バナナチップスは体に悪い?太る?むくみやダイエットに効果はある?

バナナチップスは太る?体に悪い?むくみやダイエット効果はある?

 

「バナナチップスは太るの?ダイエットにおすすめの食べ方ってあるかな」

 

バナナチップスは太るのかどうか、ダイエット中のおやつに食べている方は気になりますよね。

バナナチップスの主な材料はバナナなので、スナック菓子やケーキを食べるよりもヘルシーで体に良いイメージがあります。

 

  • ダイエット中のおやつにバナナチップスは太る?
  • バナナチップスのカロリーや糖質は?
  • バナナチップスの太らない1日の目安はどれぐらい
  • 太らないバナナチップスの食べ方は?
  • バナナチップを食べ過ぎたらどうなるの?

 

など、バナナチップスについていろいろと疑問があるのではないでしょうか?

今回は「バナナチップスは太る」という噂をカロリーや糖質などから検証、ダイエットにおすすめの食べ方などを調べました。

 

サクサクした歯ごたえで素朴な甘みを感じるバナナチップスは、美味しくて栄養面でもヘルシーです。

しかし、食べ方を間違えると太る原因になることをご存知でしょうか?

 

「バナナチップスが好きでやめられない、でもダイエットは成功させたい」という方はぜひ最後まで読んでください。

ダイエット向きのヘルシーな食べ方をマスターできますよ。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

バナナチップスは太る?体に悪い?ダイエットに効果的な理由を徹底解説!

バナナチップスは太る?体に悪い?ダイエットに効果的な理由を徹底解説!

 

世間では「バナナチップスは太る」「ダイエット中はやめた方がいい」と言われています。

バナナチップスはカロリーが高い印象があり、たしかに食べ過ぎると太る原因になってしまうでしょう。

 

しかし詳しく調べてみると、逆にダイエットに効果的で痩せやすくなる効果もあることが分かりました。

まずはバナナチップスのカロリーや糖質などの栄養成分などを確認していきましょう。

 

バナナチップスは太る?体に悪い?バナナチップスのカロリーや糖質は?

 

バナナチップスは太るのか、まずはカロリーや糖質をチェックしましょう。

バナナチップスは様々な種類が販売されており、カロリーや糖質は商品によって異なります。

 

ここでは商品を特定せずに、だいたいの平均的なカロリーや糖質をご紹介しますね。

バナナチップス1枚あたり(約2g)のカロリーは約10kcal、糖質は約1.5gです。

 

バナナチップス1枚あたり(約2g)

  • カロリー 約10kcal
  • 糖質 約1.5g

 

バナナチップスは生のバナナをカットして油で揚げたり、水分を飛ばして乾燥させたりしたおやつです。

材料はバナナのほかに、調理する時に使う油や、味付けのための塩のみという商品が多いですね。

 

一枚当たりでみると。カロリーも糖質も意外と少なく感じます。

しかし、コンビニやスーパーで販売している袋入りのバナナチップスはだいたい80~100gほどは入っているでしょう。

 

つまり、1袋食べるとカロリーは400~500kcal、糖質は60~75gとなるのです。

1袋食べると、なんと食事1回分ぐらいのカロリーと糖質を摂取することになります。

 

バナナチップスを食べ過ぎると太ると言われているのは、「高カロリーで糖質が多いから」ということが分かりますね。

 

バナナチップスがダイエットに効果的な理由を解説!腹持ちがいい?

 

それではなぜ高カロリーで糖質が多いバナナチップスが「ダイエットに効果的」だと言われているのでしょうか。

実はその理由はバナナチップスの腹持ちの良さと、豊富な栄養にあります。

 

バナナチップスはバナナを油で揚げているスナック感覚のオヤツです。

油を使っているため生のバナナを食べるよりも消化に時間がかかり、腹持ちがとても良いという特徴があります。

 

ダイエット中は食事の量を減らすことが多いため、お腹が空いてストレスを感じやすい状態です。

空腹のあまり、食事をドカ食いしてしまうケースも少なくありません。

 

バナナチップスをほどよく食べることで、お腹が満たされると過食を防ぐ効果があるのです。

またバナナは食物繊維やビタミンB6、カリウムなど体に大切な栄養がとても豊富なのもポイント。

 

食物繊維は食事後の血糖値の上昇を穏やかにする効果があり、腸内環境を整えて便通を良くする効果があります。

他にもビタミンB6やカリウムなどは免疫機能を維持、余分な塩分や水分を老廃物として排出するのです。

 

体のむくみも取れやすくなるので、どれもダイエット中に積極的に補いたい栄養ばかりなんですね。

生のバナナはたくさん食べるのは難しいし、保存するのもちょっと大変。

 

でも、バナナチップスならサクサクと軽い食感で食べやすく、保存がきくのもメリットです。

小分けにしてチャック付きのビニール袋などに入れれば、外出先でもサッと食べられます。

 

スナック菓子を食べるならバナナチップスの方が栄養的にもメリットがたくさんあるんです。

これがダイエットに効果的だと言われている大きな理由になっています。

 

もし、どうしてもドカ食いしたくなってしまった時は、ドカ食いOKの食材を選ぶといいです。

 

そう、いくら食べて太らない夢のような食べ物というものはたしかに存在します。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

毎日ドカ食いでも太らない食べ物とは?いくら食べても太らない食べ物を紹介

 

ココナッツオイル使用のバナナチップスは太る?むくみやダイエットに効果的?

バナナチップスは体に悪い?太る?むくみやダイエットに効果はある?

 

バナナチップスを食べるなら、さらにダイエットに効果的な食べ方をしたいですよね。

実はバナナチップスにはいろんな商品があり、ヘルシーで体のことを考えて作っている商品もたくさんあるのです。

 

ここではダイエットに向いているバナナチップスを2つご紹介します。

好みや体調などに合わせて選んでみてください。

 

ココナッツオイル使用のバナナチップスがダイエットにも効果的?

 

バナナチップスダイエットをするなら、ココナッツオイルで作った商品を選ぶのもおすすめですよ。

ココナッツオイルは、ココヤシの実から採れるオイルです。

 

ココナッツオイルは、脂肪を燃焼させる効果や、免疫力を高める効果などが期待されていると言われています。

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は、お腹の中の環境を整えるとも言われているのです。

 

ダイエット中はバターやサラダ油の代用品として、ココナッツオイルを使う人も多いですね。

ココナッツオイルを使うバナナチップスはカロリーや糖質については通常の商品と変わりません。

 

一般的なバナナチップスよりカロリーが低いわけではありませんが、油の質が違います。

体の中から綺麗に痩せたい人や、むくみなどが気になる人は、試してみてはいかがでしょうか。

 

また、むくみを改善したいのであれば『特茶』もおすすめ。

実際に特茶を飲み続けた結果、体重が痩せたという人もたくさんいます。

 

例えば、1週間の特茶ダイエットで3キロも痩せた!という人など。

特茶と水はどっちが体にいいのか?など知りたい方は、以下の記事をぜひチェックしてみてください!

 

特茶は痩せる?特茶ダイエット1ヶ月の効果!特茶と水はどっちが痩せる?

 

油で揚げないバナナチップスもある?ドライバナナチップスって?

 

バナナチップスは揚げていない商品「ドライバナナチップス」もあるのをご存知ですか?

なんとドライバナナチップス1枚(2g)あたり、およそ6kcal、糖質1.5gほどになります。

 

ドライバナナチップスは、生のバナナを乾燥させて水分を飛ばしてサクサクした食感に仕上げたものです。

一般的な油で揚げているバナナチップスのカロリーが10kcalであることを考えると、ドライバナナチップスはカロリー低め。

 

糖質は変わりませんが、カロリーをとにかく減らしたい人には嬉しいですよね。

ただし揚げていないため消化しやすく、通常のバナナチップスと比べるとあっさりしています。

 

そのため腹持ちは悪くなるかもしれません。

「なるべく摂取カロリーを減らしたいけれど、おやつは欲しい」という場合におすすめです。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

 

また、砂糖控えめのお菓子として「オリゴスマート」もダイエット中の女性に大人気。

というのも、オリゴスマートはチョコレート菓子ですが、カロリーや糖質を減らしているため太りにくいのです。

 

また、お腹に優しく整腸効果も期待できます。

詳しくは以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

 

オリゴスマートのデメリットとは?ココアやアイスも太るのか徹底解説!

 

バナナチップスで太るのは1日何gから?1日の摂取量目安を解説!

バナナチップスで太るのは1日何gから?1日の摂取量目安を解説!

 

バナナチップスは腹持ちの良さや栄養面からダイエットにも効果的だということが分かりました。

カロリーと糖質が多いため食べ過ぎると確実に太ってしまうのは間違いありません。

 

そこでバナナチップスで太るのは1日何gからなのか、くわしく調べてみました。

また最後に「バナナチップスをうっかり食べ過ぎてしまった」という場合の体への影響も解説しています。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

バナナチップスで太るのは1日24gを超えたら!食べ過ぎは注意!

 

結論から言うとバナナチップスの1日の摂取目安量はおよそ24gと言われています。

油で揚げているバナナチップスは1枚あたり2gで、カロリーは約10kcal、糖質は約1.5gです。

 

24g食べるとカロリーは120kcal、糖質は18gになります。

このバナナチップス24gのカロリーと糖質は、実は大きめサイズの生のバナナ1本分ぐらいのカロリーと糖質量です。

 

おやつにバナナ1本食べることを考えると、バナナチップスに換算して24gになるということですね。

バナナチップス24gは約12枚ということになります。

 

12枚は少なく感じるかもしれませんが、1枚ずつゆっくり噛んで味わって食べればかなり食べ応えがある量ですよ。

ノンカロリーのお茶やコーヒーなどのドリンクと一緒に食べればお腹の中で膨れて満足感も得られます。

 

ダイエット中は、バナナチップスの1日分の摂取目安量を守って食べ過ぎないことが大切です。

12枚を目安に食べるのがいいでしょう。

 

バナナチップスを食べ過ぎた場合のデメリットを解説!

 

バナナチップスを食べ過ぎたら太ってしまうというのはご紹介してきた通りです。

しかし食べ過ぎによるデメリットは太るだけでなく、健康面にも影響があります。

 

  • 食物繊維の取り過ぎで下痢や便秘になる
  • カリウムの利尿作用で頻尿になる
  • 頻尿になることで体が冷えてしまう
  • 高カリウム血症のリスクが高くなる
  • 油の取り過ぎでコレステロール値が高くなる

 

これらのデメリットは必ず起こるとは限りませんし、当然個人差もあります。

もちろん1回食べ過ぎた程度で、すぐに悪影響があるわけでもないのです。

 

とはいえ、栄養が豊富なバナナチップスだからたくさん食べても大丈夫というわけではありません。

継続して食べ過ぎると体重は増加し、健康面でも悪影響が出てしまう可能性は高いでしょう。

 

ダイエットをしているのに、体調を崩してしまうのは避けたいところです。

バナナチップスは1日の摂取目安量24gを守って健康的に美味しくダイエットに役立てるようにしたいですね。

 

まとめ

バナナチップスは体に悪い?太る?むくみやダイエットに効果はある?

 

今回はバナナチップスとダイエットの関係について詳しくご紹介しました。

バナナチップスが太る、痩せやすいと色々言われている理由がそれぞれよく分かりましたね。

 

バナナチップスは腹持ちがよく、しかも栄養価の高いおやつです。

食べ過ぎに注意していれば、ダイエットの効果も出てくるでしょう。

 

今回ご紹介した内容をまとめると次のようになります。

ダイエット中のバナナチップスの食べ方についてぜひ参考にしてください。

 

  • バナナチップス1枚あたり(約2g)のカロリーは約10kcal、糖質は約1.5g
  • バナナチップスは食べ過ぎると太る
  • バナナチップスは腹持ちが良く栄養豊富でダイエットに効果的
  • ダイエット中はココナッツオイルで作ったバナナチップスや、油を使わないドライバナナチップスがおすすめ
  • バナナチップスの1日の摂取目安量はおよそ24g(約12枚)
  • バナナチップスを食べると太るだけでなくさまざまな健康リスクもある

 

バナナチップスは、食べる量を1日24g以内にして食べ過ぎなければダイエット中も楽しめるオヤツです。

気分や体調に合わせ、ココナッツオイルで揚げたバナナチップスや、ドライバナナチップスを食べるのもいいでしょう。

 

美味しいバナナチップスで栄養もしっかり補いながら、楽しくダイエットを頑張ってくださいね。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。