16時間断食にデメリットはある?太ることも?痩せない原因も解説

16時間断食にデメリットはある?太ることも?痩せない原因も解説

 

「16時間断食にデメリットはあるの?痩せるどころか、太っている気もするけどどうして?」

 

最近、話題の16時間断食。

プチ断食とも言われているこのダイエット法ですが、実際に挑戦してみたという人も多いのではないでしょうか?

 

ですが16時間断食って健康的に大丈夫なのか、気になりますよね。

それに、試してみたけど痩せるどころか太ってしまったなど、残念な声も多いです。

 

  • 16時間断食にデメリットはあるの?
  • 16時間断食で太ることもある?
  • 16時間断食を続けているのに痩せないのはどうして?

など、16時間断食について、気になることがたくさんあります。

 

そこで今回は、16時間断食にデメリットはあるのか、詳しくご紹介していきます。

デメリットのほかにも、太ってしまったり、痩せない原因についてもお話していくので、ぜひチェックしてみてください!

 

さらに、腸を整えて体の内側から美しくなりたい方へ。

腸内環境が悪いと、どれだけいい食事をしても栄養が吸収されず、便秘や肌の悪化に繋がってしまいます。

 

一方、腸内環境が整うと、栄養の吸収はもちろん、便秘改善、ダイエット、美容にも大きな効果があるんです。

そのためには、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けることがとても大切になります。

 

そこで今、期間限定で『ビフィズス菌+ユーグレナスティック』を500円で手に入れることができます。

@コスメでも「5.5」と高評価で注文も殺到しているので、在庫切れになる前にチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

【今だけ期間限定500円】ビフィズス菌+ユーグレナスティック公式サイトはこちら

 

16時間断食にデメリットはある?血糖値や筋肉量への影響も

16時間断食にデメリットはある?太ることも?痩せない原因も解説

 

16時間断食と聞くと、体に悪いのではないかとどうしても気になってしまいますよね。

しかし、16時間断食は古い細胞を新しく生まれ変わらせることで、ダイエットだけでなく病気予防や老化予防の効果も期待できるのです。

 

ですが、デメリットもいくつかあります。

16時間断食でダイエットをする前に、16時間断食のデメリットをよく知っておきましょう!

 

ではさっそく、16時間断食のデメリットについて詳しく見ていきます!

 

16時間断食は筋肉力を低下させやすい

 

16時間断食の最大のデメリットは、筋肉を低下させてしまうということです。

断食をすると、食事のエネルギー補給ができなくなってしまいますよね。

 

これによって、体が足りないエネルギーを脂肪から補おうと分解するので、痩せることに繋がります。

しかし、このとき脂肪だけでなく筋肉も分解してしまうのです。

 

筋肉を気にしている人にとっては、非常に大きなデメリットでしょう!

 

食べるものに注意しないと血糖値が急上昇する

 

16時間断食中は食事の間隔が多く空いてしまうことから、血糖値が上がりやすくなってしまいます。

これは、何も食べていないことで、体がいち早く多くの栄養を取り込もうとするからです。

 

血糖値が急上昇してしまうと、脂肪を溜め込んでしまうことになります。

16時間断食ダイエットは8時間は何でも食べてよいと思われがちですが、そうではなく、糖質の高いものや甘いものは控えることが大切です!

 

食べ過ぎにつながりやすい

 

食事制限が定められていない16時間断食ですが、故に過食になりやすいというのもデメリットでしょう。

断食明けの一食目に、反動でたくさん食べてしまう人も多いです。

 

このとき食べ過ぎてしまうと、16時間何も食べていなかった反動で血糖値が急上昇してしまいます。

そして体は急上昇した血糖値を下げようと、インスリンを分泌するのです。

 

このように、血糖値が上がったり下がったりと急激に変化することから、空腹感が増し、さらに食べてしまうのです!

 

空腹に慣れるまで時間がかかり継続しにくい

 

16時間断食は、空腹に慣れていない人が挑戦すると、空腹に耐え切れず断念してしまうこともあります。

また、頭痛や吐き気などを引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

 

空腹に慣れていない人は準備期間を設けることで、徐々に慣らしていくというやり方がおすすめですよ!

 

継続しないとリバウンドする

 

16時間断食ダイエットを続けた人のなかには、リバウンドしてしまったという声もたくさんあります。

途中でやめてしまったりすると、リバウンドする可能性は非常に高いです。

 

16時間断食ダイエットを成功させるには、相当な覚悟をもって挑戦することが大切なんです!

 

16時間断食で痩せない原因は?太ることのない食べ方を解説

16時間断食にデメリットはある?太ることも?痩せない原因も解説

 

16時間断食ダイエットを継続しているのに、全然痩せないという人もいます。

しっかりと断食を継続しているのに、どうして痩せないのでしょうか。

 

ここでは、16時間断食ダイエットで痩せない原因や、おすすめの食べ物などを紹介していきます!

 

食べ過ぎていると痩せずに太ることがある

 

16時間断食ダイエットで太ってしまう一番の原因は、食べ過ぎてしまっているということです。

空腹の状態が続くと、その反動でたくさん食べてしまいますよね。

 

16時間断食ダイエットは、8時間に一切の食事制限がありませんが、過食は禁物なのです。

さらに過食することで、多くのインスリンが分泌されて食べ過ぎてしまう原因になります。

 

16時間断食ダイエットをするときは、断食明けの食事に十分気を付けるようにすることが大切です!

 

栄養バランスが悪いと痩せないのでバランスよく食べる

 

16時間の断食をしている人のなかには、栄養バランスが傾いてしまう人も多いです。

栄養バランスが傾いてしまうと、痩せにくい体になってしまうので注意が必要でしょう。

 

特に、炭水化物ばかりを食べたり、甘いものばかり食べたりしていると痩せずに太る原因となってしまうので、気を付けてください!

 

運動を取り入れて筋肉量を落とさないようにする

 

16時間断食ダイエットは、ただ断食していればよいと思う人が多いですが、それは違います。

16時間断食ダイエットに必要なのは、適度な運動をすることです。

 

断食をすることで脂肪だけでなく筋肉も落ちてしまうので、その筋肉を補いましょう。

筋肉が落ちてしまうと代謝も悪くなってしまい、痩せにくい体になるので注意が必要です!

 

睡眠をしっかりとり食欲を押さえる

 

しっかりと睡眠時間を確保するのも、断食ダイエット成功の秘訣です。

そもそも、16時間断食ダイエットというのは睡眠時間を上手く活用することで、無理なくおこなうことができます。

 

いつもは夜更かししてしまったり、睡眠時間が短いという人もしっかりと睡眠を取るようにしましょう!

 

さらに、腸を整えて体の内側から美しくなりたい方へ。

腸内環境が悪いと、どれだけいい食事をしても栄養が吸収されず、便秘や肌の悪化に繋がってしまいます。

 

一方、腸内環境が整うと、栄養の吸収はもちろん、便秘改善、ダイエット、美容にも大きな効果があるんです。

そのためには、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けることがとても大切になります。

 

そこで今、期間限定で『ビフィズス菌+ユーグレナスティック』を500円で手に入れることができます。

@コスメでも「5.5」と高評価で注文も殺到しているので、在庫切れになる前にチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

【今だけ期間限定500円】ビフィズス菌+ユーグレナスティック公式サイトはこちら

 

16時間断食はいつから痩せる?効果が出るのは最低1ヶ月後

16時間断食にデメリットはある?太ることも?痩せない原因も解説

 

16時間断食ダイエットの効果は、どれくらいから出るのでしょうか。

慣れるまで大変なダイエットですから、できるだけ早い間に効果が出てくれれば嬉しいですよね。

 

しかし、断食ダイエットは思った以上に効果が出るまで時間がかかります。

成功させるには覚悟が必要ですから、効果が現れるまでの期間を知っておきましょう!

 

16時間断食の効果は1ヶ月以上経たないと出ない

 

なかなか痩せないという人は、とにかく継続し続けることが大切です。

16時間断食ダイエットの効果が現れるまでにかかる期間は、個人差があるといわれています。

 

たくさん体重を落としたいという人は、最低でも1か月以上の継続が必要です!

 

16時間断食は継続する健康法

 

ただ、ダイエットのために16時間断食を始める人は多いですが、16時間断食には実はさまざまな健康効果が期待できます。

これは、アメリカの医学界でも注目されていることなんです。

 

糖尿病予防やがん予防、生活習慣病などの予防に効果があることが証明されています!

 

16時間断食に向かない人は?妊娠中・成長期の場合は要注意!

16時間断食にデメリットはある?太ることも?痩せない原因も解説

 

16時間断食は誰でも始められるダイエットだと思っている人もいますが、実は向き不向きのあるダイエットなんです。

ここでは16時間断食に向いていない人や、危険な時期などについてお話していきます。

 

16時間断食を始める前に必ずチェックしておきましょう!

 

筋トレ中の場合やアスリートには向かない

 

16時間断食は脂肪と共に筋肉を落としてしまうので、筋トレ中の人やアスリートのような筋肉を付けたい人には向きません。

運動と一緒に16時間断食をおこなえば、ある程度の筋肉の維持はできますが、多少筋肉が落ちるか、筋肉はそのままかのどちらかです。

 

筋トレをしていて脂肪も減らしたいという人は、16時間断食ではなくほかのダイエット方法を試しましょう!

 

妊娠中は胎児に危険が及ぶ可能性もある

 

妊娠中に太ってきたから、16時間断食をしたいという人もいるでしょう。

しかし、妊娠中の断食ダイエットは胎児にとって危険です。

 

妊娠中は胎児に栄養を届けているので、通常よりも栄養が失われていきます。

栄養不足に陥ることで、糖尿病や貧血など母体に影響が出てしまうほか、低出生体重など胎児にも影響を与えてしまうのです。

 

妊娠中の16時間断食は、おすすめできません!

 

成長期に行うと健康被害が出やすい

 

断食ダイエットは、成長期が終了した人がおこなうダイエット方法です。

成長期の人が16時間断食をすると、体のありとあらゆるところに不調のサインが現れるでしょう。

 

摂食障害や神経症やせ症、神経性過食症などさまざまな健康被害が出てしまうので、注意してください!

 

まとめ

16時間断食にデメリットはある?太ることも?痩せない原因も解説

 

今回の記事では、16時間断食にデメリットはあるのかを詳しくしらべていきました。

16時間断食にはさまざまなよい効果がある反面、デメリットや注意点もあります。

 

  • 16時間断食は筋力の低下や過食に注意が必要
  • 16時間断食はリバウンドすることも多い
  • 16時間断食は継続することが大切

 

16時間断食をする際は、断食明けに好きなものを好きなだけ食べるのではなく、バランスのよい食事を摂ることがおすすめです。

また、筋肉の低下を防ぐためにも、適度な運動をおこなうようにするとよいですよ。

 

16時間断食で、体に蓄積された脂肪を綺麗に掃除して、理想の体を手に入れましょう!

 

さらに、腸を整えて体の内側から美しくなりたい方へ。

腸内環境が悪いと、どれだけいい食事をしても栄養が吸収されず、便秘や肌の悪化に繋がってしまいます。

 

一方、腸内環境が整うと、栄養の吸収はもちろん、便秘改善、ダイエット、美容にも大きな効果があるんです。

そのためには、乳酸菌だけでなく、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けることがとても大切になります。

 

そこで今、期間限定で『ビフィズス菌+ユーグレナスティック』を500円で手に入れることができます。

@コスメでも「5.5」と高評価で注文も殺到しているので、在庫切れになる前にチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

【今だけ期間限定500円】ビフィズス菌+ユーグレナスティック公式サイトはこちら

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。