コーン茶は太る?1日摂取量やカロリーは?むくみに効くか徹底解説!

コーン茶は太る?むくみに効果的?1日の摂取量やカロリーも紹介!

 

「コーン茶は太るって本当?ダイエット効果はあるのかな」

 

コーン茶は健康的なお茶でダイエットに効果的と言われていますが、1日どのくらい飲めばいいのでしょうか。

コーン茶は太るのでは?と不安に思っている人もいると思います。

 

  • コーン茶は太るって本当なの?
  • コーン茶が好きだけど飲み過ぎたら太るの?
  • コーン茶ってどんなダイエット効果があるの?
  • コーン茶の1日の摂取量の目安は?

 

など、コーン茶についていろいろな疑問や不安があるのではないでしょうか?

そこで、この記事ではコーン茶は太るのか、1日の摂取量はどのくらいかなど、ご紹介していきます。

 

コーン茶は太るのか心配な方、コーン茶でダイエットしたい方はぜひ一緒に確認してみてくださいね。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

コーン茶で太る原因や効果・栄養は?コーン茶のメリットも解説!

コーン茶は太る?むくみに効果的?1日の摂取量やカロリーも紹介!

 

コーン茶が太る原因や効果・栄養はどのようになっているのでしょうか?

実はコーン茶で太る原因はなく、むしろ何杯飲んでも太りません。

 

まずはコーン茶の栄養やカロリー、ダイエット効果はあるのかなどを詳しく確認していきましょう。

コーン茶が健康的なお茶だと言われている理由も合わせてご紹介します。

 

コーン茶で太る原因は?コーン茶1杯の栄養素・カロリー・成分は?

 

日本ではそこまで認知度は高くありませんが韓国では日常的に飲まれているお茶なんです。

コーン茶はとうもろこしの実やヒゲの部分を焙煎して作るお茶で、いろいろな商品が販売されています。

 

ペットボトル飲料で冷やして飲むものや、日本茶のように熱いお湯で煮出して飲むタイプなどです。

紅茶のように、1杯分ずつのティーバッグになっているものもあります。

 

成分は商品ごとに少し違いはありますが、コーン茶1杯の栄養素やカロリーの成分はだいたい次のとおりです。

 

コーン茶1杯あたり(100ml)

  • エネルギー 0kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 0.5g
  • 食塩相当量 0.024g

 

コーン茶はノンカロリーで脂質も含まれていません。

コーンの実を食べるわけではなく、実とヒゲの部分を焙煎して液を抽出して飲むお茶です。

 

そのため炭水化物は100mlあたりわずか0.5gほどと非常に少ないですね。

コーン茶はどれだけたくさん飲んでも太る心配はありません。

 

とうもろこしが原材料に使われているため「太るのでは」と心配している人もいるようですが、大丈夫です。

 

コーン茶は痩せる?ダイエット効果やメリットは?美容効果も?

 

コーン茶はカロリーも脂質もなく、炭水化物もほとんどないお茶です。

しかもコーン茶には体に良い栄養がたくさんあります。

 

ビタミンやミネラル豊富で、特に女性の美容や健康にうれしいお茶だとわかりますよ。

 

①:ビタミンBやβカロテン

 

コーン茶には、ビタミンB群やβカロテンが含まれています。

ビタミンBは、水に溶ける水溶性ビタミンです。

 

体の疲れはもちろん、ストレスを感じたときの疲労回復や倦怠感解消に役立つビタミンなんです。

βカロテンは、体の中でビタミンAに変わります。

 

抗酸化作用をもち、肌の老化を防止するアンチエジング効果などが期待できるのです。

シミやしわができるのを防いで、美肌作りをサポートしてくれるでしょう。

 

②:ビタミンE

 

ビタミンEは、脂に溶ける「脂溶性ビタミン」のひとつです。

ビタミンEは血行を良くして冷え性を改善するほか、抗酸化作用も期待できます。

 

冷え性改善してくれるので基礎代謝がアップするでしょう。

紫外線の害や、大気汚染などからも体を守ってくれる大切なビタミンです。

 

③:カリウム

 

カリウムは、生命の維持には欠かせない大切なミネラルです。

主な働きは体内の余分な塩分を尿で排出し、血圧を下げて高血圧を予防します。

 

むくみをやわらげる効果も期待できるでしょう。

筋肉の動きにも関わるミネラルなので、足がつりやすい人はカリウムを摂ると解消する場合もあります。

 

④:リノール酸

 

リノール酸は、人間の体には欠かせない脂肪酸ですが、体内で作れないため必須脂肪酸と呼ばれます。

悪玉コレステロールを減らし、血圧を下げる作用があるのです。

 

肌にバリアを作ってくれるので、皮膚の保湿効果も期待できます。

 

⑤:水溶性食物繊維

 

水溶性食物繊維は、水に溶けるとゲル状になるのが特徴です。

ゲル状になってお腹の中を移動していくため、栄養が吸収されるスピードを落としてくれます。

 

そのため、満腹感がキープできるので食べ過ぎを抑えてくれるでしょう。

その結果、血糖値の急上昇をおさえてくれるのです。

 

ゲル状になった水溶性食物繊維は、お腹の中を移動しながら余分なコレステロールも吸着します。

さらに、大腸にそのまま届くと善玉菌のえさになってくれるので善玉菌を増やす働きもあるのです。

 

水溶性食物繊維は、腸内環境を整えてお通じも良くしてくれます。

 

⑥:鉄分

 

鉄分はミネラルのひとつで、酸素を体中に運んでいるヘモグロビンの材料です。

そのため、鉄分を摂ると貧血予防になります。

 

女性は鉄分がもともと減りやすいので、不足に注意したい成分なのです。

コーン茶にはこのように体に嬉しい栄養が豊富に含まれています。

 

アンチエイジングや美肌効果があるのは女性にとっては非常に嬉しい効果ですね。

また冷え性の改善で基礎代謝が上がり、便秘が解消すると体重も減りやすくなります。

 

むくみをやわらげる効果があるのもダイエットに効果的です。

さらに血圧や血糖値、コレステロール値、貧血などが改善できる点もコーン茶のメリットと言えます。

 

コーン茶がなぜこれほど美容やダイエットに効果的だと言われているのか、その理由がよく分かりますね。

 

他にも、アンチエイジングや美肌効果のあるお茶でオススメなのは「美酢」。

最近CMでよく見かける美酢(ミチョ)シリーズですが、ダイエットに嬉しい効果が沢山あるんです。

 

詳しくは以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

美酢ざくろは太る?太った人もいる?美酢ダイエットで痩せた人のやり方は?

 

コーン茶にデメリットや副作用は?アレルギーがある人は注意?

コーン茶は太る?むくみに効果的?1日の摂取量やカロリーも紹介!

 

ダイエットや健康にとても良い効果があるコーン茶ですが、これといってデメリットなどは報告されていません。

たくさん飲んでも体に悪い影響はありませんし、太ってしまうこともありません。

 

しかしとうもろこしのアレルギーがある人は飲むのを控えた方が良いでしょう。

とうもろこしアレルギーは稀ではあります。

 

しかし、コーン茶を飲むことでアレルギー症状が出てしまう恐れがありますので注意が必要です。

また美味しくて飲みすぎてしまうとカリウムの利尿作用などの影響などで、トイレが近くなってしまう可能性があります。

 

脱水症状まで引き起こす恐れはほとんどないと考えられますが、外出時などは適量を飲んで楽しむのが良いでしょう。

観劇やコンサートなど、途中席を立つのが大変な場合は控えめにするといいかもしれません。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

コーン茶ダイエットに効果的な1日摂取量は?簡単な淹れ方も解説!

コーン茶は太る?むくみに効果的?1日の摂取量やカロリーも紹介!

 

コーン茶ダイエットに効果的な1日の摂取量や、簡単で美味しいコーン茶の淹れ方について解説します。

コーン茶は季節や好みに合わせて、冷たいお茶や熱いお茶で1年中楽しむことができますよ。

 

ダイエットに効果的なコーン茶の1日の摂取量は?

 

コーン茶はカロリーも脂質もありませんので、普段お茶や水を飲むタイミングで自由に飲んで大丈夫です。

カフェインなども含まれていないため、子どもやお年寄りでも飲むことができます。

 

妊婦さんや授乳中の女性も楽しむことができますよ。

ただしデメリットのところでもご紹介しましたが、コーン茶を飲みすぎるとトイレが近くなってしまう場合もあります。

 

コーン茶は、適度な量を飲むのが良いでしょう。

汗をかく季節は冷やして飲むと美味しいですし、寒い冬は熱いコーン茶をゆっくり飲んで体を温めるのもおすすめです。

 

コーン茶の簡単な作り方は?効果的な淹れ方を解説!

 

コーン茶は自分で簡単に作れます。

とうもろこしの旬である夏は、自宅でコーン茶を手作りしてみるのもおすすめですよ。

 

コーン茶の作り方

  1. 買ってきたとうもろこしをカラカラになるまで完全に乾燥させる(およそ1ヶ月ほど)
  2. 実を手でほぐして外し、ヒゲの部分と一緒にフライパンなどに入れて焙煎
  3. 20分ほど焙煎して香ばしい匂いがしてきたら完成
  4. 密封できる保存容器に入れておく

 

手作りするのは少し手間がかかりますので、普段はスーパーなどで買ってきたコーン茶が便利ですね。

美味しいコーン茶の淹れ方もチェックしていきましょう。

 

コーン茶の淹れ方

  • ヤカンに水1Lとコーン茶(およそ大さじ3杯)を入れて15分ほど沸騰させる。
  • 急須や耐熱容器などに熱湯とコーン茶のティーバッグ1袋を入れて15分煮出す
  • 水出しの場合は容器に水とコーン茶のティーバッグ1袋を入れて1晩冷蔵庫に入れておく

 

コーン茶をスーパーなどで購入する場合は、パッケージに必要なお湯の量やコーン茶の目安が書かれています。

その記載に従って淹れると一番美味しく作ることができますよ。

 

コーン茶は太るって本当?コーン茶で痩せた人の体験談を紹介!

コーン茶は太る?むくみに効果的?1日の摂取量やカロリーも紹介!

 

コーン茶を飲んでいる人の口コミなどを確認しましたが、コーン茶で太ったという口コミはありませんでした。

またコーン茶の効果で痩せたという具体的な体験談も意外と見つかりません。

 

コーン茶は劇的な体重変化をもたらすようなお茶ではありませんので、これは当然かもしれませんね。

ダイエットと美容のためにコーン茶を選んで飲んでいると言う口コミはたくさんありました。

 

  • 美容と健康にコーン茶を飲んでいる。おすすめ。
  • ダイエットや美容に良い効果がありそう。話題のコーン茶はポップコーンの風味がする
  • ダイエット中はコーン茶を飲んでいる
  • コーン茶はダイエットの相棒にちょうど良い
  • ダイエット中はコーン茶を飲んでむくみを解消

 

美容や健康を意識している人は、やはりコーン茶の効果を実感しているようです。

香ばしくて独特の甘みがあるコーン茶は水よりも美味しく飲みやすいのもメリットと言えます。

 

美容効果やダイエット効果だけでなく健康面も期待できるので、ダイエット中はぜひ試してみたいですね。

そういう意味では、コーン茶の他に「梅昆布茶」がオススメ。

 

梅昆布茶の昆布エキスに含まれるフコイダン・アルギン酸などの食物繊維が便秘改善の効果があります。

 

飲みすぎると下痢になってしまう人もいますが、老廃物を体の外へ排出する働きがあるのです。

腸内環境を改善してダイエットに役立ちますよ。

 

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

寝る前に梅昆布茶を飲むとむくみが発生する?梅昆布茶ダイエットの飲み方!

 

まとめ

コーン茶は太る?1日摂取量やカロリーは?むくみに効くか徹底解説!

 

今回はダイエットと美容に良いと話題のコーン茶についてご紹介しました。

コーン茶は太るお茶ではありません。

 

むしろノンカロリーで健康維持に欠かせない栄養も含まれるお茶なんです。

「コーン茶は太る?」と心配していた方は疑問がスッキリ解消できたのではないでしょうか。

 

この記事で解説したポイントをまとめると次の通りです。

 

  • コーン茶はカロリーも炭水化物もほとんどない
  • コーン茶で太ることはない
  • さまざまなダイエット効果や美容効果がある
  • ともろこしアレルギーがある人は要注意
  • コーン茶の飲みすぎでトイレが近くなる可能性がある
  • 特に摂取制限などはない

 

コーン茶は手軽に楽しめるヘルシーで健康的なお茶です。

コーン茶を飲んで、ダイエット中もカロリーを気にせず安心して楽しんでくださいね。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。