杏仁豆腐の食べ過ぎは体に悪い?ほんまでっかでも放送!致死量に注意?

杏仁豆腐を食べ過ぎると体に悪い?成分や食べていい量は?効果は?

 

「杏仁豆腐を食べ過ぎると体に悪いって聞いたけど本当なの?成分は何が入ってる?」

 

甘くてツルンとしたのど越しの杏仁豆腐は食べやすくて美味しいですね。

しかし、「杏仁豆腐を食べ過ぎると体に悪い体に悪い」「食べると良くない」などの口コミが目立つようになりました。

 

  • 杏仁豆腐を食べ過ぎると体に悪いって本当?
  • 杏仁豆腐の成分を詳しく知りたい!
  • 杏仁豆腐の食べていい量はどのくらい?
  • 杏仁豆腐を食べるメリットや効果ってある?

 

など、杏仁豆腐についていろいろなことが知りたいのではないでしょうか?

そこで、今回は杏仁豆腐を食べ過ぎると体に悪いのかをご紹介していきます!

 

杏仁豆腐を食べ過ぎると体に悪いと言われるのは、テレビ番組がきっかけのようです。

杏仁豆腐の成分や食べていい量は?効果は?と気になることも解説します。

 

杏仁豆腐の食べ過ぎは体に悪いのか、杏仁豆腐を食べても大丈夫なのか知りたい方はぜひチェックしてみてください。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

杏仁豆腐の食べ過ぎは体に悪い?ほんまでっかでも放送された!

杏仁豆腐を食べ過ぎると体に悪い?成分や食べていい量は?効果は?

 

「杏仁豆腐の食べ過ぎは体に悪い?中毒になる?」と言われるのは、中毒症状を引き起こす成分が入っているためです。

その成分とは、あんずの種の核に含まれる「アミグダリン」。

 

SNSなどのネット上で杏仁豆腐の危険性が広まったのはあるテレビ番組の放送がきっかけだと言われています。

まずはその放送の内容や杏仁豆腐の原材料・成分などを確認していきましょう。

 

杏仁豆腐の食べ過ぎの危険性が「ほんまでっか」で放送?危険性とは?

 

杏仁豆腐の危険性を指摘したテレビ番組とは、フジテレビ系列の大人気番組「ほんまでっか」の2017年2月22日の放送です。

杏仁豆腐の材料「あんずの種の中にある核」を食べ過ぎると加水分解されて青酸が出るため体に悪い、という内容でした。

 

解説をしたのは、生物学評論家の池田晴彦さんです。

杏仁豆腐はあんずの種の中にある核を粉にし、水に溶いて濾した液に牛乳や寒天、砂糖などを入れて作ります。

 

調べてみると、あんずの種の中にある核には「アミグダリン」という青酸物が含まれているのです。

アミグダリンを大量に摂取すると吐き気、頭痛、めまい、低血圧、肝障害、発熱などさまざまな症状を引き起こす恐れがあります。

(引用:ほんまでっかTVまとめ

 

アミグダリンはバラ科の植物の種に含まれているものです。

そのため、あんずの種だけでなく梅、桃、リンゴ、びわ、サクランボなどの種にも入っています。

 

美味しい杏仁豆腐ですが、青酸物などと聞くととても怖くなってしまいますね。

とはいえ実際に杏仁豆腐を食べて、具合が悪くなった経験はないという方がほとんどだと思います。

 

杏仁豆腐が体に安全な摂取量の目安は?5〜6個は全く体に問題ない?

 

実は杏仁豆腐にはそれほどたくさんのアミグダリンが入っているわけではありません。

杏仁豆腐5~6個ならまったく問題ないほどの摂取量なので、安心して食べて大丈夫です。

 

アミグダリンは確かに大量に摂取するのは体に良くないことが分かりましたが、杏仁豆腐は危険ではありません。

杏仁豆腐がいくら好きでも何十個と食べることはないと思いますので、健康への被害はあまり考えなくても良いですね。

 

ただし杏仁豆腐は砂糖なども入っているため、ダイエット中の女性などはカロリーや糖質の摂取量には気を付けましょう。

杏仁豆腐は小さなプリン1個分ぐらいの量でカロリーはおよそ180kcal、糖質は30g以上もあります。

 

アミグダリンの危険性は無いとしてもたくさん食べると確実に太ってしまいますので注意が必要です。

 

杏仁豆腐は体に悪いは嘘!効能は悪玉コレステロールを減らしてくれる

杏仁豆腐を食べ過ぎると体に悪い?成分や食べていい量は?効果は?

 

杏仁豆腐が体に悪いというのは異常な数を食べてしまう場合のみです。

杏仁豆腐は体に悪いはデマといっていいでしょう。

 

杏仁豆腐は普通にデザートやオヤツとして食べるなら体に悪いということはありません。

むしろ杏仁豆腐には体に良い効果がいろいろあることも分かっています。

 

杏仁豆腐の健康へのメリットや効果について確認していきましょう。

 

杏仁豆腐は薬膳料理だった?肺や腸の機能を潤す効果や咳止めも?

 

杏仁豆腐は中国で古くから親しまれてきたスイーツです。

杏仁豆腐の材料に使われている杏仁(きょうにん)とは「あんずの種」を指します。

 

杏仁は肺や腸の機能を潤す効果や咳止め、喘息、便秘などにも効果がある漢方薬として使われていました。

漢方薬の成分に「杏仁」と書いてあるのを見た経験がある方もいるのではないでしょうか。

 

漢方薬は体の本来持っている機能を高めてさまざまな健康効果を促すものでありですよね、

適量を摂取することでたくさんのメリットが得られるのです。

 

しかし漢方薬のあんずの種「杏仁」には強い苦みがあります。

そこで、食べやすくするために砂糖などの甘味や牛乳を加えて食べられるようになりました。

 

これが現在の杏仁豆腐の始まりだったと言われています。

なめらかな舌触りでほんのり甘い杏仁豆腐は、美味しくて体に良い効果があるデザートです。

 

そのため、杏仁豆腐は身分の高い皇帝などにも気に入られ、宴会料理の満漢全席の定番メニューにも選ばれています。

日本でも室町時代には杏仁豆腐が伝わっていたという記録が残っていますので、長い歴史を持つデザートなのです。

 

現在では杏仁豆腐にフルーツなどを添えて食べるのも一般的ですし、自宅で杏仁豆腐を手作りして楽しんでいる人もいます。

またスーパーや通販サイトではさまざまな食品会社の杏仁豆腐を購入することも可能です。

 

あんずの種には不飽和脂肪酸「オレイン酸」という成分も含まれています。

オレイン酸は酸化しにくいという特徴ああり、悪玉コレステロールを減らす作用があると考えられています。

 

悪玉コレステロールを減らすのは、結果として動脈硬化などの怖い病気の予防につながるのです。

これは杏仁豆腐の健康効果のメリットと言えますね。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

杏仁豆腐を漢方薬として使う際の注意点は?使用量で中毒の危険あり?

 

杏仁豆腐を漢方の効果を得る目的で食べたいという場合は注意点があります。

大量に食べたからと言って、漢方の効果を得られるわけではありません。

 

先ほども解説した通り、杏仁豆腐はあんずの種を使用しているため、アミグダリンという青酸物が含まれています。

アミグダリンは食べ過ぎなければ問題ありませんが大量に食べると中毒症状を引き起こす恐れがあります。

 

主な症状は、嘔吐、頭痛、めまい、低血圧、肝障害、発熱、過呼吸、頻脈などです。

しかしアミグダリンを摂取して中毒を起こしても、軽い症状で治まるケースですんでいます。

 

致死量を超えるまで摂取したというケースはほとんど報告されていません。

例えばスイーツビュッフェなどで杏仁豆腐をたくさん食べたとしても、重症になるような心配はほぼないでしょう。

 

アミグダリンの中毒症状よりも気を付けたのは、杏仁豆腐のカロリーや糖質の方ですね。

口当たりがよく、さっぱりしているので低カロリーの印象があるかもしれません。

 

実は、杏仁豆腐は他のスイーツと同様にカロリーや糖質が多いのです。

体重増加などのデメリットを考えても、1日の摂取カロリーを大幅に超えるほど大量に食べるのはおすすめできません。

 

漢方薬として使いたい場合も、中毒症状とカロリーには十分注意しなければいけませんね。

 

杏仁豆腐のクコの実は体に悪いの?美容の効能あり?目安摂取量は?

杏仁豆腐を食べ過ぎると体に悪い?成分や食べていい量は?効果は?

 

ここまでは杏仁豆腐の材料であるあんずの種の危険性などをチェックしてきました。

杏仁豆腐の上にのっている赤いクコの実も「体に悪いのではないか」と言われていますね。

 

杏仁豆腐のクコの実は体に悪いのでしょうか?

クコの実自体が体に悪いのではなく、「食べ過ぎ」がよくないのです。

 

クコの実はビタミンやポリフェノール、アミノ酸などを含み、美容食材や栄養食材として販売されています。

クコの実を食べると食後の血圧を下げる、肝硬変を予防する、髪や爪の再生を促して美容効果を高めると言われているのです。

 

さらに、口内炎や肌荒れの症状を良くするなど美容と健康に効果が期待できるため、スーパー栄養食材とも呼ばれています。

しかし体によいとしてもクコの実の食べ過ぎは禁物です。

 

食べ過ぎると下痢や腹痛、低血圧などの原因になってしまいます。

クコの実を美容や健康に良いおやつとして毎日ポリポリ大量に食べるはやめましょう。

 

1日の摂取目安量は約20g程度で、これはおよそクコの実10粒に相当します。

杏仁豆腐1つにつきクコの実は1粒か2粒ほどのトッピングですよね。

 

そう考えると、杏仁豆腐5個ぐらいまでなら安心して食べて大丈夫でしょう。

クコの実も大量に食べ過ぎるのは体に良くありません。

 

杏仁豆腐はやはり適量を美味しく食べるのが一番ですね。

 

まとめ

杏仁豆腐の食べ過ぎは体に悪い?ほんまでっかでも放送!致死量に注意?

 

杏仁豆腐の食べ過ぎは体に悪いのか、食べていい量、効果などを解説しました。

杏仁豆腐の成分である、「杏仁(きょうにん)」にアミグダリンという青酸物が含まれるとわかりましたね。

 

しかし杏仁は漢方薬であり、メリットがたくさんあある成分です。

杏仁はたしかに食べ過ぎると中毒症状を起こしますが、杏仁豆腐を5個程度食べても問題ありません。

 

杏仁豆腐のトッピング、クコの実も美容と健康に優れた食材ですが、食べ過ぎないようにしましょう。

解説した中で特に重要なポイントは次の5点です。

 

  • 杏仁豆腐には「アミグダリン」という青酸物が含まれている
  • 食べ過ぎると嘔吐、頭痛、めまいなどの中毒症状が出る恐れがある
  • 杏仁豆腐5~6個であれば体への影響はない
  • クコの実も食べ過ぎると下痢や腹痛の原因になる
  • クコの実の1日の摂取目安量は約10粒ほど

 

杏仁豆腐やクコの実はどちらもそれぞれ体に良いメリットがあります。

大量に食べると健康にデメリットになってしまう恐れがあるのです。

 

たくさん食べたい時でも1日に5~6個までにして適度な量を楽しむようにしましょう。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。