オリゴスマートのデメリットとは?ココアやアイスも太るのか徹底解説!

オリゴスマートは太る?アイスやココアも太る?太る原因やデメリット!

 

「オリゴスマートは太るの?太らない食べ方があれば知りたい!」

 

オリゴスマートは太るという噂がありますが、本当に太るのでしょうか?

オリゴスマートは「糖として吸収されないオリゴ糖」を使っているため、ダイエット中の女性にも人気があるチョコレートです。

 

  • オリゴスマートは太るのかな?
  • オリゴスマートが太るって聞いたけど原因はあるの?
  • オリゴスマートの太らない食べ方でダイエットしたい!

 

など、オリゴスマートについていろいろなことが気になりますよね。

そこで今回はオリゴスマートが本当に太る可能性があるのか、太らない食べ方はあるのかなどを詳しく調査してみました。

 

「太らないなら食べたいけど、やっぱり太るの?本当のところはいったいどうなの?」というのを知りたいはず。

この記事を読むことで次のポイントについて確認することができますよ。

 

  • 太らないはずのオリゴスマートで太ることはあるの?
  • オリゴスマートで太るとしたら原因はいったい何?
  • ダイエット中に太らないオリゴスマートの食べ方を知っておきたい

 

ダイエット中にオリゴスマートを食べたい方は、ぜひ正しい知識を得て参考にしてくださいね。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

オリゴスマートのデメリットとは?太る原因を徹底解説!

オリゴスマートのデメリットとは?太る原因を徹底解説!

 

オリゴスマートは太るのでしょうか?

まずオリゴスマートに含まれているフラクトオリゴ糖という成分について調べてみました。

 

オリゴスマートは有名なメーカー「明治」が販売している商品です。

フラクトオリゴ糖は体に良いメリットがたくさんあり、公式では次のように紹介されています。

 

  • 砂糖の半分のカロリー
  • 難消化性のオリゴ糖である
  • 糖として吸収されず、ビフィズス菌や乳酸菌の栄養源になり、短鎖脂肪酸が生成される
  • ごぼう、タマネギ、バナナ、モモ、スイカなどに含まれている
  • 砂糖に近い味わいでおいしい
  • 血糖値の上昇や糖質の吸収を穏やかにする

 

これだけ見るとフラクトオリゴ糖が入っているオリゴスマートは非常に体に良さそうです。

カロリーも砂糖の半分ということもあり、太る要素はあまり無いように見えますね。

 

いったいなぜ「太る」と言われているのか詳しく検証していきましょう。

 

オリゴスマートは知恵袋で太ると言われている?なぜ太るの?

 

オリゴスマートは太ると言われているのは、特にYahoo!知恵袋でのようです。

オリゴスマートを検索するとYahoo!知恵袋だけでなく、その他のサイトで「太る」と書かれたページがヒットします。

 

「フラクトオリゴ糖は糖として吸収されないなら太らないんじゃないの?」と普通は考えてしまいますよね。

でも、結論から言うとオリゴスマートは食べ過ぎると確実に太る原因になります。

 

太る原因は主に2つ考えられますのでひとつずつ解説していきますね。

ちなみにオリゴスマートはいろんな種類の商品が販売されています。

 

ここでは「オリゴスマートミルクチョコレート」の商品について注目してみました。

公式サイトに表示されている成分表示は次の通りです。

 

オリゴスマート ミルクチョコレート1枚(5.0g)あたり

  • エネルギー28kcal
  • たんぱく質 0.5g
  • 脂質 2.0g
  • 炭水化物2.3g(糖質2.1g(糖類1.2g)、食物繊維0.2g)
  • 食塩相当量 0.011g
  • (フラクトオリゴ糖600㎎/1枚)

 

太る原因①:フラクトオリゴ糖も入っているが、普通の砂糖も入っている

 

オリゴスマートが太るのは、「普通の砂糖」が入っているためと考えられます。

実はオリゴスマートはフラクトオリゴ糖だけではなく、普通の砂糖も入っているのです。

 

なんとなく「砂糖はなくて、オリゴ糖でヘルシーだからたくさん食べても大丈夫」って思っていませんでしたか?

砂糖の一部をフラクトオリゴ糖に置き換えているだけなので、糖質はゼロではありません。

 

オリゴスマートのミルクチョコレートの場合は、チョコレート1枚(5.0g)で糖質は2.1gです。

フラクトオリゴ糖が入っているおかげで、血糖値の急上昇は抑えられると言われています。

 

でもたくさん食べると緩やかにですが血糖値は上昇し、太るホルモンであるインスリンの分泌を促してしまうのです。

カロリーが低いので油断しがちですが、食べ過ぎはNGということがよくわかります。

 

太る原因②:カロリーもゼロではない

 

オリゴスマートは太るというのは、「カロリーもゼロではない」点も挙げられます。

オリゴスマートはカカオマスや植物油脂、バター加工品などを材料に使用しているのです。

 

オリゴスマートのミルクチョコレートの場合は1枚(5.0g)で27kcalありますので、10枚食べると277kcalになります。

ダイエット中のおやつは、100kcal程度に抑えている人も多いはず。

 

ちなみに、白米はお茶碗一杯でおよそ250kcalあります。

その点からも、ダイエット中におやつとして食べるには少し多すぎるかもしれません。

 

オリゴスマートのデメリットって何?食べ過ぎると太る?

 

オリゴスマートを食べて太ったと言う人は、食べ過ぎが原因と考えられます。

おそらくフラクトオリゴ糖を使っているという安心感から、食べ過ぎてしまったケースが多いはずです。

 

「腸内環境を整える」「糖質の吸収が穏やかになる」などからも、オリゴスマートには太りにくい効果はあると言えます。

「カロリーが他の一般的なチョコレートに比べると少ない」というのも大きいでしょう。

 

そのため、「食べても絶対に太らない」と誤解しやすいのが最大のデメリットかもしれません。

中には「脂肪を燃焼させて痩せるお菓子」と思っている人もいる可能性もあるのです。

 

オリゴスマートは「食べて痩せる」というお菓子ではありません。

カロリーも糖質もありますので、食べ過ぎに注意が必要ですね。

 

ちなみに、ダイエットに向いてるお菓子でかなり人気なのが『オートミールクッキー』。

 

でも、オートミールクッキーは正しい食べ方をすることで、きちんとダイエット効果を体感できるのです。

オートミールで美味しくダイエットできたら、ストレスなくダイエットを続けられますよね。

 

詳しくは以下の記事で伝授していますので、ぜひチェックしてみてください!

オートミールクッキーは痩せる?太る?ダイエット効果や激やせの方法を紹介!

 

オリゴスマートのココアやアイスは太る?太りやすい商品はある?

オリゴスマートのデメリットとは?ココアやアイスも太るのか徹底解説!

 

オリゴスマートはとても人気があり、他にも同シリーズでココアやアイスなども人気です。

どの商品にもフラクトオリゴ糖を使っているため、ヘルシーで体に優しいお菓子と言われています。

 

もちろん、オリゴスマートのココアやアイスでも食べ過ぎや飲み過ぎは太る可能性はあるんです。

ここではココアとアイスの中でも、どれが一番太りやすいのか成分を調べてみました。

 

オリゴスマート コク深いバニラ 1本(40ml)あたり

  • エネルギー 57kcal
  • たんぱく質 1.1g
  • 脂質 3.0g
  • 炭水化物 8.1g(糖質8.0g(糖類4.5g)、食物繊維0.1g)
  • 食塩相当量 0.053g
  • (フラクトオリゴ糖3000㎎/1本)

 

オリゴスマート 抹茶 1本(40ml)あたり

  • エネルギー 55kcal
  • たんぱく質 1.1g
  • 脂質 2.9g
  • 炭水化物 8.0g(糖質7.7g(糖類4.1g)、食物繊維0.3g)
  • 食塩相当量 0.047g
  • (フラクトオリゴ糖3000㎎/1本)

 

オリゴスマート バニラ&チョコレートアイスバー 1本(82ml)あたり

  • エネルギー 181kcal
  • たんぱく質 2.0g
  • 脂質 12.3g
  • 炭水化物 18.2g(糖質17.7g(糖類13.0g)、食物繊維0.5g)
  • 食塩相当量 0.073g
  • (フラクトオリゴ糖4000㎎/1本)

 

オリゴスマート ダブルチョコレートアイスバー1本(82ml)あたり

  • エネルギー 175kcal
  • たんぱく質 2.5g
  • 脂質 12.2g
  • 炭水化物 16.9g(糖質15.6g(糖類9.3g)、食物繊維1.3g)
  • 食塩相当量 0.071g
  • (フラクトオリゴ糖4000㎎/1本)

 

オリゴスマート ココア200mlあたり

  • エネルギー 123kcal
  • たんぱく質 5.4g
  • 脂質 4.0g
  • 炭水化物 18.4g(糖質17.4g(糖類10.7g)、食物繊維1.0g)
  • 食塩相当量 0.36g
  • (フラクトオリゴ糖3000㎎/1本)

 

カロリーも糖質も高くて一番太りやすそうなのは「バニラ&チョコレートアイスバー」ですね。

ココアは糖質が多いもののカロリーは少なめですが、ダイエット中はこの2つはなるべく避けた方が良いかもしれません。

 

アイスでは「コク深いバニラ」と「抹茶」は1箱6本入りの1本あたりのサイズなので少し小さめです。

カロリーと糖質も、当然その分少なくなります。

 

オリゴスマートシリーズのアイスとココアの中では、一番カロリーと糖質が少ないのは1箱6本入りの「抹茶」のアイスです。

ダイエット中に食べるなら、太りにくい抹茶を選ぶのがおすすめですよ。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

オリゴスマートにダイエット効果はある?太りにくい食べ方を解説!

オリゴスマートのデメリットとは?ココアやアイスも太るのか徹底解説!

 

オリゴスマートにダイエット効果はあるか気になりますよね。

オリゴスマートの食べ過ぎには注意が必要ですが、上手な食べ方さえを知っていれば時々おやつに食べるのはOKです。

 

オリゴスマートのダイエット効果や太りにくい食べ方をチェックしていきましょう。

 

オリゴスマートのダイエット効果は?他のチョコより太りにくい?

 

食べ過ぎると太ってしまうと紹介してきたオリゴスマートですが、ダイエット効果はあるのです。

オリゴスマートが他のチョコレートよりも太りにくいお菓子だと言われている理由は3つあります。

 

太りにくい理由①:砂糖の一部をフラクトオリゴ糖に置き換えている

 

フラクトオリゴ糖の効果はさきほどもご紹介した通りですね。

砂糖を減らしてフラクトオリゴ糖に置き換えて、カロリーや糖質を減らしているため太りにくいのです。

 

また、フラクトオリゴ糖はお腹に優しいため、整腸効果も期待できます。

 

太りにくい理由②:血糖値の上昇や糖質の吸収を穏やかにする

 

フラクトオリゴ糖は血糖値の急上昇を抑え、糖質の吸収を穏やかにする効果があります。

これによりインスリンの分泌を少なくし、体重や脂肪の増加を抑える効果が期待できます。

 

太りにくい理由③:適正糖質量を計算しやすいロカボ商品である

 

オリゴスマートは低糖質な商品でロカボ生活をサポートしてくれます。

オリゴスマートの商品はロカボを意識したチョコレートです。

 

ロカボとは完全糖質ゼロの生活ではなく、1日に適正糖質量を取ることを推奨しているものです。

ダイエット中にちょっと甘いものが食べたい時も、比較的安心して食べることができますね。

 

オリゴスマートの太りにくい食べ方やポイントは?食べすぎ注意?

 

オリゴスマートを太らないように食べたいなら、やはり食べ過ぎには十分注意が必要です。

1箱を2日に分けて食べるなどしっかり量を調整すると、太りにくくなります。

 

またダイエット中は深夜や寝る直前に食べるのも避けた方が良いでしょう。

特に空腹時は食べ過ぎてしまうことがありますよね。

 

なるべく食後などお腹が満たされている時に、気分転換などで食べた方が良いかもしれませんね。

 

オリゴスマートの口コミからオリゴスマートで太る人の特徴を解説!

オリゴスマートのデメリットとは?ココアやアイスも太るのか徹底解説!

 

最後にオリゴスマートの口コミから、オリゴスマートを食べて痩せたという人の特徴を確認しておきましょう。

 

オリゴスマートの口コミをチェック!痩せた人はどんな人?

 

オリゴスマートを食べて痩せた人の口コミは、次のようなものがありました。

痩せたと言う人はオリゴスマートを食べる量をしっかり調整しています。

 

  • 野菜中心、糖質を気にかけてよく噛んで食べる、おやつは週に1回のオリゴスマート個包装1つのみ。1か月で6キロ痩せた
  • 麦ごはん、炭水化物少な目、甘いものはオリゴスマートかSUNAOのクッキーで体重は順調に減っている
  • ダイエット中はオリゴスマートを1箱食べるのに1週間かける

 

その上で、食事も糖質量を少なめにして野菜を中心にしている人が多いようです。

一気にオリゴスマートを食べるのではなく、少しずつ食べるのもいい方法だとわかりますね。

 

ダイエット中でオリゴスマートを食べる方にとって参考になるのではないでしょうか。

 

オリゴスマートで痩せた人の特徴やおすすめな人とは?

 

オリゴスマートで痩せた人の特著は、基本的なダイエット方法を実践しています。

「食べ過ぎない」「オリゴスマート(おやつ)の量を調整する」「野菜も食べる」などの実践です。

 

口コミからも分かるように、オリゴスマートで痩せた人は「オリゴスマート+基本のダイエット」をやっていました。

オリゴスマートなら大丈夫と油断しないことが大切ですね。

 

オリゴスマートは、ダイエット中でも食べやすいおやつのひとつとして利用するとうまくいくでしょう。

 

また、他にもダイエット中のお菓子としておすすめなのが「バナナチップス」。

 

世間では「バナナチップスは太る」「ダイエット中はやめた方がいい」と言われています。

バナナチップスは糖質やカロリーが高い印象があり、たしかに食べ過ぎると太る原因になってしまうでしょう。

 

ですが、逆にダイエットに効果的で痩せやすくなる効果もあるんですよね。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

バナナチップスは体に悪い?太る?むくみやダイエットに効果はある?

 

まとめ

オリゴスマートのデメリットとは?ココアやアイスも太るのか徹底解説!

 

ダイエット中にも食べやすいお菓子として大人気のオリゴスマートについて、ダイエットとの関係を調査してご紹介しました。

当記事の内容をまとめると次のとおりです。

 

  • オリゴスマートで太るのは、カロリーと糖質がゼロではない上に食べ過ぎてしまうため
  • オリゴスマートのアイスとココアでは「バニラ&チョコレートアイスバー」が一番太りやすい
  • オリゴスマートは他のチョコレートに比べると、フラクトオリゴ糖の成分がダイエットに効果あり
  • オリゴスマートで太らないためには、食べ過ぎには十分注意が必要

 

オリゴスマートは食べ方や量さえ調整すれば、太る原因になりにくいお菓子です。

一気に食べず、少しずつ食べるのがおすすめですよ。

 

オリゴスマートでストレスを解消しながらダイエットを成功させてくださいね。

 

【腸を美しく整えて人生を変えたい方へ】

【食べ物に気を遣っている方へ】プロの医者が教える!9割の人が知らない本当に体にいい食べ物とは?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。