キャッツアイの本物の見分け方とは?品質の見分け方もご紹介!

キャッツアイの本物の見分け方とは?品質の見分け方もご紹介!

 

「キャッツアイの本物の見分け方があるって聞いたけど、どんな方法なのかな? 」

 

猫の瞳を思わせる外観が特徴的な「キャッツアイ」。

キャッツアイ宝石はその人気と希少性ゆえに偽物が混ざっていることもあるので、本物の見分け方があればぜひ知りたいですよね。

 

  • そもそもキャッツアイとは?
  • キャッツアイの本物と偽物の見分け方は?
  • キャッツアイ宝石の品質の見分け方は?

など、キャッツアイ宝石を購入する前に知っておきたいことも多いはず。

 

そういうわけで今回は、キャッツアイの特徴を交えながら、『キャッツアイの本物と偽物の見分け方』を解説します。

キャッツアイ宝石の品質の見分け方も紹介します。

 

キャッツアイの本物と偽物の見分け方!素人目には難しい?

キャッツアイの本物と偽物の見分け方!素人目には難しい?

 

キャッツアイは本物のほかにガラス製の偽物も出回っているといわれています。

購入したキャッツアイ宝石が偽物だったらショックですが、素人目には偽物を見分けるのが難しそうですよね。

 

ですが、もし本物かどうか確かめる方法があるならぜひ知りたいところ。

というわけでここでは、キャッツアイの特徴を説明しつつ、本物と偽物の見分け方を解説していきます。

 

キャッツアイとは?石の名前ではなく宝石特有の効果!

 

キャッツアイを特定の石の名前だと思っている人も多いでしょう。

ですが、キャッツアイとは本来、一部の鉱物で確認されている宝石特有の効果を示す言葉です。

 

宝石内部には、管や繊維のような形状をした微細な構造物が含まれています。

こちらの構造物が密集して平行に並んでいる場合、うまく研磨・カットすると表面に光のすじが現れるんです。

 

この現象を「変彩効果(シャトヤンシー効果)」または「キャッツアイ効果」といいます。

光のすじが表面にあると猫の瞳のように見えることから、シャトヤンシー効果が見られる宝石をキャッツアイと呼んでいるんですね。

 

つまり、キャッツアイは石の種類でなく、シャトヤンシー効果に由来する用語なんです。

なので、シャトヤンシー効果が出ている宝石であれば、石の種類にかかわらずキャッツアイ宝石といえます。

 

ちなみに、シャトヤンシー効果によって光のすじが見られる宝石は50種類以上にも及ぶといわれています。

たとえば、以下のものはシャトヤンシー効果が見られる代表的な宝石です。

 

  • クリソベリル
  • トルマリン
  • アパタイト
  • ベリル

 

これらを一概に「キャッツアイ宝石」としてしまうと、区別がつかなくなってしまいます。

そこで、これらのキャッツアイ宝石を呼び分けるときは、「宝石名+キャッツアイ」という名称を用いるルールになっています。

 

たとえば、クリソベリルのキャッツアイ宝石なら「クリソベリル・キャッツアイ」です。

 

本物はクリソベリル・キャッツアイのみ!

 

キャッツアイの由来を考えると、シャトヤンシー効果によって光のすじが現れている宝石はすべてキャッツアイ宝石といえるはず。

ただし、通常はキャッツアイといえばクリソベリル・キャッツアイを指します。

 

そのため本物と呼べるのはクリソベリル・キャッツアイだけなので、こちらを選んで購入する必要があるんですね。

ですが、天然のクリソベリル・キャッツアイは非常に珍しい宝石のため、偽物も多いです。

 

一般的にキャッツアイとして出回っているものの多くは人工合成品だったり、外観が似ている別の宝石だったりします。

ひどい場合は宝石ですらなく、プラスチック製やガラス製の偽物まであるという噂も。

 

見た目を気に入って買った高額なキャッツアイがもしまったくの偽物だったら、とんでもないショックを受けますよね。

ちなみに、本物のクリソベリル・キャッツアイは非常に高価です。

 

高品質なものであれば1カラットで40,000円ほど、傷があったり色味が良くなかったりする場合でも1カラット7,000円ほどが相場といわれています。

なので、あまりに安すぎる場合は要注意。

 

クリソベリル・キャッツアイの購入時は相場と比較し、異常なほど低価格なものは偽物である可能性を考慮しておくべきでしょう。

 

素人目には難しい?偽物の断面には蜂の巣模様が見られる!

 

キャッツアイは偽物が多く流通しているといわれても、素人目には見分けるのが難しいのではないかと思いますよね。

ですが、ガラス製の偽物では蜂の巣模様が見られるという大きな特徴があります。

 

なので、こちらを重点的にチェックすることで、偽物に騙されるリスクを減らせるんですね。

ガラス製の偽物は、光ファイバーを平行に並べたような構造になっていることが多いです。

 

そして、シャトヤンシー効果による光のすじは、こちらの光ファイバーの向きに対して垂直方向に現れるという特徴があります。

なので、側面からのぞくと、蜂の巣状になっている光ファイバーの断面が見えるんですね。

 

したがって、キャッツアイの側面を観察して蜂の巣模様が見えるかどうかを確認すれば、偽物に引っかかりにくくなるんです。

この蜂の巣模様は肉眼で見えることもあります。

 

ただカボションカットで仕上げられていると見えにくい場合もあるので、可能であれば拡大器具を使うと便利でしょう。

以下でガラス製の偽物の見分け方の例を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

  1. 調べたい石に出ているキャッツアイを確認する
  2. 光のすじに対して側面にあたるところを上側に持ってくる
  3. ガラス製の偽物の場合、ある角度でキャッツアイの一部が透け、石の向こう側が見えるようになる
  4. その箇所を肉眼もしくは拡大して観察すると、蜂の巣模様が見える

 

上記の通り、ガラス製の偽物はある角度で石の向こうが透けて見える点が特徴的です。

蜂の巣模様を確認できない場合は、こちらの現象をもとにして簡単な偽物チェックを行ってみてください。

 

キャッツアイ宝石の品質の見分け方!効果・色・形の良い悪しとは?

キャッツアイ宝石の品質の見分け方!効果・色・形の良い悪しとは?

 

キャッツアイ宝石の品質は色や形を含む石の状態にもとづいて決まります。

キャッツアイ宝石の価値は品質によって大きく左右されるので、購入するときは少しでも高品質なものを選びたいですよね。

 

なのでもし品質の見分け方があるなら、なんとしてでも知りたいはず。

というわけでここからは、シャトヤンシー効果・色・形の3つの観点における品質の良し悪しを説明し、見分け方について解説していきます。

 

シャトヤンシー効果がくっき見えるほど価値が高い!

 

キャットアイ宝石は、シャトヤンシー効果がくっきり見えるほど価値が高いとされています。

なので、購入時はシャトヤンシー効果の現れ方に注目して選ぶと良いでしょう。

 

高品質なキャットアイ宝石は、宝石表面に現れるシャトヤンシー効果に以下のような特徴があるといわれています。

 

  • 光のすじが鮮明かつシャープである
  • 宝石表面の中央に光のすじが出ている

 

したがって、光のすじがくっきりと見えていなかったり、左右どちらかに偏っていたりしているものは低品質と判断できるでしょう。

キャッツアイの光のすじの現れ方は、宝石のカットの出来にも大きく左右されます。

 

なので、たとえ本物のクリソベリル・キャッツアイでも、低品質なものは光のすじがぼやけたり波打ったりする場合があるんですね。

つまり、シャトヤンシー効果が鮮明かつシャープなものは高品質である可能性が高いです。

 

このように、シャトヤンシー効果に注目してキャッツアイ宝石を選ぶと、低品質品をつかまされるリスクが減るでしょう。

 

キャッツアイの色はハニーミルクカラーが理想的!

 

キャッツアイは、ハニーミルクカラーと呼ばれる色のものが理想的です。

ハニーミルクカラーのキャッツアイは世界的にも人気なので、宝石としての価値が非常に高いんですね。

 

キャッツアイは以下のようにさまざまな色のものがあります。

 

  • ハニーミルクカラー
  • ハニーカラー
  • クリーム色
  • レモンイエロー
  • アップルグリーン
  • 黄金色
  • セピア色

 

大きく分けて、蜂蜜に近い色味の「ハニーカラー」を含む黄色系、「アップルグリーン」のような緑系の色が存在します。

上記の中でもとくに人気なのが、「ハニーミルクカラー」のキャッツアイです。

 

こちらのキャッツアイは蜂蜜色の石の表面にシャトヤンシー効果が現れており、蜂蜜の中にミルクが浮かんでいるように見えます。

ハニーミルクカラーと比べて色が暗すぎたり薄かったりすると、価値が下がりやすいです。

 

黒っぽいものや淡い色のものは避け、蜂蜜のように鮮やかな色をしたハニーミルクカラーのキャッツアイを購入しましょう。

 

キャッツアイはカボションカットのみ!整った丸みが重要

 

キャッツアイは通常カボションカットのみです。

そのため、キャッツアイの形をよく見て、カボションカットの特徴として挙げられる整った丸みがあるかチェックしましょう。

 

カボションカットとは宝石のカット方法の一つです。

具体的には宝石の角をカットして取り除き、表面に丸みがつくように磨き上げる手法のことを指します。

 

カボションカットを使って仕上げる宝石としては以下のようなものが代表的です。

 

  • キャッツアイ
  • スタールビー
  • ムーンストーン

 

キャッツアイのシャトヤンシー効果は、宝石内部の微細構造に光が当たって生じるもの。

なので、カットが不正確で理想的な光の当たり方をしていないと、シャトヤンシー効果の光のすじがくっきり出ないんですね。

 

つまり、きちんとカボションカットが施されていないキャッツアイは低品質といえます。

キャッツアイの購入時には、カボションカットによって整った丸みを帯びていることを確かめておきましょう。

 

まとめ

キャッツアイの本物の見分け方とは?品質の見分け方もご紹介!

 

今回はキャッツアイの特徴を紹介しつつ、本物と偽物の見分け方を解説しました。

猫の瞳のような外観をしており人気がある「キャッツアイ」。

 

ガラス製の偽物や見た目が似ている別の宝石がキャッツアイとして出回ることもありますが、本物はクリソベリル・キャッツアイのみです。

なのでキャッツアイの購入時は、可能な限り本物かどうか確かめておくと安全です。

 

今回は本物と偽物の見分け方のほかに、クリソベリル・キャッツアイの品質を見分けるポイントも紹介しました。

こちらを参考にして、ぜひ本物かつ高品質なキャッツアイを手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です