体に害のない鍋!アルミ鍋は体に悪い、危険?アルミ鍋のデメリットを紹介!

アルミ鍋は成分が溶けて体に悪い?危険性は?安全な鍋の使い方は?

 

「アルミ鍋は成分が溶けて体に悪い、危険っていうのは本当なのかな?デメリットや体に害のない鍋も知りたい」

 

アルミ鍋は比較的が安く、しかも軽くて扱いやすいので1つあると非常に便利なアイテムです。

しかし「アルミ鍋は成分が溶けて体に悪い」という話を聞いたことはありませんか?

 

アルミ鍋を使っていてこのような話を聞くと心配になってしまいますよね。

 

  • アルミ鍋は成分が溶けて体に悪いって本当?
  • アルミ鍋に危険性はある?
  • アルミ鍋の安全に使い方って?
  • 安全なアルミ鍋の選び方を知りたい!

 

などアルミ鍋について、いろいろと知りたくなるのではないでしょうか?

そこで今回は、アルミ鍋は成分が溶けて体に悪いのか、詳しくご紹介していきます!

 

アルミ鍋の危険性や安全な使い方や選び方も解説します。

今使っているアルミ鍋は使い続けても大丈夫なのかな?と不安に感じている人はぜひ参考にしてくださいね。

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

アルミ鍋は体に悪い?成分が溶けるって本当?アルツハイマーになる?

アルミ鍋は成分が溶けて体に悪い?危険性は?安全な鍋の使い方は?

 

アルミ鍋は成分が溶けて体に悪いと言われていますが、金属のアルミが溶けだすことは本当にあるのでしょうか。

結論からいうと、実際アルミが溶けだすことはありますが健康には害はありません。

 

アルミ鍋が危険って嘘?成分は本当に溶けだしているの?

 

調べてみたところ、アルミ鍋の成分が調理中に溶けだすことは実際にあるとわかりました。

しかし鍋の成分が溶けだすのは、アルミ鍋だけに限った減少ではありません。

 

他の材質の鍋でも同じことが起こっているのです。

丈夫で長持ちするステンレスの鍋でもわずかに成分が溶けだしています。

 

鉄鍋で調理すると、鉄分を摂取できるという話も有名ですよね。

ただ、使用している鍋の材質や製造方法によって金属の成分が溶けだす時期や量は異なります。

 

そのため「1年使用すると成分が溶けだす」などの共通する明確な基準や情報はありません。

 

アルミが溶けて体に蓄積されるの?アルツハイマーの危険が高まる?

 

アルミ鍋は成分が溶けるって本当なのか、アルミが悪いと言われる理由も調べてみました。

どんな鍋でも金属は溶けだしていますが、アルミ鍋だけが体に悪いと言われるのは理由があります。

 

過去のさまざまな実験結果により、アルミニウムが体内に蓄積すると脳に影響を及ぼすと言われているためです。

アルミニウムが蓄積すると、アルツハイマーなどの危険が高まるという指摘もあります。

 

実際にはアルツハイマーの発症と、アルミニウムの関連性が100%証明されているわけではありません。

現在では「体内に入ったアルミニウムのほとんどは蓄積せず体の外へ排出される」という考え方が一般的なようです。

 

またアルミ鍋で調理中に溶けだすアルミの量はごくわずかであり、健康被害が出るほどの深刻なものでもありません。

アルミニウムは自然の食品の中にも微量は含まれている成分であり、健康な人の体内にも存在しています。

 

「アルミ鍋を使うとアルツハイマーになる」「絶対に使わない方が良い」と過度に心配する必要はありません。

ただし妊娠中の方や赤ちゃん、小さなお子さんなどへの影響が心配な方もいるでしょう。

 

ミルクのお湯を沸かす時や離乳食を作る時は他の鍋を使うなど、ご自身の判断で状況に応じて使い分けると安心ですね。

 

アルミ鍋が危険というのは嘘!安全性の高いアルミ鍋の使い方は?

アルミ鍋は成分が溶けて体に悪い?危険性は?安全な鍋の使い方は?

 

アルミ鍋が身体に悪いというのは噂に過ぎません。

危険は嘘!と考えていいでしょう。

 

とはいえアルミ鍋はなるべく長く安全に使いたいですよね。

ここからはアルミ鍋の安全な使い方や正しいお手入れ方法をご紹介します。

 

アルミ鍋の正しい使い方は?黒こげがついたらなるべく取ると安全?

 

アルミ鍋は火にかけて使い続けていると、黒くこげついてしまうことがありますよね。

黒いこげはそのままにしておくよりも綺麗に取っておいた方が安心です。

 

黒こげには、食材がこびりついたものや、溶けだしたアルミニウムなどが含まれています。

アルミ鍋の黒こげの落とし方は次の方法を参考にしてください。

 

【アルミ鍋のこげの落とし方】

  1. 鍋の中に水とレモンの輪切りを数枚入れて沸騰させる
  2. 沸騰させた状態で中火にして10分程度放置する
  3. スポンジなどでこびりついたこげをこすって落とす

※レモンの代わりにリンゴの輪切りや少量のお酢でもOK

※重曹などのアルカリ性の洗剤はNG

※金タワシなどは鍋に傷が付つくためNG

 

アルミ鍋のこげを落とすには、弱酸性の液体を使うのがポイントです。

強酸性の液体は鍋を傷める原因になりますので、酢を使う場合はしっかり薄めて使った方が良いでしょう。

 

またアルカリ性の重曹などはアルミと反応して逆に黒く変色してしまうためNGです。

黒こげは金タワシなどでこすりたくなりますが、鍋に傷がついて劣化を早めてしまいます。

 

アルミ鍋のお手入れには柔らかいスポンジなどを使用しましょう。

アルミ鍋をなるべく黒くこげがつかないように使うためには、使い方も少し工夫した方が良いですね。

 

特に強火で長時間煮込む料理などはアルミ鍋は向いていません。

熱伝導率の高いアルミの性質を生かした、煮びたしやラーメン、味噌汁など「サッと作れる料理」が向いています。

 

煮込み料理はステンレス製の鍋などを使うのがおすすめですよ。

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

アルミ鍋に黒こげが付きにくいお手入れ方法は?使用前にやることは?

 

アルミ鍋を購入したらまず使用する前に次の作業をしておくと、黒こげがつきにくくなります。

 

  1. 買ってきたアルミ鍋に野菜クズなどを入れて鍋にたっぷり水を入れる
  2. 中火にかけてお湯を沸かし、沸騰させた状態で10分放置する
  3. 中のお湯と野菜クズを捨て、軽く水洗いしておく
  4. 清潔な布巾で水分を拭いて乾燥させる

 

これは黒こげを綺麗に落とした後も同様です。

ひと手間かけるだけで黒こげがつきにくくなりますのでぜひ試してみてください。

 

アルミ鍋の底にできる白い粉は体に悪い?穴が空いた原因は何?

 

アルミ鍋を使っていると、鍋の底に白い粉が出てくることがあります。

この粉は一体何なのか気になりますよね。

 

白い粉の正体は「水酸化アルミニウム」と言います。

水道水などに含まれている塩素とミネラルに、鍋の素材アルミニウムがついて化学変化を起こして腐食したものです。

 

水酸化アルミニウムは人体の健康への被害は無いと言われています。

見つけた場合は軽くスポンジなどでこすって洗い流しておくと安心ですね。

 

ただしこの水酸化アルミニウムの白い粉が出てくるということは、鍋がかなり劣化している証拠なのです。

使い続けるうちに鍋の底が薄くなって穴が空いてしまう恐れもあります。

 

中に液体や具材が入っている状態で穴が空いてしまうと、中身が漏れてコンロ周辺まで焦げついてしまうかもしれません。

そうなるとお掃除も手間がかかって大変ですし、ヤケドなどの危険もありますよね。

 

鍋の底に白い粉が出てきたアルミ鍋は、そろそろ買い替えを検討した方が良いでしょう。

 

100均のアルミ鍋は危険?体に害のない鍋の選び方も紹介!

100均のアルミ鍋は危険?体に害のない鍋の選び方も紹介!

 

100均のアルミ鍋は危険でしょうか?

調べたところ、危険はありませんが劣化はやや早いことがわかりました。

 

アルミ鍋は価格が安いのが魅力で、ホームセンターはもちろん100均でも販売していますよね。

100均のアルミ鍋は片手で使えるコンパクトな大きさの鍋が多めです。

 

さすがに100円ではなくもう少し高い200円~500円ぐらいの商品が主流で、もちろん火にかけて使えます。

少しだけお湯を沸かしたい時や1人分のお味噌汁を作る時などにとても便利です。

 

ただ、安いということもあり健康への危険は無いのか不安な人も多いと思います。

そこで100均のアルミ鍋の危険性や耐久性を調べてみると、次のような口コミ体験談や口コミが見つかりました。

 

  • 半年使っていたら鍋の底の加工が剥げてサビが出てきた
  • 半年未満で穴が空いてしまった
  • 4年使用で穴が空いた

 

100均のアルミ鍋は劣化すると穴が空いたり、サビが出てしまったりすることは珍しくないようです。

耐久性は商品によってさまざまで、半年も使えなかった人もいれば4年以上使えた人もいます。

 

100均のアルミ鍋を使って体調が悪くなったという口コミは見つかりませんでした。

しかし、鍋底のサビの破片などが料理に混ざってしまうのは危険ですね。

 

100均のアルミ鍋は劣化が早いことも考慮した方がよさそうです。

洗う時に錆が出ていないか、穴が空いていないかをしっかりチェックしながら使った方がいいでしょう。

 

また、IHには対応していないので注意してくださいね。

なるべく安全なアルミ鍋を使いたい時は、100均以外のホームセンターなどで購入するのもおすすめですよ。

 

サビが出にくいのはフッ素加工が施されています。

少し価格は高くなりますが、長持ちする上に黒こげが付きにくくお手入れも楽ちんです。

 

まとめ

体に害のない鍋!アルミ鍋は体に悪い、危険?アルミ鍋のデメリットを紹介!

 

今回はアルミ鍋の危険性やお手入れの方法などについて解説しました。

アルミ鍋は成分が溶けて体に悪いというのは、心配する必要はないことが分かりましたね。

 

アルミ鍋は丁寧なお手入れが長持ちのコツですが、100均のアルミ鍋は劣化が早めなので気を付けましょう。

重要なポイントは次の4点なので、参考にしてください。

 

  • アルミ鍋から溶けだす成分は人体への影響はない
  • 新しいアルミ鍋は最初に手入れをすると黒こげがつきにくい
  • 鍋の底に出る白い粉の正体は水酸化アルミニウムで悪影響はない
  • 100均のアルミ鍋はサビや穴に注意

 

軽くて便利なアルミ鍋は、毎日の料理に大活躍します。

しかし使用しているうちにだんだん劣化するので、定期的に買い替えしながら安全に使用してください!

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!