ホワイトチョコレートは体に悪い?酸化チタンが危ない?おすすめの食べ方!

ホワイトチョコは体に悪い?原料の酸化チタンが危ない?おすすめの食べ方も!

 

「ホワイトチョコって体に悪いのかな?普通のチョコとどう違うんだろう?」

 

ホワイトチョコは普通のチョコとは風味や味が違って甘く、好きな人も多いのではないでしょうか。

しかし、「ホワイトチョコが体に悪い」という口コミがあるのです。

 

  • ホワイトチョコは体に悪いって本当?理由は?
  • ホワイトチョコの原料である酸化チタンって大丈夫?
  • ホワイトチョコと普通のチョコの違いは何?
  • 体に良いおすすめのチョコはある?

 

ホワイトチョコが体に悪いのかなど、いろいろ心配になりますよね。

そこで、今回はホワイトチョコが体に悪いと言われる理由をご紹介していきます。

 

安全な食べ方や、チョコとの違いも解説するので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読むことでホワイトチョコについてさまざまな知識を得られますよ。

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

ホワイトチョコレートは体に悪いの?原料の酸化チタンが危ないって本当?

ホワイトチョコレートは体に悪いの?原料の酸化チタンが危ないって本当?

 

ホワイトチョコが体に悪いって本当なのでしょうか?

ホワイトチョコが体に悪いと言われる理由は、発がん性物質「酸化チタン」が含まれる点と糖分の多さです。

 

しかし結論からいうと、食べ過ぎず適切な食べ方をすればホワイトチョコが体に悪いということはありません。

むしろホワイトチョコを食べるメリットもあります。

 

上品でクリーミーな甘さが美味しいホワイトチョコレートは、子どもにも大人にも人気のお菓子です。

スーパーやコンビニのお菓子コーナーでもホワイトチョコを使ったお菓子はいろいろ販売されていますよね。

 

身近でおいしいホワイトチョコを健康的に食べるためにも、ホワイトチョコの何が悪いのか知っておくのは大切です。

1日の摂取目安量や安全な食べ方なども具体的にチェックしていきましょう。

 

ホワイトチョコが体に悪いと言われている主な理由は、調査したところ主に次の2つだとわかりました。

 

①:ホワイトチョコには発がん性物質の酸化チタンが含まれている

 

ホワイトチョコには人体に有害な酸化チタンという物質が含まれている場合があります。

酸化チタンは食品に白い色を出すための着色料として使われる成分です。

 

しかし酸化チタンは、実はがんやアルツハイマーなどの病気を引き起こすという実験結果も出ているようです。

しかしホワイトチョコに使われる酸化チタンの量はごく微量でしかありません。

 

オヤツとして食べるぐらいでは健康被害が出るほどのものではないのです。

酸化チタンで実際にこのような症状が起こるのは体重50kgの人で約250gの摂取をした場合です。

 

一般的なホワイトチョコレートは、一枚50~70g程度。

一気に3~4枚食べるなどしない限り、酸化チタンを大量に摂取する危険はありません。

 

常識的な食べ方をしている限り心配する必要は無いと言って良いでしょう。

 

②:糖分が多いため太りやすい

 

ホワイトチョコが体に悪いと言われる2つ目の理由は、糖分が多くて太りやすいということです。

甘いホワイトチョコにはたくさんの砂糖が使われていることが多く、カロリーや糖質は多くなります。

 

ホワイトチョコ 50gあたりの成分

  • カロリー 294kcal
  • たんぱく質 3.6g
  • 脂質 19.75g
  • 炭水化物 25.45g(糖質25.15g 食物繊維0.3g)

 

食物繊維は少量含まれていますが、炭水化物のほとんどは糖質です。

毎日ホワイトチョコをたくさん食べていると、当然肥満や糖尿病の原因になってしまうことも十分考えられます。

 

チョコ菓子を食べたいなら、砂糖控えめの「オリゴスマート」をおすすめいたします。

というのも、オリゴスマートはチョコレート菓子ですが、カロリーや糖質を減らしているため太りにくいのです。

 

また、お腹に優しく整腸効果も期待できて、ダイエット中の女性にも大人気。

詳しくは以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

 

オリゴスマートのデメリットとは?ココアやアイスも太るのか徹底解説!

 

ホワイトチョコは1日何gなら安全?適量のホワイトチョコの効能は?

 

ホワイトチョコは酸化チタンに関しては、常識的な量を食べるならそれほど心配する必要はありません。

健康を考える上で重要なのはカロリーと糖質です。

 

カロリーオーバー&糖質の過剰摂取を防ぐためには、1日におよそ50g以下にしておいた方が良いでしょう。

ホワイトチョコは美味しくてつい食べ過ぎてしまいそうになりますよね。

 

50gは普通の板チョコぐらいの量になります。

ゆっくり味わいながら食べるとかなり楽しめる量ですよね。

 

糖質制限ダイエットなどをしている人は、半分の25g程度を1日の目安に考えると良さそうです。

一気に一枚食べずに、食べる量だけお皿に乗せると食べ過ぎを防げますよ。

 

ホワイトチョコ25gならカロリー約150kcal、糖質は約13gになるのでオヤツに食べても大丈夫です。

無糖の紅茶やコーヒーと一緒に食べると、満足度もアップしますよ。

 

ホワイトチョコは食べ過ぎると肥満や糖尿病などの原因になりますが、適量を食べる分には体に良い効果もあるのです。

ホワイトチョコにはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

 

中でもビタミンEは肌の老化を抑えるアンチエイジング効果が期待できるのです。

ビタミンKは加齢などで減っていくコラーゲン生成を促すので、美容効果も期待できますね。

 

また、乳製品を材料に使っているためカルシウムの摂取可能です。

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

ホワイトチョコの体に悪くない食べ方は?おすすめのタイミングは?

 

ホワイトチョコは適量を食べれば健康や美容に役立つ効果もあるとわかりました。

さらにホワイトチョコの効果を上げたいなら、食べ方や食べるタイミングも重要です。

 

①:3時のオヤツの時間に食べる

 

お腹が空いている時間に甘いチョコを食べてしまうと、血糖値が急上昇し脂肪を溜め込みやすくなる恐れがあります。

ホワイトチョコを食べるタイミングは、3時のオヤツの時間がベストです。

 

お腹が空いているときはホワイトチョコを食べるのはおすすめできません。

深夜に夜食として食べるのも太る原因になってしまいます。

 

お昼の3時は昼食と夕食の間でそれほど空腹でもなく、ちょうど血糖値が上がりにくいベストな時間になります。

またオヤツの時間にホワイトチョコを食べることで夕食のドカ食い防止にも繋がりますよ。

 

②:飲み物と一緒にゆっくり食べる

 

ホワイトチョコはコーヒーや紅茶などによく合いますね。

砂糖を入れない低カロリーの飲み物と一緒にゆっくり食べると少量でも満足できるでしょう。

 

また牛乳やコーヒーなどは血糖値の急上昇を防ぐ効果があります。

1口ずつしっかり甘さと美味しさを味わうと、ダイエット中もストレスを感じることなく過ごせますよ。

 

例えば、烏龍茶はカフェインが含まれているのでおすすめ。

正しく飲み方をすることによって、ダイエット効果を促進できたり、美容にも効果テキメンなんです。

 

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

烏龍茶を飲み続けた結果!常飲するとヤバイ?飲み過ぎのデメリットを解説!

 

ホワイトチョコとチョコの違いは?なぜ色が違うの?原材料が違う?

ホワイトチョコレートは体に悪い?酸化チタンが危ない?おすすめの食べ方!

 

ホワイトチョコとチョコの違いはどのようなものがあるのでしょうか?

ホワイトチョコは普通のチョコと見た目も味も違いますよね。

 

実はホワイトチョコと普通のチョコは、見た目だけでなく使っている原材料や製法が異なります。

2種類のチョコレートの違いについてチェックしていきましょう。

 

ホワイトチョコとチョコの違いは原材料?カロリーやカフェインは?

 

ホワイトチョコと普通のチョコは、まず使っている原材料が違います。

普通のチョコは原材料にカカオマスが使用されていますが、ホワイトチョコはカカオマスが使用されていません。

 

カカオマスはチョコレート特有の奥深い苦味などの元になります。

カカオマスが入っていないため、ホワイトチョコは風味が普通のチョコよりもまろやかなのです。

 

色が白いのもカカオマスを使っていないからなのですね。

ではホワイトチョコは厳密にはチョコではないのかと言うとそうではありません。

 

ホワイトチョコは、カカオからカカオマスを取り除いた後のココアバターを原材料に使用します。

チョコレートの定義は「カカオ成分を35%以上使用しているもの」です。

 

そのため、ココアバターを35%以上使用しているホワイトチョコは、チョコレートに分類されるお菓子になります。

他に注目すべきはホワイトチョコと普通のチョコのカロリーや糖質、カフェイン量の違いです。

 

  • ホワイトチョコ50gのカロリーは約294kcal、糖質は約25.15g、カフェイン約2mg
  • 普通のチョコ50gのカロリーは約279kcal、糖質は約25.95g、カフェイン30mg以上

 

カロリーや糖質についてはホワイトチョコと普通のチョコはほとんど変わりません。

ただし、カフェインはカカオマスの成分が多いチョコほどたくさん含まれているのが特徴です。

 

つまり、普通のチョコはカフェインが多く、ホワイトチョコにはカフェインがほとんど入っていません。

そうなると普通のチョコのカフェインの多さが気になって心配かもしれません。

 

しかし、普通のチョコは脂肪を分解するテオブロミンが含まれています。

また、さまざまな健康効果を期待できるカカオポリフェノールなども含まれているのです。

 

そのため、「どちらのチョコが良い、悪い」とは言えません。

それぞれどちらにも健康へのメリットがありますので、上手に食べ分けることがポイントですね。

 

ホワイトチョコとチョコの効果の違いは?それぞれおすすめの人は?

 

ホワイトチョコと普通のチョコは原材料の違いから健康への効果も違いがあります。

ホワイトチョコと普通のチョコ、それぞれのおすすめの人を整理してまとめてみました。

 

【ホワイトチョコがおすすめの人】

  • 苦くないまろやかなチョコが好きな人
  • なるべくカフェインを取りたくない人
  • チョコでビタミンやミネラルなどの栄養を取りたい人

 

【普通のチョコがおすすめの人】

  • 苦みのあるチョコが好きな人
  • 高カカオポリフェノールなどの栄養を取りたい人
  • チョコをダイエットに役立てたい人

 

ダイエット効果などを期待する場合は普通のチョコレートを選ぶのがおすすめですよ。

ホワイトチョコは、妊婦さんや小さいお子さんなどカフェインを控えた方が良い人におすすめです。

 

カフェインに問題がない方は、味の好みや気分で両方食べてもいいですね。

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

体にいいチョコ・ホワイトチョコのおすすめ商品を一覧で紹介!

ホワイトチョコレートは体に悪い?酸化チタンが危ない?おすすめの食べ方!

 

体にいいと言われているおすすめのチョコやホワイトチョコを一覧でご紹介します。

どれもAmazonや楽天で購入できますので、ぜひ食べ比べてお気に入りを見つけてください。

 

①:糖質オフ ホワイトチョコレート(低糖工房)

 

低糖工房から販売されているホワイトチョコレートは、糖質を81%も大幅にカットしている大人気商品です。

糖質制限ダイエット中でも安心して食べられすので、まとめ買いして常備しておくとオヤツに最適ですよ。

 

糖質オフは、ホワイトチョコ以外に普通のチョコレートもあります。

 

②:チョコレート効果 カカオ72%(明治)

 

明治のチョコレート効果はカカオ成分が高く、ダイエット効果を期待できる商品として注目されています。

普通のチョコに比べると値段は少し高いですが、体に良いチョコを食べたい人におすすめです。

 

③:乳酸菌ショコラ(LOTTE)

 

ロッテの乳酸菌ショコラは腸内環境を改善する効果が期待できるチョコレートです。

他にも同シリーズで食物繊維をたっぷり取れるものや、カカオ成分の高いものもあります。

 

便秘などに悩んでいる人もぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

④:GABA(江崎グリコ)

 

江崎グリコのGABAはストレスを低減できる成分GABA(γ-アミノ酪酸)を配合しているため人気があります。

優しい甘さなので勉強や仕事の休憩中のオヤツにも最適ですね。

 

⑤:フルーツ&ナッツチョコレート(トム&ルーク)

 

海外のブランドになりますが、トム&ルークのチョコレートは砂糖不使用で乳製品や卵も使っていません。

優しい甘さでアレルギーの人やビーガンの人でも食べやすいと話題になっています。

 

また、コンビニなどでよく目にする「バナナチップス」。

 

世間では「バナナチップスは太る」「ダイエット中はやめた方がいい」と言われています。

バナナチップスは糖質やカロリーが高い印象があり、たしかに食べ過ぎると太る原因になってしまうでしょう。

 

しかし詳しく調べてみると、逆にダイエットに効果的で痩せやすくなる効果もあるんですよね。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

バナナチップスは体に悪い?太る?むくみやダイエットに効果はある?

 

まとめ

ホワイトチョコレートは体に悪い?酸化チタンが危ない?おすすめの食べ方!

 

ホワイトチョコは体に悪い?という噂を検証しました。

体に悪いと言われるのは、酸化チタンと糖分の多さでしたが、食べ過ぎなければ問題はないのです。

 

また、ホワイトチョコの健康効果や、普通のチョコとの違いなどについてご紹介しました。

重要なポイントはつぎのとおりです。

 

  • ホワイトチョコに含まれている発がん性物質は微量であるため問題ない
  • ホワイトチョコはカロリー&糖質が多いので食べ過ぎには注意
  • ホワイトチョコは苦みがなく、カフェインが少ないのが特徴

 

ホワイトチョコは苦味がなく、カフェインも少なめで妊婦さんや小さな子どもも食べやすいお菓子です。

ビタミンやカルシウムも摂れるので、食べ過ぎに注意しながら楽しんでくださいね!

 

さらに、腸を美しく整えて人生を変えたい方へ。

今、期間限定で内科専門医が教える『人生を変える最高の腸活を無料で受け取ることができます。

 

腸は第二の脳と言われているほどで、記憶力や集中力、決断力を高めることができる最強の腸活です。

それだけでなく、睡眠の質やメンタル改善、美容やダイエット効果もあるので、ぜひ毎日の食生活で取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!