創味シャンタンは体に悪い?ウェイパーと創味シャンタンとの違いも紹介!

創味シャンタンは高塩分で体に悪い?危険性や安全な量・代用品は?

 

「創味シャンタンは高塩分で体に悪いのかな?原材料やウェイパーとの違いも気になる。」

 

創味(そうみ)シャンタンは本格ガラスープで料理に入れるとまるでお店のような味になって美味しいですよね。

しかし、創味シャンタンは高塩分で体に悪いという口コミもあるのが、心配な人もいると思います。

 

  • 創味シャンタンは高塩分で体に悪いの?
  • 創味シャンタンの危険性や安全な量ってどのくらい?
  • よく似た商品であるウェイパーとの違いとは?

 

など、創味シャンタンの塩分や安全性、代用品などが気になるのではないでしょうか?

そこで、この記事では創味シャンタンの塩分や危険性、安全な量などをご紹介していきます!

 

粉末状やチューブタイプがあって料理にも使いやすく、自宅で愛用している人も多いのではないでしょうか。

創味シャンタンは高塩分で体に悪い?と言われると心配ですよね。

 

創味シャンタンは高塩分で体に悪いのかしっかりチェックしていきましょう。

創味シャンタンの代用品になるウェイバーについても取り上げているので、参考にしてみてください!

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

創味シャンタンは塩分が多くて体に悪い?原材料から危険性を解説!

創味シャンタンは高塩分で体に悪い?危険性や安全な量・代用品は?

 

創味シャンタンは塩分が多くて体に悪いのでしょうか?

結論からお伝えすると、過剰に摂り過ぎなければ体に悪いということはありません。

 

創味シャンタンはそのまま口に含むと、確かにダシの旨味以外に塩味を感じます。

一般的に和風の顆粒ダシなども塩分は含まれていますが、創味シャンタンの塩分量はどれぐらいかチェックしましょう。

 

創味シャンタンは体に悪い?原材料から危険性をチェック!

 

創味シャンタンの成分は公式サイトでしっかり公表されていますね。

商品は袋に入った粉末タイプ(50gと100g)、チューブタイプ(120g)、ペースト状の缶入り(250gと500g)の3種類。

 

成分はそれぞれ少しずつ違います。

 

①:創味シャンタン 粉末タイプ(小さじ1 2.5gあたり)

  • エネルギー 6.6kcal
  • たんぱく質 0.4g
  • 脂質 0.2g
  • 炭水化物 0.8g
  • 食塩相当量 1.0g

 

②:創味シャンタン チューブタイプ(小さじ1 5gあたり)

  • エネルギー 21kcal
  • たんぱく質 0.5g
  • 脂質 1.8g
  • 炭水化物 0.7g
  • 食塩相当量 2.0g

 

③:創味シャンタンDX ペースト状の缶入り(小さじ1 5gあたり)

  • エネルギー 20kcal
  • タンパク質 0.5g
  • 脂質 1.5g
  • 炭水化物 1.0g
  • 食塩相当量 2.0g

 

成分を確認するとやはり食塩量は少し多い印象です。

しかし、創味シャンタンはそもそも、そのまま食べるものではありません。

 

お湯に溶かしたり炒め物に使ったりするダシなので、味をしっかり出すためにはこれぐらいの塩分量は必要になりそうですね。

コクのある旨味を出すために原材料には動物油脂、植物油脂、砂糖、小麦粉、野菜エキスなどが入っています。

 

たくさんのスパイスなどが使われていますが、特に体に悪い添加物などは入っていません。

普通の料理用の塩と同じで、必要以上に使い過ぎなければ健康被害が出るようなものではないでしょう。

 

創味シャンタンの安全な量は何g?粉末とペーストの違いはある?

 

創味シャンタンは粉末タイプやペーストタイプがあります。

粉末タイプは主にお湯に溶かして使うもので、スープなどに使います。

 

ペーストタイプは炒め物に使いやすいですね。

野菜炒めなどにはペースト状を使います。

 

小さじ1は少なく見えますが、塩分は多いです。

粉末タイプの小さじ1は2.5gで塩分量1g、ペーストタイプの小さじ1は5gで塩分量2gになります。

 

創味シャンタンはどの商品についても表示に書かれている適切な量を使用し、たくさん使うのはやめましょう。

健康な成人の男女の塩分摂取目安量は1日に6g以下が理想的だと言われています。

 

他のおかずや食事の塩分量も考えると、創味シャンタンも1回の食事で小さじ1(塩分量2g)程度にした方が良いでしょう。

塩分は摂取し過ぎると高血圧心疾患、脳疾患など怖い病気の原因になる恐れがあるのです。

 

さらに、ナトリウムの過剰摂取は浸透圧の関係で体がむくみやすくなってしまいます。

体のむくみは冷えの原因になりますので、新陳代謝が下がって痩せにくい体になってしまう可能性もあるため要注意です。

 

創味シャンタンは塩味以外の旨味成分もしっかりついていますので、入れ過ぎると塩辛くなってしまいます。

塩分が濃いとビールなども飲み過ぎて、カロリーオーバーになってしまいますよね。

 

塩分が気になる方は、記載されている分量より少なめに入れてみて、少しずつ味を調整していくのもおすすめですよ。

 

ウェイパーと創味シャンタンの違いとは?塩分量が違う?代用品に使える?

ウェイパーと創味シャンタンの違いとは?塩分量が違う?代用品に使える?

 

創味シャンタンとよく似たガラスープの粉末調味料にウェイパー(味覇)という商品があります。

廣記商行という会社から販売されているもので、赤い缶に黒字で商品名が書かれたものが有名ですね。

 

ウェイパーも本格的な中華スープの素として販売されていて、創味シャンタンの代用品に使えます。

ウェイパーと創味シャンタンの違いについて確認していきましょう。

 

ウェイパーと創味シャンタンの塩分量に違いなし?販売元が違うだけ?

 

創味シャンタンの成分量は上記でご紹介した通りです。

ウェイパーの成分量も調べてみました。

 

ウェイパー (100gあたり)の成分

  • エネルギー 403kcal
  • たんぱく質 10.1g
  • 脂質 30.5g
  • 炭水化物 22.2g
  • 食塩相当量 35.6g

 

創味シャンタンと同じように5gあたりの分量で計算すると、ウェイパーの食塩相当量は1.78gになります。

ウェイパーの方が少しだけ塩分量は少ないですが、それほど違いはありません。

 

販売元が違うので味や風味はやはり違います。

わずかな塩分量の違いが気にならないのであれば好きな方を選んで良いでしょう。

 

少しでも塩分量を減らしたい場合は創味シャンタンよりウェイパーを使うのがおすすめです。

両方用意しておいて、体調や気分で使い分けてもいいでしょう。

 

創味シャンタンの代用品にウェイパーは使える?塩分が低い代用品は?

 

ウェイパーは創味シャンタンとよく似た中華風のガラスープです。

料理ではどちらも代用品として使うことができます。

 

ウェイパーや創味シャンタンなどの調味料は手軽に使えて本格的な中華味を楽しめるのが魅力の商品です。

誰でも美味しく作れるように塩や動物油脂、植物油脂、砂糖、小麦粉、野菜エキス、スパイスなどをバランスよく配合しています。

 

さきほどご紹介したように創味シャンタンよりウェイパーの方が塩分量はわずかに少ないですね。

でももっと厳密に塩分を減らしたい場合は次のような方法もありますよ。

 

材料があれば、すぐにできるので試してみてはいかがでしょうか。

 

  • かつおと昆布のダシを自分で取る
  • 自宅で鶏ガラを煮込んでスープを取る
  • 減塩の塩に買える
  • 唐辛子や山椒などで辛みを利かせる

 

少し手間はかかり味や風味も変わります。

しかし、この方法なら創味シャンタンやウェイパーを使うよりも摂取する塩分量はかなり減らせるのです。

 

時間が無くてパパッと短時間で料理を作りたいは創味シャンタンやウェイパーを使うといいでしょう。

そして時間がある時はダシを自分で取るなど使い分けても良いかもしれませんね。

 

風味が変わるのを楽しむのも、料理の醍醐味と言えるでしょう。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

創味シャンタンが体に悪いは嘘!創味シャンタンのうまい最強レシピも紹介!

創味シャンタンは高塩分で体に悪い?危険性や安全な量・代用品は?

 

創味シャンタンが体に悪いは嘘だとわかりましたね。

創味シャンタンが体に悪いのは使い過ぎた場合のみです。

 

1日の塩分摂取量を守って適量を使う分には決して体に悪いものではありません。

創味シャンタンを使った美味しいレシピもご紹介します。

 

創味シャンタンの最強レシピ①:チンジャオロース(2人前)

 

材料:牛モモ肉150g、ピーマン2個、タケノコ水煮70g、創味シャンタン7.5g、オイスターソース小さじ1
片栗粉大さじ1、ごま油

 

こま切りにした牛肉に片栗粉を均等につけ、ごま油を引いたフライパンで炒めます。

そこへ細切りにしたピーマンとタケノコを入れて火を通してください。

 

仕上げに創味シャンタンとオイスターソースを入れて味を整えたら完成です。

中華料理の定番であるチンジャオロースは創味シャンタンを使うととても簡単ですよ。

 

創味シャンタンの最強レシピ②:白身魚の中華あんかけ(2人前)

 

材料:たら2切れ、玉ねぎ1/2個、人参1/3本、ピーマン1/3個、片栗粉大さじ1、創味シャンタン5g、
水150ml、塩コショウ、ごま油

 

塩コショウした魚のたらに片栗粉を付けて油で揚げましょう。

揚げている間に玉ねぎ、人参、ピーマンを細切りにし、フライパンにごま油を引いて炒めます。

 

しんなりしてきたら創味シャンタンと水を加え、水溶き片栗粉でとろみをつけてください。

揚げたたらをお皿に置いて、あんを上からかけたら完成です。

 

淡泊な白身魚も、創味シャンタンで深みのある味になりますよ。

 

創味シャンタンの最強レシピ③:やみつきキュウリ(2人前)

 

材料:キュウリ1本、ニンニク1片(チューブでも可)、創味シャンタン5g、ごま油大さじ1

 

まずボウルに微塵切りにしたニンニク(またはチューブのもの)と創味シャンタン、ごま油を入れてよく混ぜ合わせます。

調理用の麺棒などで叩いて柔らかくしたキュウリを一口サイズにカットしてボウルに入れて軽く混ぜたら完成です。

 

5分もかからず作れますのでもう1品欲しい時にぜひどうぞ。

 

なお、あなたは普段料理する際に「アルミ鍋」を使っているでしょうか?

 

実を言うと、「アルミ鍋は成分が溶けて体に悪い、危険っていうのは本当なのかな?」という噂が存在します。

アルミ鍋を使っていてこのような話を聞くと心配になってしまうと思います。

 

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

体に害のない鍋!アルミ鍋は体に悪い、危険?アルミ鍋のデメリットを紹介!

 

まとめ

創味シャンタンは体に悪い?ウェイパーと創味シャンタンとの違いも紹介!

 

今回は手軽に本格的なプロの味を再現できる調味料、創味シャンタンについて塩分量や健康への影響を調べてご紹介しました。

創味シャンタンは高塩分で体に悪いということはありませんでしたね。

 

主な内容は次のとおりです。

 

  • 創味シャンタンは5g中の中に約2gの塩分量が含まれている
  • 1回の使用目安量は5g以内がおすすめ
  • ウェイパーは創味シャンタンの代用に使えて塩分量がわずかに少ない

 

創味シャンタンやウェイパーなどの調味料は、上手に使えば料理のレパートリーも増えて非常に便利なアイテムです。

塩分を摂取し過ぎないように使い過ぎには注意して活用してくださいね。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。