キンミヤ焼酎など甲類焼酎は体に悪い?体にいい?原料や悪酔いするか解説

キンミヤ焼酎など甲類焼酎は体に悪い?体にいい?原料や悪酔いするか解説

 

「キンミヤ焼酎が好きで飲み続けているけど、体に悪いって本当?それとも、なにかいい効果が期待できるの?」

 

キンミヤ焼酎などの甲類焼酎が好きで毎日飲んでいるという人も、いるのではないでしょうか。

ですが、甲類焼酎が体に悪いという噂を聞くこともありますよね。

 

  • キンミヤ焼酎などの甲類焼酎は体に悪い?
  • キンミヤ焼酎は美味しいの?
  • キンミヤ焼酎は悪酔いする?

など、キンミヤ焼酎や甲類焼酎について気になることが多いです。

 

今回の記事では、キンミヤ焼酎などの甲類焼酎は体に悪いのか、原材料や糖質などを詳しくご紹介していきます。

甲類焼酎が体に悪いというのは、よく聞く話ですし不安になっている方も多いでしょう。

 

しかし、キンミヤ焼酎などの甲類焼酎は噂になるほど体に悪いものではありません。

キンミヤ焼酎の体にいい飲み方なども紹介していきますので、気になる人はぜひ最後までチェックしてみてください!

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

身体に良いのはもちろん、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ今のうちに取り組んでみてください!

 

【今だけ期間限定】人生を変える腸活!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

キンミヤ焼酎などの甲類焼酎は体に悪い?原料は?体にいいことも!

キンミヤ焼酎など甲類焼酎は体に悪い?体にいい?原料や悪酔いするか解説

 

甲類焼酎の中でも最高峰の品質だといわれている、キンミヤ焼酎。

好きで飲み続けているという人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、そんなキンミヤ焼酎が体に悪いという噂を耳にしたことはありませんか?

キンミヤ焼酎などの甲類焼酎が体に悪いのは本当なのか、原料などから調査していきます!

 

作り方の違いで甲類焼酎と乙類焼酎に分かれる

 

焼酎というと、甲類焼酎と乙類焼酎で分かれていますよね。

では、この二つは一体何が違うのでしょうか。

 

甲類焼酎と乙類焼酎の違いは、その作り方の違いにあります。

焼酎の作り方として大前提にあるのが、焼酎になる前のもろみの状態でアルコールを取り出すという作業です。

 

ここで使われる技術のことを蒸留といい、もろみを加熱することでアルコールと水を分けます。

乙類焼酎は蒸留を一度だけおこなう単式蒸留で作られており、甲類焼酎は何度も蒸留をおこなう連続式蒸留で作られているのです。

 

また、蒸留を一度おこなうと、もろみの約3倍のアルコール濃度になるといわれています。

つまり、何度も蒸留をおこなうことでアルコール濃度は高まっていくのです。

 

ですが蒸留を繰り返すと、風味が失われるというデメリットもあります。

 

甲類焼酎は複数の原材料からできている

 

甲類焼酎の特徴として多くあげられるのが、複数の原材料からできているということです。

乙類焼酎の多くは本格焼酎と呼ばれており、本格焼酎は米や麦やイモ類を原料に使うという一定の条件が定められています。

 

その一方で、甲類焼酎の原料はさまざまです。

発芽させた穀類や黒糖を除く含糖物質、なつめやしを除く果実以外は何を使ってもよいことになっています。

 

甲類焼酎は乙類焼酎に比べて自由な製造が可能なのですね!

 

甲類焼酎はアルコールの純度が高いだけで体に悪くはない

 

甲類焼酎が乙類よりも体に悪いと噂される理由は、やはりアルコールの濃度にあるのでしょう。

ですが、甲類焼酎はアルコールの純度が高いというだけで体に悪くはありません。

 

甲類焼酎は、何度も蒸留することで純度の高いアルコールを抽出し、そのアルコール度数は36度未満と定められています。

一方で乙類焼酎は単式蒸留で蒸留し、定められているアルコール度数は45度未満です。

 

甲類と乙類の違いは風味の個性にあり、体への影響は関係ありません!

 

甲類焼酎は低糖質でプリン体もゼロ

 

甲類焼酎を飲んでいる人に関わらず、お酒を飲むときには糖質やプリン体がどうしても気になってしまいますよね。

実は甲類焼酎は低糖質で、プリン体もゼロなのです。

 

糖質はもろみの状態では含まれていますが、蒸留機で蒸留しても糖質は蒸発しないので、蒸留が終わった段階で糖質はほとんどゼロになります。

また、プリン体についてですが、焼酎は甲類でも乙類でもプリン体はゼロなので、気にせず飲むことができますよ!

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

身体に良いのはもちろん、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ今のうちに取り組んでみてください!

 

【今だけ期間限定】人生を変える腸活!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

キンミヤ焼酎はまずい?逆においしくて飲み過ぎる!

キンミヤ焼酎など甲類焼酎は体に悪い?体にいい?原料や悪酔いするか解説

 

キンミヤ焼酎がまずいという声もありますが、実際はどうなのでしょうか。

キンミヤ焼酎や甲類焼酎の特徴から、その味について詳しく調べてみましたので、参考にしてみてください!

 

シンプルな原料と超軟水で上品な味わい

 

キンミヤ焼酎は三重県の宮崎本店という、乙類焼酎などもたくさん手がける蔵元が製造している甲類焼酎です。

そこには、鈴鹿山から流れる伏流水が流れており、この伏流水は超軟水でミネラルがほとんど入っていません。

 

もちろん、キンミヤ焼酎にはこの伏流水が使用されています。

シンプルな原料と、ミネラルが含まれていない超軟水によって、キンミヤ焼酎は上品な味わいに仕上がっているのです!

 

何で割ってもおいしい

 

キンミヤ焼酎の人気な理由としてあげられるのが、何で割っても美味しくいただけるというところです。

もともと甲類焼酎は、クセがないためアレンジしやすい焼酎といわれており、さまざまなアレンジができる焼酎として人気があります。

 

その甲類焼酎のなかでも、最高峰の品質を誇るといわれるのがキンミヤ焼酎です。

何で割っても、その美味しさをぐっと引き立ててくれますよ!

 

アルコール度数が高いので飲み過ぎに注意する

 

キンミヤ焼酎を飲むときに気を付けたいことが、飲み過ぎに注意するということです。

キンミヤ焼酎は飲みやすい焼酎で美味しいので、たくさん飲んでしまいます。

 

ですが、キンミヤ焼酎は甲類焼酎ですから、もちろんアルコール度数が高いです。

いくら美味しいからといって、飲み過ぎないようにすることが大切でしょう!

 

キンミヤ焼酎は悪酔いする?1日の適量はどれくらい?

キンミヤ焼酎など甲類焼酎は体に悪い?体にいい?原料や悪酔いするか解説

 

焼酎を飲んでいて悪酔いしてしまうというのは、よくあることですよね。

キンミヤ焼酎は、悪酔いしやすいのでしょうか。

 

キンミヤ焼酎の1日の適量や、満足度を上げるためにはどうすればいいのかお話していきます!

 

キンミヤ焼酎は1日100mlまで

 

キンミヤ焼酎は飲みやすくて美味しいので、ついつい飲み過ぎて悪酔いしてしまうなんてこともあるでしょう。

また、リーズナブルな値段で手に入ってしまうというのも、キンミヤ焼酎を飲み過ぎてしまう原因です。

 

キンミヤ焼酎を飲むときは、悪酔いを防ぐために1日100mlまでと決めておくことを、おすすめします!

 

割って飲むことで満足度を上げる

 

キンミヤ焼酎を1日100mlだけでは足りないという人もいるでしょう。

そんな人は、キンミヤ焼酎をそのまま飲むよりも、割って飲んでみるとよいです。

 

焼酎を割って飲むことで、お酒に対する満足度を上げることができるので、飲み過ぎ防止になります。

キンミヤ焼酎は甲類焼酎ですし、基本何で割っても美味しいので色々試してみるとよいでしょう!

 

キンミヤ焼酎の体にいい飲み方を紹介!アイスもホットも

キンミヤ焼酎など甲類焼酎は体に悪い?体にいい?原料や悪酔いするか解説

 

低糖質やプリン体ゼロといっても、お酒を飲むときはやはり体のことが心配になりますよね。

特に焼酎はアルコール度数が高くて、少しでも体にいい飲み方をしたいと思う人も多いのではないでしょうか。

 

ここからは、キンミヤ焼酎の体にいい飲み方をご紹介していきます。

アイスやホット、色々な飲み方をご紹介していくので参考にしてみてください!

 

ビタミンCのとれるレモンサワー

 

キンミヤ焼酎などのクセのないすっきりとした焼酎は、レモンと相性抜群です。

レモンサワーにして冷やして飲めば、暑い日でもゴクゴク飲むことができます。

 

ビタミンCは疲労回復効果が期待できるほか、日焼け対策としても優秀なので、レモンサワーは暑い夏にぴったりのお酒でしょう!

 

はちみつや生姜割りは健康的でホットにも合う

 

キンミヤ焼酎のアレンジで人気が高いのが、はちみつ割りや生姜割りです。

特にホットが人気で、寒い季節に飲むと体の底から温まることができますよ。

 

はちみつはビタミンやミネラルなど栄養豊富ですし、生姜にもたくさんの健康効果があるので、はちみつや生姜割りは健康的です!

 

まとめ

キンミヤ焼酎など甲類焼酎は体に悪い?体にいい?原料や悪酔いするか解説

 

キンミヤ焼酎などの甲類焼酎が体に悪いという噂が本当なのかどうか、原材料などから詳しく検証しました。

キンミヤ焼酎などの甲類焼酎はアルコール純度が高いというだけで、噂になるほど体に悪くはありません。

 

今回の記事の、大切なポイントをまとめていきます。

 

  • キンミヤ焼酎などの甲類焼酎は体に悪いわけではない
  • キンミヤ焼酎はクセがなくすっきりしていて飲みやすい
  • キンミヤ焼酎は1日100mlまでがおすすめ

 

キンミヤ焼酎などの甲類焼酎はクセがないすっきりした味わいが特徴的なので、何かで割って飲むのがおすすめです。

アレンジして飲むことで、飲み過ぎを防ぐこともできますよ。

 

ホットとアイスどちらでも美味しく飲むことができるのは嬉しいですね。

キンミヤ焼酎などの甲類焼酎で、自分好みのアレンジを見つけ、毎日のお酒を美味しく健康的に、そして楽しく飲んでみてはいかがでしょうか!

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

身体に良いのはもちろん、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ今のうちに取り組んでみてください!

 

【今だけ期間限定】人生を変える腸活!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。