魚肉ソーセージを食べ続けると健康に悪い?毎日食べると体に悪いって本当?

魚肉ソーセージは健康に悪い?毎日食べると太るしからだに悪いって本当?

 

「魚肉ソーセージは健康に悪いのかな?毎日食べ続けると太るしからだに悪いって本当?」

 

魚肉ソーセージは、高たんぱくで常温保存もできる人気商品です。

しかし「魚肉ソーセージからだに悪い」などの噂もあり「毎日食べても大丈夫?」と不安な人もいると思います。

 

  • 魚肉ソーセージはからだに悪いのか?
  • 毎日食べ続けた場合のからだへの影響は?
  • そもそもどんな栄養が含まれているの?
  • からだに良い魚肉ソーセージの選び方は?

 

など魚肉ソーセージについていろいろと気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、魚肉ソーセージはからだに悪いのか、毎日食べてもいいのかなどを解説します。

 

ちょっとお腹が空いた時にも手軽に食べられておいしい魚肉ソーセージ。

常に自宅にストックしている人も多いのではないでしょうか。

 

魚肉ソーセージに危険性があるのか、選び方はどうすればいいのかについても解説しています。

魚肉ソーセージはからだに悪い?と心配している方や魚肉ソーセージが好きな人には非常に役立つ内容です。

 

最後まで読んで、ぜひ参考にしてくださいね。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

魚肉ソーセージは健康に悪い?魚肉ソーセージを食べ続けると体に悪い?

魚肉ソーセージは健康に悪い?魚肉ソーセージを食べ続けると体に悪い?

 

魚肉ソーセージはからだに悪い?とネットなどで意見を見かけるときがあります。

悪いと言われるのは、塩分と添加物、糖質の多さが関わっているようです。

 

まずはこれら3つ理由について詳しく解説していきます。

 

魚肉ソーセージがからだに悪いと考えられる主な理由は3つあります。

それは、「塩分」「添加物」「糖質」の多さです。

 

ひとつずつ確認していきましょう。

 

①:魚肉ソーセージは塩分が多いから健康に悪い?

 

魚肉ソーセージには、実は塩分がたくさん入っています。

魚肉ソーセージ1本あたり約90gとして、塩分は約1.8~2gほどです。

 

成人男女の1日の塩分摂取量の目安は健康な人でもおよそ6g未満が望ましいとされています。

ですから、魚肉ソーセージ1本で約2gも摂取してしまうのは少し多いといえますね。

 

塩分の取りすぎは高血圧や動脈硬化、脳疾患や心疾患など病気のリスクを高める恐れがあります。

減塩生活を意識している人には気になる塩分量です。

 

オヤツ感覚で手軽に食べられるため、ついつい食べ過ぎないよう気を付けましょう。

 

また、ディスカウントショップに売られている調味料「創味シャンタン」。

便利な調味料ですが、魚肉ソーセージと同じように塩分が気になる人も多いと思います。

 

実際に、創味シャンタンが高塩分で体に悪い!という口コミも広がっているのをご存知でしょうか?

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

創味シャンタンを使ったうまい最強レシピも伝授していますので、参考になるはずです。

創味シャンタンは体に悪い?ウェイパーと創味シャンタンとの違いも紹介!

 

②:魚肉ソーセージの危険性!添加物が入っているから健康に悪い?

 

魚肉ソーセージはからだに悪いと言われるのは、魚肉ソーセージに含まれる添加物多さも理由です。

魚肉ソーセージに多く使われる添加物は主に着色料・亜硝酸ナトリウム・リン酸ナトリウムなどがあります。

 

着色料は「黄色〇号」「赤色〇号」などと記載されており、海外では使用を禁止になっているものもあるのです。

断言はされていませんが、からだにはさまざまな悪影響があると言われています。

 

亜硝酸ナトリウムはソーセージの色を綺麗に見せるための発色剤として使用されています。

亜硝酸ナトリウムを大量に摂ると、発がん性があるとも言われていますね。

 

たくさん取るべきではない成分なのは言うまでもありません。

さらにリン酸ナトリウムという添加物はカルシウムの吸収を妨げてしまう働きがあります。

 

そのため、成長期の子どもなどは注意した方が良いと考えられているのです。

 

また、コンビニやディスカウントショップで売られている「インスタント味噌汁」。

こういった即席味噌汁の添加物が気になっている人も多いはず。

 

便利なインスタント味噌汁だからこそ、何も知らずに食べ続けてしまうと、体に悪影響があるのをご存知でしたか?

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

インスタント味噌汁は危ない?添加物が体に悪い?即席味噌汁の栄養を紹介!

 

③:魚肉ソーセージは意外と糖質が多いから健康に悪い?

 

魚肉ソーセージはからだに悪いと言われる理由に、糖質の多さがあります。

魚肉ソーセージは原材料に魚を使用しているため低糖質なイメージがあるので、意外かもしれません。

 

魚肉ソーセージ1本当たり90gとして、炭水化物は約11gも含まれています。

これは6枚切り食パン1枚の半分ほどの量に相当するので、2本食べれば食パン1枚を食べたのと同じ糖質量です。

 

魚肉ソーセージは口当たりがよく、大人も子どもも食べやすいのは、甘さもあるためでしょう。

魚肉ソーセージは「塩分」「添加物」「糖質」の点から考えると、食べ過ぎには注意した方が良い食品と言えそうです。

 

こうしてみると魚肉ソーセージはからだに悪いと考えてしまいそうですが、実はメリットもたくさんあります。

 

また、コンビニなどでよく目にする「バナナチップス」。

 

世間では「バナナチップスは太る」「ダイエット中はやめた方がいい」と言われています。

バナナチップスは糖質やカロリーが高い印象があり、たしかに食べ過ぎると太る原因になってしまうでしょう。

 

しかし詳しく調べてみると、逆にダイエットに効果的で痩せやすくなる効果もあるんですよね。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

バナナチップスは体に悪い?太る?むくみやダイエットに効果はある?

 

魚肉ソーセージの効果は?栄養成分や効能をチェック!1日の適量は?

 

魚肉ソーセージのメリットを知るためにも、もう少し詳しく栄養成分をチェックしていきましょう。

一般的な魚肉ソーセージ1本分あたりの栄養成分は次のとおりです。

 

魚肉ソーセージ1本の成分 (約90g)

  • カロリー 145kcal
  • タンパク質 10.35g
  • 脂質 6.48g
  • 炭水化物 11.34g(糖質11.34g 食物繊維0g)
  • ビタミンD 0.81μg
  • ビタミンE 0.18mg
  • ビタミンB1 0.1mg
  • ビタミンB2 0.54mg
  • ナイアシン 4.5mg
  • ビタミンB6 0.02mg
  • ビタミンB12 0.27μg
  • 葉酸 3.6μg
  • パントテン酸 0.05mg
  • 食塩相当量 1.89g

 

成分を見ると魚肉ソーセージはやはりタンパク質が豊富ですね。

良質な動物性たんぱく質を摂るのは、筋力維持にも欠かせません。

 

またビタミンなども豊富で、葉酸などの貴重な成分も入っています。

ただし塩分の量や添加物なども気になりますよね。

 

そういった点から考えると、魚肉ソーセージは1日に1本にしておいた方が良いかもしれません。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

魚肉ソーセージを毎日食べる人向け!おすすめの選び方を解説!

魚肉ソーセージは健康に悪い?魚肉ソーセージを食べ続けると体に悪い?

 

健康志向の人向けに、食塩控えめや無添加などのヘルシーな魚肉ソーセージもあります。

魚肉ソーセージはどうしても塩分量などが気になるという人は特におすすめですよ。

 

健康志向の人が魚肉ソーセージを選ぶ時のポイントをチェックしていきましょう。

 

①:特定保健用食品に指定されている商品を選ぼう!

 

健康志向の人向け魚肉ソーセージとしておすすめなのは特定保健用食品に指定されている商品です。

 

特定保健用食品とは、消費者庁が「からだに負担がなく、健康状態を維持できる栄養食品」と定めているものを指します。

人体に有害となる成分が一切含まれていない、特定保健用食品の魚肉ソーセージなら安心です。

 

添加物などを気にする必要がないので、小さい子からご年配の方まで安心して食べることができます。

 

②:含まれている栄養成分で比較して選ぶ

 

健康志向の人向けの選び方として、魚肉ソーセージに含まれる栄養成分を比べるのもおすすめの方法です。

タンパク質が豊富な商品や、カルシウムがたくさん入っている商品などいろいろあるのです。

 

魚肉ソーセージは商品によって栄養成分は異なります。

自分に不足している栄養をしっかり補えるものを選ぶと良いですね。

 

同じような魚肉ソーセージに見えても商品ごとに特徴は違います。

商品のパッケージを見ながらしっかり比較してみることが大切です。

 

③:DHA・EPAが多い魚を使った製品にする

 

魚肉ソーセージには主にDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などが含まれます。

DHAとEPAは体内では作ることができない不飽和脂肪酸です。

 

働きとしては免疫機能を高める、血液をサラサラにするなどが期待されています。

コレステロールや中性脂肪の低下にも効果的だと言われているのです。

 

健康志向な人が魚肉ソーセージを選ぶ時は、DHAやEPAの成分にも注目して選ぶのもおすすめですよ。

 

魚肉ソーセージが健康に悪いは嘘!健康的で栄養もとれるレシピは?

魚肉ソーセージが健康に悪いは嘘!健康的で栄養もとれるレシピは?

 

魚肉ソーセージがからだに悪いは嘘といえます。

魚肉ソーセージがからだに悪いというのは、それはあくまでも食べ過ぎた場合の話です。

 

きちんと栄養があって塩分控えめなものを選べばメリットもたくさんあります。

健康的で栄養もとれる魚肉ソーセージのお手軽レシピをご紹介しますので、ぜひ作ってみてください。

 

①:魚肉ソーセージとブロッコリーのスープ

 

材料:魚肉ソーセージ1本、ブロッコリー1房、タマネギ1個、コンソメ適量、塩コショウ

 

野菜は、他にもキャベツやホウレン草などを使ってもOKです。

材料はすべて1口サイズにカットし、ブロッコリーは塩ゆでするかレンジで火を通して柔らかくしておきます。

 

冷凍のブロッコリーを使うと手早くできて便利ですよ。

お鍋にバターを入れて具材を軽く炒め、水とコンソメスープを入れてください。

 

仕上げに塩コショウで味を整えたら完成です。

とても簡単なのに食べ応えがあって、朝ごはんにもぴったりのスープですよ。

 

②:魚肉ソーセージとキノコと卵の炒め物

 

材料:魚肉ソーセージ1本、卵1個、エリンギやシイタケなどのキノコ1房、塩コショウ

 

キノコ類と卵があれば、すぐにできるお手軽メニューです。

良質なタンパク質や食物繊維がしっかり摂れます。

 

フライパンに油を引き、魚肉ソーセージとキノコに焼き色がつくまでしっかり炒めます。

火が通ったら溶き卵を加え、塩コショウで味を整えて完成です。

 

魚肉ソーセージとキノコの旨味がクセになります。

お弁当のおかずにもおすすめです。

 

③:魚肉ソーセージのチンジャオロース

 

材料:魚肉ソーセージ1本、ピーマンやパプリカ1個、マイタケなどのキノコ1房、ジャガイモ1個、
合わせ調味料(オイスターソース大さじ1、片栗粉小さじ1、砂糖小さじ1、醤油大さじ1)

 

魚肉ソーセージは中華にも大活躍する食材ですよ。

まず材料を均等に細長くカットしておきます。

 

じゃがいもは水にさらしておきましょう。

フライパンに油を引いて強火で材料を炒めます。

 

火が通ったらあらかじめ作っておいた合わせ調味料を入れて軽く煮立たせ、具材を絡めたら完成です。

魚肉ソーセージをお肉に見立てたヘルシー&コスパ最高のチンジャオロースです。

 

ぜひ夕食の1品に加えてみてください。

 

ちなみに、あなたは普段料理する際に「アルミ鍋」を使っているでしょうか?

 

実を言うと、「アルミ鍋は成分が溶けて体に悪い、危険っていうのは本当なのかな?」という噂が存在します。

アルミ鍋を使っていてこのような話を聞くと心配になってしまうと思います。

 

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

体に害のない鍋!アルミ鍋は体に悪い、危険?アルミ鍋のデメリットを紹介!

 

まとめ

魚肉ソーセージは健康に悪い?魚肉ソーセージを食べ続けると体に悪い?

 

魚肉ソーセージはからだに悪い?という噂を検証しました。

結論からいうと、魚肉ソーセージがからだに悪いということはありません。

 

食べ方を間違えなければ美味しくて栄養もとれる食品だと分かりましたね。

塩分や添加物、糖質に注意して食べ過ぎなければメリットがたくさんあります。

 

  • 魚肉ソーセージは「塩分」「添加物」「糖質」に注意
  • 魚肉ソーセージの摂取量の目安は1日1本
  • 健康志向な人は特定保健用食品でDHA・EPAが多いものがおすすめ

 

魚肉ソーセージは常温保存できてタンパク質もしっかり摂取できるとても便利な食品です。

健康志向な人向けに、特定保健用食品でDHA・EPAが入った魚肉ソーセージを選ぶのもおすすめですよ!

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。