ハンターハンターの完結は絶望的?10週分のネームはあるって本当?

ハンターハンターの完結は絶望的?10週分のネームはあるって本当?

 

「ハンターハンターの最終回が気になるけど、完結が絶望的って本当かな? 」

 

超能力バトル作品として人気の高い『ハンターハンター(HUNTER×HUNTER)』。

ですが、長期間連載が再開していないので、完結が絶望的といわれているのはご存知でしょうか。

 

  • ハンターハンターの完結は絶望的なのか?
  • ハンターハンターの最終回はいつなのか?
  • ハンターハンターの完結が絶望的な理由とは?

など、ハンターハンターの完結が絶望的という噂について知りたいことは多いはず。

 

そういうわけで今回は、『ハンターハンターの完結は絶望的なのか』『ハンターハンターの最終回はいつなのか』について説明します。

ハンターハンターの完結がなぜ絶望的といわれているのかも解説します。

 

ハンターハンターの完結は絶望的なの?10週分のネームはいつ載る?

https://twitter.com/a_oT8Hy7/status/1478341545195872260

 

魅力的なキャラや心躍る能力バトルで人気を集めているハンターハンター。

しかし、ハンターハンターは長い間続刊が発行されておらず、完結が絶望的なのではないかといわれています。

 

次の展開が気になるファンとしては、いつ完結するのか気になるところ。

そういうわけでここでは、ハンターハンターの最新刊までのあらすじを紹介しつつ、最終回がいつなのかについて解説します。

 

ハンターハンターの最新刊までのあらすじをチェック!

 

ハンターハンターは、「念」と呼ばれる特殊能力で戦うバトル漫画です。

週刊少年ジャンプにて1998年から連載されている人気作品で、2022年1月3日現在の最新刊は36巻となっています。

 

主人公のゴンはくじら島で自然に囲まれて育った心の優しい少年です。

赤ん坊の頃に叔母・ミトに預けられたゴンは、プロハンターの父親・ジンに会うために自分もハンターを目指すようになります。

 

出会った人と友情を育みつつ、厳しい試験を突破してハンターとなったゴン。

クリアに莫大な懸賞金がかかったゲームに挑んだり、謎の危険生物と戦ったりと、仲間とともに大冒険を繰り広げます。

 

36巻にはゴンの仲間・クラピカを中心に話が進む「暗黒大陸」編が収録されています。

暗黒大陸に向かう船内で血みどろの王位継承権争いが行われており、クラピカが事態の収束に向けて奮闘するストーリーです。

 

ハンターハンター作者「10週分のネームはある」発言の真相は?

 

ハンターハンター作者の冨樫義博先生は、長期休載に入るときに「10週分のネームはある」という発言をしています。

この発言の真相ですが、残念ながら公式の追加情報がなく明らかになっていません。

 

10週分のネームができているとする作者発言があったのは、2018年52号の週刊少年ジャンプの作者コメント欄です。

ですが、そこから数年がたった2022年1月3日現在、いまだに休載が続いています。

 

すなわち、作者発言の真相は明かされていないため、ファンの間では次のようにさまざまな憶測が飛び交っている状況です。

 

  • 「本当に作っていたが全部ボツになった」
  • 「実際は完成していなかったが、ひとまず出来ていると発言した」
  • 「ネームは完成していたものの、体調不良など別の要因で再開できていない」

 

ハンターハンターの最終回はいつ?予想は暗黒大陸編?

 

読者が待ち望むハンターハンターの最終回は、一体いつになるのでしょうか。

ハンターハンターファンの予想で主流となっているのは、暗黒大陸編で最終回を迎えるとする説です。

 

なぜなら、暗黒大陸はこれまでの脅威を遥かに超える危険な土地だから。

暗黒大陸とは強制的に不死になる病のゾバエ病をはじめ、「五大厄災」と呼ばれる恐ろしいものが眠る未開の地です。

 

これまでの調査はことごとく失敗しており、周辺国で不可侵条約が締結されるほど。

なので、最も危険な場所である暗黒大陸に到達するなら、そこでゴンやその仲間が何かを達成して完結する可能性が高いと考える人も。

 

確かにほぼ誰も生還していない土地でもの凄いことを行えば、最終回にぴったりですね。

 

ハンターハンターの完結が絶望的な理由を調査!話しを広げすぎ?

 

ハンターハンターの完結が絶望的とする噂は、漫画好きであれば一度は耳にしたことがあるでしょう。

ですが、そもそもなぜそのようにいわれているのか気になりますよね。

 

実際に多くのハンターハンターファンもこの説を指示しているので、何か根拠となる物事が存在するはず。

というわけでここでは、ハンターハンターの完結が絶望的な理由の調査結果を公開します。

 

ハンターハンターの完結が絶望的な理由!話を展開しすぎたから?

 

ハンターハンターの完結が絶望的な理由としては、暗黒大陸編の話を展開しすぎた点を挙げる人が多いです。

暗黒大陸編は未開の大陸へ乗り込むというスケールが大きいエピソード。

 

そのため、暗黒大陸の到着までのひと悶着や到着後の冒険まで、さまざまなストーリーを作らなければなりません。

また、暗黒大陸の設定も隅々まで考える必要があるでしょう。

 

暗黒大陸編が壮大なストーリーになりすぎていて、話をたたむには過去のエピソードと同じかそれ以上の話数がかかるはず。

つまり話を綺麗にまとめるのが難しいため、完結しないのではないかと考えられています。

 

主人公ゴンの目標が達成されたから書く気がなくなった?

 

ハンターハンターの完結が絶望的という噂において、主人公ゴンの目標が達成されたから作者の書く気がなくなったとする説も。

ハンターハンターはゴンが父親・ジンを見つけるためにハンターになる物語です。

 

ただ、暗黒大陸編の直前に連載されていた会長選挙編にて、ゴンはジンに会うという最大の目標を達成してしまいました。

瀕死状態から奇跡的に回復し、父親との感動的な再会を果たしたゴン。

 

未回収の伏線が残っていたものの、会長選挙編は完結にふさわしいエピソードとなっており、最終回と考えていたファンも多いです。

ですが、暗黒大陸編が連載開始し、現在はどう転ぶのか全く分からない状況になりました。

 

一度は続きを書こうとしたものの、ゴンの目標がなくなり、今後の展開が決まらないのが完結しない原因と推測されています。

 

ハンターハンターは伏線を張りすぎて回収しきれない噂

 

ハンターハンターの完結が絶望的といわれているのは、伏線を張りすぎて回収しきれないのも理由の一つです。

すべての伏線を回収するとなると話が長くなり、なかなか完結に至らないんですね。

 

伏線回収が難しくなっているため、作者もどう再開・完結させるべきか検討がついていない可能性があります。

たとえば、まだ回収されていない伏線で代表的なものは以下の通り。

 

  • ジャイロとは何者なのか?
  • 王位継承権争いはどうなるのか?
  • 幻影旅団とクラピカの最後は?
  • 幻影旅団とイルミの関係はどうなるのか?

 

細かい伏線を含めると、ハンターハンターで未解決となっている謎は数え切れないほどあります。

したがって、大幅にカットしない限り物語が膨大になるので、完結は絶望的でしょう。

 

ハンターハンターの休載がいつもより長い!完結する?ネットの声は?

 

ハンターハンターの連載は2022年1月3日現在休止中です。

ハンターハンターはこれまでにも何度か長期休載していますが、今回は2018年から休載しておりとくに期間が長いんですね。

 

完結するのか不安な人は、ほかのファンがどう感じているのか気になるはず。

そういうわけでここでは、ハンターハンターの休載にかかわるネットの声を紹介していきます。

 

ハンターハンターの編集が言っていた神回はいつ?という声

 

休載が長期間続いたことで、「ハンターハンターの編集が言っていた神回はいつ? 」という声が多く見られました。

こちらは過去に放送された特集番組での担当編集者の発言がもとになっています。

 

NHKの『のぞき見ドキュメント 100カメ』にて、ジャンプ編集部に定点カメラを100台設置するという企画がありました。

そこで映ったハンターハンター担当編集者が、前述の「神回」発言をしたんですね。

 

編集者に「原稿もらって泣きそうになった」とまで言わしめたその神回ですが、結局どの回なのかは公表されていません。

神回発言の時期と内容から、カチョウとフウゲツのエピソードを推すファンが多いです。

 

ただ、休載前に10週分のネームを作ったという作者発言もあるので、まだ連載されていないエピソードの可能性も残っています。

真相は作者と編集者にしかわからないので、公式からの続報を待つしかありません。

 

ハンターハンターの休載が長すぎて能力を忘れたという声

 

ハンターハンターの連載再開を待つ人からは、以下のように「休載が長すぎて能力を忘れた」という声も多数ありました。

 

  • 「難解な能力を頑張って覚えたのに忘れてしまった」
  • 「能力もだけど、誰がいたかすら忘れた」

 

ハンターハンターに出てくる念能力は、発動条件や効果が複雑なものが多いです。

なので、能力が複雑であればあるほど、長期休載中にどんな能力だったか忘れてしまうんですね。

 

また、能力に加えて登場人物についての記憶もあやふやになってしまったという声も。

ハンターハンターの最新エピソードである暗黒大陸編では、大陸に向かう船内で熾烈な王位継承権争いが行われています。

 

なので、王族や護衛のハンターが大量に登場するんですね。

しばらく休載が続いていると、久しぶりに読んだときに誰が誰だかわからなくなるのも納得です。

 

まとめ

 

今回はハンターハンターの完結は絶望的なのか、そして最終回はいつなのかについて解説しました。

ハンターハンターは長期休載中ながら、いまだに根強い人気を誇るバトル作品。

 

ただ、話が膨らみすぎていること、主人公・ゴンの目的が達成されていることなどから、完結は絶望的といわれているんです。

2018年から休載しているため、このまま何も動きがなければ連載再開も危ぶまれます。

 

今回はハンターハンターの完結が絶望的な理由を調査し、なぜ再開されないのかについて考察しました。

どうして連載が止まっているのか詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です