カテキンの量が最も多いペットボトルのお茶は?多く摂取する方法は?

カテキンの量が最も多いペットボトルのお茶は?多く摂取する方法は?

 

「カテキンを多く摂取したいけど、どのペットボトルのお茶を選べばいいんだろう。」

 

普段から意識してカテキンを摂取するために、緑茶を飲んでいるという人も多いのではないでしょうか。

効率よく、たくさんのカテキンを摂取するとなると、どのペットボトルのお茶にカテキンが多く含まれているのか知りたいですよね。

 

  • カテキンの量が最も多いペットボトルのお茶は?
  • カテキンの効果は?
  • カテキンに過剰摂取の危険性はある?

など、カテキンについて気になることはたくさんあります。

 

今回は、カテキンの量が最も多いペットボトルのお茶について、詳しくご紹介していきます。

カテキンを摂取するのであれば、できるだけ多くのカテキンが含まれているお茶を選びたいですよね。

 

ほかにも、カテキンを簡単に摂取することができるサプリメントなどについても紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

カテキンの量が最も多いペットボトルのお茶ランキング!最安値は?

カテキンの量が最も多いペットボトルのお茶は?多く摂取する方法は?

 

さっそくですが、カテキンの量が最も多いペットボトルのお茶を調べてみました。

ランキングにしてまとめてみたので、チェックしてみてください。

 

・1位 ヘルシア緑茶α & ヘルシア緑茶「旨み贅沢仕立て」

 

一番カテキン量が多かったのはヘルシア緑茶αと、ヘルシア緑茶旨み贅沢仕立てです。

どちらも花王が販売しているヘルシアシリーズで、540mgものカテキンが含まれています。

 

これは、急須で緑茶を淹れたときの、湯のみ約5杯分に匹敵する量です。

ペットボトルのお茶のなかでも、ダントツで高いカテキン量といえるでしょう。

 

・2位 おーいお茶「濃い茶」

 

おーいお茶の「濃い茶」は、上質でカテキン豊富な国産茶葉を選定して作られた、伊藤園の緑茶です。

そのカテキンの量は480mgとなっています。

 

味の方も上質に仕上がっており、キレのよい濃い渋みが特徴的です。

 

・3位 伊右衛門「濃い茶」

 

サントリーの伊右衛門「濃い茶」は、270mgのカテキンが含まれています。

高カテキン石臼挽き茶葉を使用しており、濃い渋みと清涼感が一体化した深い味わいが楽しめるでしょう。

 

カテキンの量は、圧倒的にヘルシアが多かったです。

ヘルシアの最安値は、緑茶α350ml×24本が3,541円でAmazonに出ているので、気になる人はぜひチェックしてみてください!

 

カテキンの量が最も多い生茶のカテキン含有量は?多く摂取するには?

カテキンの量が最も多いペットボトルのお茶は?多く摂取する方法は?

 

ペットボトルのお茶では、ヘルシアがカテキン含有量が一番多かったですが、カテキンの量が最も多い生茶はどの商品なのでしょうか。

また、どのくらいのカテキン含有量なのかも気になりますよね。

 

ほかにも、カテキンを多く摂取する方法なども詳しくお話していきますので、参考にしてみてください!

 

100mlあたりのカテキン含有量でもやっぱりヘルシア緑茶が1位?

 

ペットボトルのお茶でのカテキン含有量ランキングでは、ヘルシア緑茶が1位でした。

そこで、ヘルシア緑茶がほかの緑茶に比べてどれくらいのカテキン含有量があるのか、100mlあたりのカテキン含有量で見ていきましょう。

 

ヘルシア緑茶のカテキン含有量は、100mlで164mgです。

ヘルシア緑茶の次にカテキン量が高い、おーいお茶「濃い茶」は100mlで87mgなので、カテキン量の差は約2倍でした。

 

ほかの緑茶と同じ量で比べてみたところ、やはりヘルシア緑茶のカテキン含有量は圧倒的に高かったです!

 

カテキンを多く摂取するには煎茶がいい?熱湯に長くつけると健康的?

 

カテキンを多く摂取するためには煎茶が一番ですが、煎茶のなかでも多くのカテキンを含んでいるお茶をご存じでしょうか。

たくさんのカテキンを摂取したいのであれば、煎茶の二番茶を選ぶのがおすすめでしょう。

 

二番茶というのは6~7月に収穫されるお茶のことです。

この二番茶にカテキンが多い理由は、お茶のなかでも一番日差しを浴びて育っているからといわれています。

 

二番茶は一番茶に比べて、うまみ成分のテアニンが少なくなるので味は落ちますが、カテキンの量で選ぶのであれば、二番茶がよいでしょう。

また、二番茶を飲む際は熱湯に長くつけたほうが、より健康的だといわれています。

 

これは、葉が固くなっていることから低温によって抽出できるテアニンが少ないからです。

こういった茶葉は、高温でないとカテキンやカフェインがでにくいというのも特徴でしょう。

 

カテキンを多く摂取したいのであれば、煎茶の二番茶を選び、熱湯に長くつけてお茶を淹れてみてください!

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

カテキンの効果や過剰摂取の危険性は?カテキンの簡単な摂取方法は?

カテキンの量が最も多いペットボトルのお茶は?多く摂取する方法は?

 

カテキンの多いお茶について、いろいろと調べていきましたが、カテキンの効果について詳しく知っておきたいです。

カテキンを摂取することで、どういった健康効果が得られるのでしょうか。

 

また、カテキンを過剰摂取することに、危険性はないのかというのも気になります。

緑茶にはカフェインなども含まれていますし、そういったところも心配ですよね。

 

カテキンの簡単な摂取方法についてもご紹介していくので、そちらもチェックしてみてください!

 

カテキンは病気予防効果がある?過剰摂取でカフェインの取り過ぎに?

 

緑茶は病気予防や肥満予防など、昔からさまざまな健康効果が確認されてきました。

これらは、ほとんどカテキンの健康効果なのです。

 

カテキンとはお茶の苦味や渋みのもととなる成分で、ポリフェノールの一種であり、抗酸化作用や抗菌作用、殺菌作用をもっています。

抗酸化作用に関してはビタミンEの50倍といわれており、さまざまな食品の酸化を防ぐ品質保持剤として使われているほどです。

 

そんなカテキンですが、本当にたくさんの健康効果があります。

まず代表的なのが、風邪をはじめとする感染症予防の効果です。

 

緑茶うがいで風邪を予防したり、風邪の症状を軽くすることができるというのは有名な話ですよね。

また、風邪だけでなくピロリ菌などといったウイルスからも体を守ってくれるということが、研究で明らかになっています。

 

次に、肥満を予防する効果についてです。

カテキンは体脂肪を減少させるだけでなく、脂質異常症などの肥満を解消するという効果が確認されています。

 

これは特定保健用食品として流通するほどで、国がこの効果を認めているといえるでしょう。

そして、カテキンは生活習慣病も予防することができます。

 

生活習慣病といえば高血圧や糖尿病が有名ですが、これらの原因となるコレステロール値や中性脂肪値の上昇を防ぐことができるのです。

これは、カテキンが肝臓での胆汁酸の排泄を促すからだといわれています。

 

コレステロールが増加すると、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる病気に繋がることもあるので、これは嬉しい効果ですね。

また、生活習慣病に大きく関わる活性酸素の増加もカテキンの抗酸化作用で抑えることができます。

 

これも、生活習慣病予防に大きく貢献しているでしょう。

こうしてみてみると、嬉しい効果がたくさんあるカテキンですが、緑茶を過剰摂取することで起こってしまう健康被害もあります。

 

それはやはり、カフェインの過剰摂取でしょう。

カフェインは集中力を高めたり自律神経の働きを高めたりといった効果があり、常日頃たくさんの人が活用していますよね。

 

ですが、カフェインの過剰摂取は危険で、めまいなどを引き起こしてしまうこともあります。

緑茶からカテキンを摂取する際は、カフェインの量に気を付けるようにしましょう!

 

カテキンを効率的に摂取するには飴やサプリが早い?おすすめはどれ?

 

カテキンを緑茶以外から効率的に摂取するためには、飴やサプリメントがおすすめです。

ここではおすすめのサプリメントをご紹介していきます!

 

・DHC カテキン

 

多種類のサプリメントがあることで有名な、DHCのカテキンサプリメントは緑茶から高濃度に抽出したカテキンを配合しています。

1日2粒が30日分、60粒入っており、2粒あたりのカテキン含有量は320mgです。

 

普段あまりお茶を飲まないという人に、おすすめのサプリメントとなっています。

虫歯になってしまうことなどを考えると、飴よりもサプリメントがおすすめです。

 

ですが、緑茶のカテキン飴などは、のど飴としても使えるといった声も多いので、気になる人はそちらもチェックしてみてください!

 

まとめ

カテキンの量が最も多いペットボトルのお茶は?多く摂取する方法は?

 

カテキンの量が多いペットボトルのお茶について調べ、それらをまとめてみました。

今回の記事で覚えておきたい重要なことは以下のとおりです。

 

  • カテキンの量が最も多いペットボトルのお茶はヘルシア
  • カテキンは生活習慣病予防や肥満予防が期待できる
  • カテキンの過剰摂取はカフェインに注意

 

カテキンを効率よく簡単に摂取するためには、ちょっとした工夫が必要です。

ペットボトルで飲む際はカテキン量が多いものを選ぶというのはもちろんですが、生茶葉を使用するときは二番茶をおすすめします。

 

また、そのときは熱湯に長くつけて淹れてみてください。

カテキンの含まれた、サプリメントや飴を活用するというのもいいですね。

 

カテキンを効率よく摂取し、肥満や生活習慣病を予防して健康的な体を手に入れてみてはいかがでしょうか!

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。