結無糖レモンを選んでいる人は、太りにくい飲み方を知っておくことをおすすめいたします。

 

詳しくは、以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

氷結無糖レモンは太る?体に悪い?ダイエット中の太らない飲み方を解説!

 

チータラ1本分のカロリーを消費するのに必要な運動や時間を解説!

チータラで太る原因やカロリーは?太りにくい食べ方も徹底解説!

 

ダイエット中にチータラを食べたら、1本分のカロリーを消費するのにどれぐらい運動が必要なのでしょうか?

実はたかがチータラ1本のように見えても、そこそこ運動が必要なんです。

 

チータラ1本(3g)のカロリーは約10kcal(糖質は約0.4g)となっています。

10kcalを消費するための運動量の目安は次のとおりです。

 

【体重50kgの人が10kcal消費するための運動量の目安】

  • 早歩きのウォーキング 2分39秒
  • 山登り 1分25秒
  • ゆっくりランニング 1分54秒
  • ゆっくり縄跳び 1分17秒
  • 水泳 1分8秒
  • 自転車 1分25秒
  • 腹筋 3分
  • スクワット 2分17秒
  • 踏み台昇降 2分17秒
  • 掃除機をかける 3分27秒
  • お風呂掃除 3分15秒

 

これはあくまでも一般的な目安で、実際の消費カロリーは個人差があります。

わずか10kcalでも運動や家事で消費しようとすると、意外とたくさん動かなければいけないことが分かりますね。

 

1日に食べて良いチータラの目安を50gでおすすめしましたが、50gの場合はカロリーが約150~175kacalです。

つまり、単純に計算して上記の運動量の約15倍の運動をしないと消費できません。

 

チータラ50gのカロリーを消費するためには、ランニングなら約30分、水泳なら約15分の運動量が必要です。

ランニング30分や水泳15分は、慣れていないと結構辛いですよね。

 

やはりダイエット中はチータラの食べ過ぎには十分注意する必要があります。

食べ過ぎに注意して、こまめに体を動かすことも必要です。

 

できれば、ウォーキングなど軽めの運動を取り入れるのをオススメいたします。

 

手軽に始められて痩せると言われていますが、具体的に痩せ始める時期はいつからなのか、気になりますよね。

詳しくは以下の記事でもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

 

ウォーキングで痩せ始める時期は? 1時間毎日ウォーキングした結果は痩せた?

 

まとめ

チータラで太る原因やカロリーは?太りにくい食べ方も徹底解説!

 

ダイエット中にチータラを食べて太ってしまう原因や、太りにくい食べ方についてご紹介しました。

チータラで太る原因は、単純に「食べ過ぎ」であることが主な原因であることが分かりましたね。

 

今回の内容のポイントをまとめると次のとおりです。

チータラはカロリーも糖質も低めのヘルシーなおつまみなので、ダイエット中もおすすめですよ。

 

  • チータラで太るのは「食べ過ぎ」が主な原因
  • チータラ1本(3g)のカロリーは約10kcal、糖質は約0.4g
  • 他のおつまみと比較しても比較的カロリーも糖質も低めである
  • チータラは塩分と脂質が少し多いがたんぱく質も豊富
  • 1日の摂取量の目安は約50g
  • ダイエット中は何も付けずにそのままよく噛んで満腹感を得ることが大切

 

チータラは食べ過ぎると太ってしまいますが、よく噛んで味わえば満足度もアップ。

1日に食べる目安を50g以内にして、食べた分を運動などで消費すればダイエット中でも安心して楽しむことができます。

 

好きなチータラのおつまみで適度に息抜きをしながら、ダイエットを成功させてくださいね。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。