辛ラーメンは太る?ダイエット効果のあるアレンジレシピも紹介!

辛いラーメンは太る?ダイエット効果のあるアレンジレシピも紹介!

 

「辛いラーメンは太るの?ダイエット中はラーメン食べられないよね?」

 

ピリリっとした辛さの中に濃厚な旨味を感じる辛ラーメンって美味しいですよね。

でも辛いラーメンは太ると思って、ダイエット中で我慢している人も多いと思います。

 

  • 辛いラーメンって本当に太るのかな?
  • 辛いラーメンに実はダイエット効果ってあるかも?
  • 辛いラーメンのアレンジレシピも知りたい!

 

など、いろいろと気になることがあるのではないでしょうか?

改めて考えてみると、辛いラーメンは唐辛子などのカプサイシン効果や発汗作用などでダイエット効果もありそうな気もします。

 

調べてみると、実は辛いラーメンは食べ方を工夫すればダイエット中でも楽しめることが分かりました。

今回は辛いラーメンとダイエットの関係について、次のポイントに絞って詳しく解説していきたいと思います。

 

  • 辛いラーメンは本当に太りやすいのか
  • 辛いラーメンのカロリーや糖質量はどれぐらいあるのか
  • 辛いラーメンをダイエット中に食べるにはどうすれば良いのか
  • ダイエット中に辛いラーメンを食べる時の注意点

 

今回の内容を読むことで、ダイエット中も辛いラーメンを無理に我慢することなく楽しめるようになります。

「ダイエット中なのに辛いラーメンが好きでやめられない」「辛いラーメンは太る」と心配な方はぜひ参考にしてください。

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

辛いラーメンは太る?それともダイエット効果あり?カロリーを解説!

辛ラーメンは太る?ダイエット効果のあるアレンジレシピも紹介!

 

「辛いラーメンは太る」というのはよく言われていますし、ダイエットの敵のように思えます。

そもそもダイエット中にラーメンを食べるのは、あまり良くないというのが一般的な考え方になっていますね。

 

しかし結論から申し上げると、辛いラーメンも食べ方次第ではダイエット効果を期待できるんですよ。

ただし普通のラーメンと同じように、食べ方を間違えてしまうと太る原因になることもあります。

 

詳しく確認していきましょう。

 

辛いラーメンは太るの?辛いラーメンのカロリー・糖質を解説!

 

辛いラーメンは太るのか、白米と比べてみたところ、実はおかず次第ではそれほどカロリーは変わらないとわかりました。

辛いラーメンといってもいろんな商品があるため、商品によってカロリーや糖質はそれぞれ異なります。

 

普通サイズの辛いラーメンのカップ麺(1食あたりおよそ90g)でカロリーはだいたい350kcal、糖質は70gほどです。

大盛サイズになればカロリーは500kcal以上、糖質も80g以上になる商品もたくさんあります。

 

これだと結構なカロリーですし、糖質も多くて心配になりますよね。

また辛いラーメンは、普通のラーメンに比べるとカロリーと糖質は高めだと言われています。

 

ただし、辛いラーメン1食あたり約350kcalだとすると、女性でも食事として多すぎるカロリー量ではありません。

気になるのは糖質の多さですね。

 

白米の場合は、お茶碗に軽く一杯150gでカロリー230kcal、糖質は50gほどです。

単純に比較すると、辛いラーメンは白米よりもカロリーが高く糖質も多いことになります。

 

しかし白米はそれだけで食べることは少なく、必ずといっていいほどおかずを追加します。

その分カロリーと糖質はプラスになるのです。

 

そのため、食事1食あたりのカロリーと糖質量は、実は辛いラーメンと白米の食事でそれほど変わらないことが分かります。

白米に揚げ物やボリュームたっぷりのおかずが多ければ、辛いラーメンより白米の方がカロリーも糖質もが高くなるでしょう。

 

辛いラーメンにはダイエット効果が期待できる?

 

辛いラーメンは味付けに唐辛子などを使用しているので、ダイエット効果が期待できます。

唐辛子に含まれる成分「カプサイシン」には、脂肪の分解を促してくれる嬉しい効果があるのです。

 

ダイエット中は積極的に取りたい成分の1つですよね。

唐辛子の辛さによって体温が上がり、発汗作用でダイエットにも効果的だとも言われています。

 

冬の寒い時期、唐辛子入りのものを食べると体がぽかぽか温まるのもそのためです。

ただし辛いラーメンは旨味やコクを出すために、油や脂質などの太りやすい成分も入っています。

 

ですから、辛いラーメンを食べて唐辛子のダイエット効果だけを得られるわけではありません。

麺をすべて食べて、スープも飲み干してしまうのはやめた方が良いでしょう。

 

辛ラーメンのカロリーを抑える方法は?食べ方次第で変わる?

 

辛いラーメンのカロリーや糖質を抑えるためには、一番簡単なのは麺とスープを残すことが最も簡単です。

ラーメンは時間が経つと麺が伸びてしまうため2回に分けて食べるのは難しいですよね。

 

でも、ダイエット中は割り切って半分だけにしておくというのもとても良い方法です。

麺を残す場合は量が少なくなるため満足感は減ってしまいますよね。

 

辛いラーメンの麺を残して食べる場合は、野菜などのヘルシーな具材をトッピングして量をカサ増しするのがおすすめですよ。

ダイエット中でも空腹を我慢しすぎるとストレスで一気に過食してしまいがちなので、満足感のある食事にすることが大切です。

 

少し手間はかかりますが、辛いラーメンをヘルシーに楽しめてお腹も満足すること間違いなしです。

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

辛ラーメンのダイエット中向けヘルシーアレンジレシピをチェック!

辛ラーメンのダイエット中向けヘルシーアレンジレシピをチェック!

 

辛いラーメンに野菜をトッピングする時のヘルシーなアレンジレシピをご紹介します。

辛ラーメンのダイエット向けヘルシーアレンジは、料理が苦手な人でもできるお手軽アレンジばかりです。

 

ラーメンだけではどうしても栄養が偏ってしまいますので、バランスの良い食事にするためにもぜひ試してみてください。

辛いラーメンで健康的にダイエットするためにも、大切です。

 

①白菜+卵+ネギをトッピング

 

  • 白菜はレンジでチンして柔らかくし、水気を軽く絞ります。
  • ラーメンの上にレンチンした白菜を入れる
  • 生卵を落としてネギをかけて完成

 

しんなりした白菜に辛いスープがよく合い、卵のまろやかさも癖になるほど美味しいですよ。

白菜も卵も糖質はとても低く、ダイエット中でも安心して食べることができます。

 

白菜は火を通すとカサが減るので、たくさん食べられるのも特徴です。

また、卵は完全栄養食と呼ばれ良質なタンパク質や必須アミノ酸、ビタミンミネラルも豊富。

 

積極的に取り入れたい食材です。

ネギの白い部分も、体温を上げる作用があるのでたっぷり入れたいですね。

 

②豚肉+チーズをトッピング

 

  • フライパンで豚肉をしっかり炒める
  • 焼いた豚肉の余分な脂を切ってからラーメンの上に載せる
  • 最後にとろけるチーズをかけて完成

 

豚肉は、脂身の少ないモモ肉スライスなどを使うのがいいでしょう。

豚肉は糖質がほとんどなく、ビタミン豊富で疲労回復効果もある栄養食材です。

 

お肉を入れることで、食べたときの満足度もアップしますね。

さらにチーズをかけると辛いスープが少しマイルドになって食べやすくなりますよ。

 

チーズも良質なたんぱく質が摂れるのがうれしいですね。

 

③豆腐ともやしをトッピング

 

  • もやしはフライパンで軽く炒めるか、レンジでチンして柔らかくする
  • 豆腐はパックから一度お皿に出し、レンジで温めて湯豆腐のようにしておく
  • もやしと豆腐の水気をしっかり取る
  • ラーメンにもやしと豆腐を入れて軽く混ぜて完成

 

豆腐ともやしもダイエット中は食べやすい食品ですね。

辛いラーメンのスープには、豆腐ともやしは相性抜群で、豆腐チゲのような味を楽しむことができますよ。

 

特にもやしは安価なのに、ビタミンやカルシウム、葉酸や鉄などをたっぷり含む優れもの食材。

食物繊維豊富で整腸作用が期待できるので、便秘気味の人はたっぷり入れてください。

 

豆腐ともやしはどちらも温めると水分がたくさん出ます。

スープが薄くならないようにしっかり水気を取っておくのがポイントです。

 

辛ラーメンで太った?むくみも?辛いラーメンの注意点を解説!

辛ラーメンは太る?ダイエット効果のあるアレンジレシピも紹介!

 

辛ラーメン食べて太ったらショックですし、むくみがあった人もいるようです。

辛いラーメンは食べ方によってはダイエットにも効果的ですが、注意点もあります。

 

ダイエット中に食べて太らないように、注意点もしっかりチェックしていきましょう。

 

➀辛いラーメンの食べる時間に注意

 

辛いラーメンを食べる時は、食べる時間帯を考えることが必要です。

例えば辛いラーメンを深夜に夜食として食べてしまうと太るのは当然ですね。

 

どんなにヘルシー野菜をトッピングしても、ダイエット効果は残念ながらありません。

お酒を飲んだ帰りなどは十分注意したいところです。

 

またダイエット中は夜の糖質は減らした方が効果的とも言われています。

辛いラーメンを食べたいなら食べる時間は昼食時など早い時間がおすすめです。

 

活動的な昼間に食べれば、しっかり摂取したカロリーを消費できます。

 

➁辛いラーメンのスープは残そう

 

辛いラーメンは麺を残すことでカロリーと糖質を減らすことができますが、できればスープも残した方が良いですね。

辛いスープは塩分が多いため、体のむくみの原因になることがあります。

 

辛いため、さらにお水をがぶ飲みしてしまうのもむくみを招いてしまうでしょう。

ダイエット中はむくみを解消することで体の老廃物が排出されて痩せやすくなると言われていますので、むくみは大敵です。

 

美味しいスープは全部飲み干したくなりますが、痩せるためには少し我慢してスープは残すようにしましょう。

どうしても飲みたい場合は、レンゲ一杯分だけなどとすると満足できるはずです。

 

③辛いラーメンは野菜と一緒に食べよう

 

辛いラーメンは単品で食べるよりも野菜と一緒に食べるのがおすすめです。

野菜と一緒に食べることでお腹も満足しますし、ラーメンだけでは不足しがちな栄養も補うことができます。

 

野菜には食物繊維が豊富に含まれていて、食物繊維は血糖値の急上昇を抑えるためダイエット効果も期待できます。

白菜など、加熱するとカサが減る野菜はたっぷり食べられるのでおすすめです。

 

野菜を切るのが面倒、という方はスーパーやコンビニで売っているカット野菜を常備しておくと便利。

洗わずにすぐ使えるタイプなら、手間もかけずに野菜をたくさん食べられます。

 

おすすめのアレンジレシピでも少しご紹介しましたが、辛いラーメンには好きな野菜をたっぷり入れて食べてみてください。

 

まとめ

辛ラーメンは太る?ダイエット効果のあるアレンジレシピも紹介!

 

辛いラーメンとダイエットの関係についてご紹介しました。

辛いラーメンは、工夫次第でダイエット中も食べられます。

 

辛いラーメンは太ると心配していた方も、印象が少し変わって安心したのではないでしょうか。

今回の記事で特に重要だったポイントは次の5点です。

 

  • 辛いラーメンのカロリーや糖質は、実は白米+おかずの食事とあまり変わらない
  • 辛いラーメンに含まれている唐辛子などのダイエット効果は期待しすぎないことが大切・
  • ダイエット中は野菜などを入れてカサ増ししたヘルシーアレンジがおすすめ
  • 辛いラーメンを食べるなら昼食時が良い
  • むくみ防止のため辛いラーメンのスープは残す方が良い

 

ぜひいろんな野菜をたっぷり入れて、アレンジを工夫して楽しみながら味わってくださいね。

辛いラーメンは太ると心配していた方も、上手にダイエットできますよ。

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!