大葉の栄養は食べ過ぎると危険?摂取量や注意点は?栄養や効果は?

大葉の栄養は食べ過ぎると危険?摂取量や注意点は?栄養や効果は?

 

香味野菜として、日本では刺身のツマや天ぷらなどで出される大葉。

ですが大葉の栄養や効果までは、意外と知らない方が多いのではないでしょうか。

 

「大葉って食べ過ぎると危険なの?」
「大葉の1日の摂取量や注意点が知りたい!」
「大葉の栄養や効果が気になる!」

 

そこで今回は、大葉の栄養とメリット・デメリット、注意点についてお伝えしていきたいと思います!

美味しい大葉の見分け方も最後に取り上げています。ぜひチェックしてみてください!

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

大葉の効果とは?大葉の栄養を食べ過ぎた時のデメリットや副作用は?

大葉の栄養は食べ過ぎると危険?摂取量や注意点は?栄養や効果は?

 

大葉をただの葉っぱと侮ってはいけません。

あの薄い葉っぱの中には、栄養素が沢山詰まっているんです!

 

ここからは、大葉の効果やデメリット、副作用をお伝えしていきます。

 

大葉の栄養や5つの効果とは?免疫力が上がる?骨粗鬆症予防にも?

 

緑黄色野菜にはβ-カロテンが豊富と言いますよね。

ですが大葉に含まれるβ-カロテンはにんじんのおよそ1.34倍、ほうれん草のおよそ2.6倍!

 

それだけ栄養が豊富なんです。

大葉を食べると、特に以下の5つの効果が期待出来ます。

 

①免疫力アップ

β-カロテンは必要に応じてビタミンAに変換されます。

ビタミンAは免疫力の向上にも効果があるので、大葉を食べるだけで免疫アップに繋がります。

 

②老化予防

老化の原因のひとつが活性酸素。

老化以外にも、活性酸素はシワ、しみ、がん、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の原因となります。

 

そこでβ-カロテンの抗酸化作用は、抜群の効果を発揮します。

刺身のツマによく利用されているのも、大葉の抗酸化作用が抜群なためなんです。

 

抗酸化作用で体内の酸化を抑えるので、老化予防に繋がります。

 

③抗アレルギー作用

大葉に含まれるα-リノレン酸は、アトピーやアレルギーの原因となる物質の働きを抑える効果があります。

またα-リノレン酸は、体内で分解されるとEPA・DHAを生成。

 

EPA・DHAと言うと、青魚に多く含まれる成分ですよね。

EPAは血液をサラサラにする効果があるので、血中の中性脂肪を減らしたり、動脈硬化の抑制に効果があるとされています。

 

また、HAには脳の働きを活発にさせる働きも。

そのため、記憶力や学習能力を向上させるとも言われています。

 

④食欲増進

大葉にはペリルアルデヒドと言う香り成分が含まれています。

ペリルアルデヒドの香りが嗅覚を刺激すると、胃酸の分泌が促進され、食欲増進の効果があると言われています。

 

⑤骨粗鬆症予防

大葉には、ミネラルのひとつであるカルシウムと、カルシウムを骨に定着させる働きをするビタミンKが豊富です。

そのため、骨粗鬆症予防に効果的。

 

その他にも大葉はミネラルが豊富に、かつバランス良く含まれています。

ミネラルは骨や歯を作る土台以外にも、貧血を予防する効果なども。

 

日本人はミネラル不足とよく言われますから、意識的に摂取したい栄養素ですね!

 

大葉の栄養を食べ過ぎた場合のデメリットは?過剰摂取の副作用は?

 

大葉を食べ過ぎた場合のデメリットはほとんどありません。

また、過剰摂取の副作用もほぼありません。

 

敢えてお伝えするとすれば、大葉には食物繊維が豊富。

そのため、食べ過ぎると腸内環境が崩れ、お腹の調子が悪くなる可能性も。

 

また、大葉に豊富に含まれるβ-カロテンは、過剰摂取すると皮膚が黄色くなる可能性があります。

ですがこれはβ-カロテンの摂取量を減らすことで自然に治ります。

 

健康に害はありませんが、気になる方は過剰摂取しないように気を付けましょう。

 

大葉の栄養を食べ過ぎると危険な理由は?1日の摂取量や注意点は?

大葉の栄養は食べ過ぎると危険?摂取量や注意点は?栄養や効果は?

 

結論から先にお伝えすると、大葉を食べ過ぎても危険ではありません!ご安心ください。

ですが、危険とまではいかなくても、いくつか注意すべき点があります。

 

ここからは、大葉を大量に食べた場合に起こりうる症状と、それを防止するための摂取量、注意点についてお伝えしていきます。

 

大葉の栄養を食べ過ぎると危険ではない?アレルギーのある人は注意?

 

アレルギーに良いとされる大葉。

ですが稀に大葉を食べることで、口腔内がかゆくなったり、腫れたり、気管支が狭くなるなどのアレルギー症状が出る方がいます。

 

もしこのような症状が出た場合には、すぐに摂取を控えましょう。

また、大葉に触れることでかぶれてしまう方も・・・。

 

アレルギー性接触性皮膚炎の一種で、接触後2~3日後に皮膚症状が現れます。

ただ、この症状は、農家や八百屋で働いているような、日常的に大葉に触れる機会がある方に現れることが多いです。

 

よってスーパーで買い物をする私たちは起こりにくいと考えて良いでしょう。

ただし、アレルギーを持っている方や、肌が弱い方は注意が必要です。

 

また、大葉は家庭でも気軽に栽培出来る野菜として人気が出て来ています。

自宅で大葉を栽培している方も、敏感になる必要はありませんが、頭の隅に覚えておきましょう。

 

大葉の栄養の食べ過ぎは何枚から?1日の摂取量や注意点を解説!

 

大葉を食べ過ぎても危険ではないとお伝えしました。

そのため、枚数を気にせず食べて構いません。

 

ですがお腹の調子が悪くなると食べ過ぎになるので、1日多くても20枚ほどに収めましょう。

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

大葉は目的に応じて食べる枚数を変えるべき?効果的な食べ方は?

大葉の栄養は食べ過ぎると危険?摂取量や注意点は?栄養や効果は?

 

大葉の効果についてご紹介しましたが、出来れば効果を最大限に活かしたいですよね。

大葉のβ-カロテンを効果的に摂りたい方は、大葉を油で炒めて加熱することをおすすめします。

 

何故ならば、β-カロテンは脂溶性。

油と一緒に摂取する方が、吸収力がアップするからです。

 

ただし、加熱することで失われる栄養素があります。

それはビタミンBとビタミンC。

 

何故ならこれらは水溶性のためです。

どの栄養素もまんべんなく摂りたい、と言う方は、さっと短時間で炒めるだけにしたり、味のアクセントとして生で食べましょう。

 

吸収力がアップするので、油と一緒に摂取はマストな食べ方です。

 

また、美味しい大葉の見分け方としては、

  1. 葉の緑色が濃く、みずみずしい
  2. 葉先までピンと張っていて、葉や切り口が変色していない

 

この2点を満たしているものを選びましょう!

 

まとめ

大葉の栄養は食べ過ぎると危険?摂取量や注意点は?栄養や効果は?

 

今回は、大葉の栄養とメリット・デメリット、注意点についてお伝えしました。

 

まとめると、

・大葉って食べ過ぎると危険なの?
危険ではない。ただし食物繊維が豊富なため、過剰に摂取すると、お腹の調子が悪くなる可能性がある。

・摂取量や注意点は?
大葉を食べることで、アレルギー反応を起こす人が稀にいる(紫蘇アレルギー)。また、日常的に大葉に触れる人はアレルギー性接触性皮膚炎になる可能性もある。

・栄養や効果が気になる!
主な栄養と効果は以下の5点
①免疫力アップ・・・β-カロテンの効果。大葉にはβ-カロテンがにんじんのおよそ1.34倍、ほうれん草のおよそ2.6倍の含まれている
②老化予防・・・β-カロテンの効果。抗酸化作用が老化や生活習慣病の予防に良いとされている。
③抗アレルギー作用・・・α-リノレン酸の効果
④食欲増進・・・ペリルアルデヒドの効果
⑤骨粗鬆症予防・・・カルシウムとビタミンKの効果。大葉はミネラルも豊富な野菜。

 

これから旬を迎える大葉。

栄養満点なので、是非食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!