約束のネバーランドが怖い?怖い理由と面白い魅力を徹底解説!

約束のネバーランドが怖い?怖い理由と面白い魅力を徹底解説!

 

「約束のネバーランドが怖いって聞いたけど本当なのかな? 怖い理由も知りたい」

 

子供たちによる鬼からの決死の逃走劇を描いた作品『約束のネバーランド』。

実写版映画が作られるほど面白い魅力的な作品ですが怖いという噂もあるので、はじめて読む人は手に取りづらいですよね。

 

  • 約束のネバーランドのあらすじやネタバレは?
  • 約束のネバーランドが怖いといわれる理由は?
  • 約束のネバーランドの面白い魅力とは?

など、約束のネバーランドについて知りたいことも多いはず。

 

そういうわけで今回は、『約束のネバーランドが怖いといわれる理由』や『約束のネバーランドの面白い魅力』を解説していきます。

また、約束のネバーランドのあらすじやネタバレも紹介します。

 

約束のネバーランドが怖いといわれるシーンや原因は?魅力も徹底解説!

 

週刊少年ジャンプで連載されていた大人気作品・約束のネバーランド。

ですが、恐ろしいシーンや設定が存在するのが原因で、怖い作品だといわれてしまっているんですね。

 

ただ、映画化までされているのだから、作品の魅力もたくさんあるはず。

そういうわけでここでは、約束のネバーランドが怖いといわれるシーンや原因を紹介しつつ、魅力も徹底解説していきます。

 

怖いといわれる約束のネバーランドのあらすじやネタバレを紹介!

 

怖いといわれる約束のネバーランドのあらすじをネタバレありで紹介すると、子供たちが鬼から逃げるというもの。

約束のネバーランドの主人公は、明るく元気な少女・エマ。

 

エマは孤児院「グレイスフィールド=ハウス(GFハウス)」で、世話役のシスターや一緒に育った仲間と楽しく暮らしていました。

GFハウスには、敷地から出てはいけないという奇妙なルールがあります。

 

ですが、里親の元へ旅立つ仲間・コニーにぬいぐるみを届けようとして、エマは軽い気持ちでルールを破ってしまうのです。

そこで目にしたのは、なんとコニーが無残に殺されて入れ物に詰められる様子でした。

 

実はエマが暮らすGFハウスという孤児院は、鬼が食べるための子供「食用児」を育てる飼育施設だったのです。

恐ろしい現実を知ったエマは孤児院の仲間とともに、鬼からの逃走を試みます。

 

約束のネバーランドの怖いシーンは?子供が食べられるのがグロイ?

 

約束のネバーランドには読者が怖いと感じるシーンが複数存在します。

その中でも、子供が鬼に食べられるシーンがとくにグロイ・怖いといわれることが多いんですね。

 

約束のネバーランドは命がけの逃走劇がテーマのため、残酷な描写が登場しがちです。

たとえば、最初の犠牲者・コニーの死亡シーンは、胸に植物が刺さった状態の死体が入れ物に詰められるというもの。

 

直前まで元気に生きている様子が描かれていたこともあり、非常に怖いシーンです。

 

約束のネバーランドは設定がそもそも怖い?ストーリーが暗すぎる

 

約束のネバーランドは設定がそもそも怖いといわれています。

たとえば、鬼が食用の人間を育てているという点や、優しい世話役のシスターが実は鬼側の人間だった点などが代表的です。

 

なので、はじめて明かされる設定を聞くと、ゾッとすることも珍しくありません。

また、約束のネバーランドの主人公一行は、人間を食べる鬼から逃げたり食用児の飼育場から脱走したりするのが目的です。

 

だから、ストーリーに救いがなく、暗すぎて怖いといわれやすいんですね。

 

約束のネバーランドはママが怖い?人間を管理する欲が溢れている?

 

約束のネバーランドは世話役であるイザベラ、通称「ママ」が怖いとする声も。

なぜなら、ママは顔色一つ変えずに同じ人間である食用児たちを育てたうえ、鬼に献上しているから。

 

一見愛情たっぷりに育てているように見えるため、狂気を感じますよね。

また物語が進んだ後に明かされますが、各孤児院のママとして選ばれるのは、基礎能力が非常に高い人間だけなんです。

 

なので、ママが子供を育てるのは、人間を管理する欲が溢れているからだと考える人も。

ママが同じ人間を食料として鬼に渡している姿に恐怖を覚え、約束のネバーランドを怖いと評する声もあるんですね。

 

約束のネバーランドは怖いけど伏線が多くて面白い?

 

約束のネバーランドは怖いけど伏線が多くて面白いと評判の作品です。

約束のネバーランドでは物語が進むにつれて世界の謎が明らかになっていきますが、その伏線が作品内にちりばめられています。

 

ミステリー好きの読者にはたまらないですよね。

一見何気ない会話やアイテム等が後々の出来事とつながることもあるので、伏線を探したり意味を予想したりする楽しみがあります。

 

読み返すたびに発見があるので、ぜひ何回も読んで伏線を確認してみてくださいね。

 

約束のネバーランドは怖いけど作画がきれいで見ごたえがある?

 

約束のネバーランドに対しては、「怖いけど作画がきれいで見ごたえがある」と感じている人が多いです。

約束のネバーランドは原作と作画で担当が分かれています。

 

すなわち、原作者・白井カイウと作画担当・いずみポスカがタッグを組み、面白さと美しい作画を実現しているんです。

いずみポスカは描き込みが細かいリアルタッチのイラストを得意としています。

 

メモをはじめちょっとしたアイテムも尋常でないこだわりを持って仕上げていて、相方の白井カイウも舌を巻くほど。

いずみポスカの高い画力により、ストーリーの緊張感・恐怖感が表現されているんですね。

 

約束のネバーランドの特徴的な登場人物と怖い設定を紹介!

 

約束のネバーランドには、特徴的な登場人物がたくさん出てきます。

また、それぞれの登場人物には怖い設定が隠されていることも多いため、一癖も二癖もあるキャラに仕上がっているんです。

 

そう聞くと、一体どんな登場人物が出てくるのか気になりますよね。

というわけでここでは、約束のネバーランドの特徴的な登場人物、そしてその人物にまつわる怖い設定・疑惑を徹底解説していきます。

 

裏の顔が怖すぎるママ

 

約束のネバーランドのに出てくる子供たちの世話役・ママは、裏の顔が怖すぎることで知られています。

物語の冒頭では、子供たちに慕われている保護者として描かれるママ。

 

ですが、鬼側についている人間と判明してからは、子供たちの敵にふさわしい恐ろしい表情が描かれることが増えました。

なので、普段の優しさと時折見せる恐ろしさの差が怖いといわれているんですね。

 

たとえば、普段鬼の存在に気づいていないふりをしている主人公・エマに対し、ママがたびたび探りを入れてきます。

その瞬間には目を見開いた裏の顔を見せるので、脱出計画がバレたかと怖くなるでしょう。

 

実は鬼説が浮上しているエマ

 

約束のネバーランドの主人公・エマについて、実は鬼説がたびたび浮上しています。

なぜなら、エマのキャラ設定や言動に不審な点があるものの、鬼だとすると説明がつく場合が多いから。

 

たとえば、エマはGFハウスの孤児の中でも高い身体能力を持っている登場人物です。

孤児院内の鬼ごっこで圧勝する底なしの体力があったり、サバイバル生活や戦いで重傷を負っても動けたりと人間離れしています。

 

また、エマは一般人にはないような極端な思考を持っているキャラです。

孤児院からの脱走を成功させるためなら、親友のレイに骨折するように勧めたり自分の耳を切り落としたりします。

 

このように一般人との能力や思考のズレから、鬼ではないかと疑われているんです。

 

農園での生活で人格が変わったノーマン

 

主要キャラの一人であるノーマンは、賢くて温和な少年です。

ですが、エマたちと離れて送っていた農園での生活で人格が変わってしまい、再開後は厳しさや冷酷さが垣間見えるようになりました。

 

エマたちがGFハウスから逃げるとき、諸事情からノーマンは別行動をとります。

その結果「ラムダ農園」と呼ばれる食用児生産施設で過酷な日々を送ることになり、性格が歪んでしまったんですね。

 

変わり果てたノーマンの目的がなかなか見えず、得体の知れない恐怖を感じるでしょう。

 

ハウスの正体を見抜いていたレイ

 

レイは孤児の中で唯一、エマたちより早くGFハウスの正体を見抜いていた人物です。

レイは幼いころに鬼の存在やGFハウスが食用児生産施設であることを知りましたが、たった一人で秘密を抱え込んでいました。

 

誰にも真実を告げず、何年もかけてひそかにハウスからの脱出を試みていたんですね。

自分が食料として育てられていると知ったら、普通の人なら恐怖で何もできなくなったり、ほかの人に話したりしてしまうはず。

 

なので、レイの設定を知ると、「凄い」に加えて「怖い」という感情も湧いてきます。

 

実写版映画約束のネバーランドは怖いシーンがある?年齢制限がある?

実写版映画約束のネバーランドは高学年からがおすすめ

 

実写版映画約束のネバーランドは年齢制限がかけられていないため、何歳でも視聴できることになっています。

ですが、原作同様怖い要素もあるので、小学校高学年からにしておくのがおすすめです。

 

約束のネバーランドには鬼が人間を食べている世界が舞台なので、実写版映画にも死や食用児といったシリアスな要素が含まれます。

そして、バトル映画やヒーロー映画と違い、内容がわからないとあまり面白くありません。

 

これらのことから、残酷な世界観が受け入れられなかったり、ストーリーが理解できなかったりする人には向いていないんですね。

なので、小学校低学年以下の子供には見せないようにするのが無難です。

 

実写版映画約束のネバーランドの視聴者の声をチェック!

 

約束のネバーランドの原作漫画は大人気ですが、実写版映画の評価はどうなのか気になりますよね。

そこで今回は、実写版映画約束のネバーランドの視聴者の声を調査しました。

 

以下で調査結果を紹介するので、実写版映画を見るかどうか迷っている人はぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

 

■期待外れだった

 

原作ファンの中には、実写版映画が期待外れだったという厳しい評価を下す人も。

原作愛があり期待していたからこそ、個人的に配役が合っていない・演技が下手と感じると残念な気持ちになってしまうんですね。

 

また、主要キャラの年齢設定が変更されたことでギャップを感じる場合もるのでしょう。

 

■再現度が高い、面白い

 

酷評する声もある一方で、実写版映画約束のネバーランドは再現度が高く面白いという声がたくさんがありました。

とくに主要キャラであるノーマンやママは原作そのものだとファンから好評です。

 

ストーリーも基本的に原作と同じなので、実写版映画の映像や写真を見て違和感がなければ問題なく楽しめるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、約束のネバーランドが怖いといわれる理由、そして約束のネバーランドの面白い魅力を紹介しました。

約束のネバーランドは週刊少年ジャンプで連載されていた大人気作品。

 

鬼が子供を食べるといった設定やドキッとするシーンが原因で怖いといわれますが、作画やストーリーの面白さが魅力的です。

グロい描写が苦手でなければ、一度読んでみる価値はあるでしょう。

 

今回は原作漫画だけでなく、実写版映画約束のネバーランドに対する視聴者の声も紹介しました。

実写版映画を視聴するか迷っている人は、ぜひこちらも参考にしてみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です