ビオデルマは肌に悪い?真相とおすすめの使い方を徹底解説!

ビオデルマは肌に悪い?真相とおすすめの使い方を徹底解説!

 

「ビオデルマは肌に悪いって噂を聞いたので、真相を知りたい」

 

洗顔や保湿が同時に行える人気のクレンジング製品『ビオデルマ』。

ですが、ビオデルマは肌に悪いという噂もあるので、購入するか迷っているという人もいるのではないでしょうか。

 

  • ビオデルマは肌に悪いのか?
  • ビオデルマは肌に悪いといわれる原因とは?
  • ビオデルマのおすすめの使い方は?

など、ビオデルマを買う前に知っておきたいことも多いはず。

 

そういうわけで今回は、『ビオデルマは肌に悪いのか』『ビオデルマは肌に悪いといわれる原因』について解説していきます。

ビオデルマのおすすめの使い方も紹介します。

 

ビオデルマは肌に悪い?肌に悪いと言われる原因は?

ビオデルマは肌に悪い?真相とおすすめの使い方を徹底解説!

 

敏感肌の人向けに作られているクレンジング製品であるビオデルマ。

ですが、ビオデルマは逆に肌に悪いという噂を聞いてしまうと、本当に自分が使っても大丈夫なのか心配になりますよね。

 

肌に悪いといわれるからには、何らかの理由があるはず。

そういうわけでここでは、ビオデルマは肌に悪いという噂の真相、そしてなぜそのような噂があるのかについて解説します。

 

肌に悪いと噂のビオデルマとは?W洗顔不要なの?

 

肌に悪いと噂の『ビオデルマ』とは、フランスのスキンケアブランドが提供しているクレンジング製品です。

W洗顔が不要な水クレンジングタイプの製品で、非常に人気を集めています。

 

ビオデルマの大きな特徴は、クレンジング製品ながら洗顔や保湿の効果も備えている点でしょう。

クレンジング製品は、基本的に洗顔料と一緒に使います。

 

クレンジングを行った後に改めて洗顔する「W洗顔」を行わなければならず、スキンケアの負担を増やす原因になっているんですね。

ですが、ビオデルマなら洗顔・保湿を1本でまかなえるので、W洗顔が不要です。

 

面倒なW洗顔をスキップして手軽にスキンケアを実施できるので、忙しい人や時間がない人にも適した製品といえるでしょう。

 

ビオデルマ肌に悪いといわれる原因①:拭き取り時の摩擦

 

ビオデルマが肌に悪いといわれる原因になっているのが、コットンによる拭き取り時に摩擦が生じるという特徴です。

ビオデルマは水クレンジングタイプのクレンジング製品。

 

こちらのタイプの製品を使うときは、コットンに水クレンジングを含ませて拭き取りを行います。

洗顔せず拭き取るだけでメイク落としが完結するので、非常に人気のある製品です。

 

ですが、拭き取り方が良くなかったりメイクが濃かったりすると、すぐには落ちない場合があります。

なので、中には無理やりメイクを落とそうと何度も拭き取りを行ってしまう人も。

 

そうすると摩擦によって肌が赤くなってしまうので、クレンジング製品自体が肌に悪いように思えてしまうんですね。

ただ、ビオデルマは水クレンジングの中でもメイクが落ちやすいと好評です。

 

ウォータープルーフをはじめ落ちづらいタイプの化粧品を除き、軽い力で拭き取りを行うだけでしっかりとメイクを落とせます。

なので、摩擦によるダメージが少なく、肌への負担は類似品と比べて小さいでしょう。

 

ビオデルマ肌に悪いといわれる原因②:界面活性剤

 

ビオデルマが肌に悪いといわれる原因としては、含有成分として界面活性剤が入っていることも挙げられます。

界面活性剤とは水にも油にもなじむ性質を持つ物質のこと。

 

つまり、油分が多い化粧品ともよくなじむので、界面活性剤を用いれば水洗いでは落ちないメイクも綺麗に落とせるんですね。

だから、クレンジング効果を高める目的で、ビオデルマにも添加されているんです。

 

このように便利な界面活性剤のデメリットとして、肌荒れを引き起こす場合があることが挙げられます。

なので、界面活性剤が入っているビオデルマは肌に悪いといわれてしまうんですね。

 

ですが、肌荒れの起こりやすさは、どんな種類の界面活性剤が使われているかによって大きく左右されます。

そしてビオデルマに使われているのは、肌への負担が少ない非イオン性の界面活性剤です。

 

したがって、ビオデルマ中の界面活性剤によって肌トラブルが生じる可能性は低く、肌に悪いというのは誤解だといえるでしょう。

 

肌に悪いといわれるビオデルマのおすすめの使い方は?

ビオデルマは肌に悪い?真相とおすすめの使い方を徹底解説!

 

肌に悪いといわれることもあるクレンジング製品のビオデルマ。

ですが、実際には優れた点も多く、正しく使いこなせばしっかりクレンジング効果を発揮してくれるんですね。

 

そういうわけでここでは、ビオデルマのおすすめの使い方を紹介します。

 

肌に悪いといわれるビオデルマの使い方①:肌に合う種類を選ぶ

 

ビオデルマは肌のタイプごとに複数種類の製品が発売されています。

なので、自分の肌に合う種類を選ぶのがビオデルマを有効活用するポイントといえるでしょう。

 

そこで今回は、代表的なビオデルマ製品として4種類の概要を説明します。

初めて使うのでどれを買っていいかわからないという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

■サンシビオ

ピンクのボトルが特徴的な製品です。

 

敏感肌や低刺激のものが好みの人に向いている種類で、ビオデルマの中では最も多くの人に使われています。

無香料であり、誰でも使いやすいのが人気の理由の一つです。

 

イドラビオ

水色のボトルが目印のビオデルマ製品です。

 

乾燥肌の人に適しているタイプなので、冬に使いたい場合はとくにおすすめといえるでしょう。

香りはフローラル系で、拭き取りした後の肌にモチモチ感があるのが特徴的です。

 

■セビウム

緑色のボトルで販売されているビオデルマ製品。

 

混合肌や脂性肌の人に向けて作られた製品だけあって、使用後に肌がすっきりとするのがポイントです。

皮脂量のバランスを調整しやすいので、毛穴の引き締めにも効果があります。

 

■ピグメンビオ

シルバーのボトルのビオデルマ製品で、2020年に発売された新しいタイプです。

 

シミや肌のくすみを明るくする効果があるため、これらが気になっている人やUVケア製品を探している人におすすめといえます。

ピンクボトルのビオデルマ製品「サンシビオ」に似ている使用感です。

 

肌に悪いといわれるビオデルマの使い方②:朝は拭き取り洗顔として

 

朝は拭き取り洗顔として使うのが、ビオデルマのおすすめの使い方です。

なぜなら、ビオデルマはW洗顔が不要な水クレンジングタイプの製品なので、手軽に洗顔を行えるから。

 

とくにW洗顔が必要なタイプの製品では、ケアの負担や手間が大きい傾向があります。

クレンジングと洗顔を別々に行わなければならないので、時間が取れない朝は化粧水による拭き取りだけで終えている人も多いです。

 

ですが、ビオデルマならコットンでの拭き取りのみで本格的な洗顔ができます。

短時間で汗やほこりなどの汚れをしっかり取り除けるので、何かと忙しい朝でも毎日ケアを続けやすいんですね。

 

メイクのノリも改善することがあるので、ぜひ朝洗顔にビオデルマを使ってみてください。

 

肌に悪いといわれているビオデルマ③:夜はクレンジングとして

 

夜はクレンジングとして使用するのも、ビオデルマにぴったりな使い方といえるでしょう。

メイクをきちんと落とせていないと肌トラブルの原因になります。

 

とはいえ、仕事や用事で疲れていると、なかなかメイク落としの気力がわかないというときもあるはず。

そんなときに役立つのが、拭き取りだけでクレンジングが可能なビオデルマです。

 

コットンに含ませて優しく撫でるだけでメイク落としができるので、ビオデルマを用いれば肌のお手入れにかかる負担を減らせます。

使用後に洗い流す必要もないので、最小限の手間でクレンジングが行えるんですね。

 

さらに、ビオデルマはクレンジング製品ながら洗顔・保湿効果も備えているので、肌をしっかり整えてくれます。

夜のメイク落としが億劫な人は、ビオデルマを試してみると良いでしょう。

 

肌に悪いといわれるビオデルマの使い方④:お化粧直しアイテムに

 

ビオデルマはお化粧直しアイテムとして使うのもおすすめです。

たとえばファンデーションを塗り直す場合、そのまま重ね塗りをすると化粧が厚くなりすぎてしまいがち。

 

とはいえ、一度すべて落としてから塗り直すのは骨が折れるでしょう。

ビオデルマはコットンの拭き取りで簡単にメイクを落とせるので、こうした場合のお化粧直しにもぴったりです。

 

気になる部分だけさっと拭き取れば、全体を落とさなくてもきれいに塗り直しできます。

水クレンジングなのでさらっとしており、その後のメイクの邪魔になりにくいのも嬉しいポイントですね。

 

ちなみにビオデルマは手早くメイクを落とせることから、プロからも愛用されています。

お化粧直しにいつも時間がかかってしまう人は、一度ビオデルマを使ってみてはいかがでしょう。

 

ビオデルマはやっぱり肌に悪い?悪い口コミやデメリットをチェック

ビオデルマは肌に悪い?真相とおすすめの使い方を徹底解説!

 

ビオデルマは拭き取りだけでメイクを落とせる便利なクレンジング製品です。

ですが、肌に悪いという噂がどうしても気になってしまい、購入を躊躇しているという人もいるでしょう。

 

この噂が真実かどうか確かめるには、悪い口コミやデメリットを調べるのが効果的です。

そういうわけでここでは、ビオデルマの悪い口コミやデメリットについて徹底的に解説していきます。

 

ビオデルマの悪い口コミやデメリットは?

 

ビオデルマは人気の製品ですが、悪い口コミやデメリットも存在するんです。

ビオデルマのデメリットを強調する悪い口コミとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 拭き取りだけではメイクを落としきれない
  • コットンの拭き取り時に肌が擦れて痛い

 

このように、拭き取りでのメイク落とし効果に満足できなかったという声や、拭き取りで肌に異変が生じたという声も。

ですが、これらはビオデルマの使い方が悪いことが原因となっているケースが多いです。

 

確かにビオデルマのクレンジング効果には限界があり、落としにくいメイク用品があるのはデメリットといえるでしょう。

ですが、多くのメイク用品は基本的にコットンの拭き取りのみで十分落とせるはず。

 

なので、あまりにもメイク落とし効果が低いと感じる人は、拭き取り方やコットンに問題がある可能性が高いんですね。

また、コットンの拭き取りで痛みや肌の赤みが生じる場合、力を入れすぎていたり質の悪いコットンを使ったりしていることも。

 

なので、利用者が気を付ければ解決する可能性もあるんですね。

したがって、悪い口コミを寄せているのは、正しい拭き取り方をしていない人や低品質なコットンを使う人が多いと考えられます。

 

ビオデルマは毛穴が詰まるってホント?

 

ビオデルマは使用すると毛穴が詰まるという悪い噂があります。

ですが今回調査した限り、実際に使用して毛穴が詰まったという口コミはありませんでした(2021年12月21現在)。

 

むしろ毛穴汚れが落ち、ビオデルマのクレンジング効果を実感したという声も。

それもそのはず、ビオデルマは皮膚に優しいので、皮膚科学が発展しているフランスの専門医が患者に処方しているんですね。

 

なので、使用して毛穴が詰まるというのは考えにくいでしょう。

ビオデルマの良い口コミを見ると、刺激の少ない使用感であり、使ってから肌荒れがしなくなったという喜びの声が多数ありました。

 

したがって、ビオデルマは毛穴が詰まるという噂は誤りといえるでしょう。

 

肌に悪いといわれるビオデルマがおすすめの人は?

 

ビオデルマを使えば肌がツルツルになり、毛穴汚れも解消されるといわれています。

低刺激性であり肌が弱い人にも愛用者が多いので、敏感肌をはじめ刺激の強い製品と相性が悪い人におすすめです。

 

また、ビオデルマはクレンジング、洗顔、保湿の3つの機能を持つ製品です。

さらに、コットンに含ませて拭き取りを行うだけで、簡単にメイク落としが行えるというメリットがあります。

 

つまり、ビオデルマを使えば、日々のスキンケアの負担が大幅に減るんですね。

朝の洗顔や夜のクレンジングに取り入れると手軽にスキンケアが行えるので、スキンケアに時間をかけたくない人にもぴったり。

 

定期便で購入することも可能なので、ぜひ普段使いの製品に採用してみてください。

 

まとめ

ビオデルマは肌に悪い?真相とおすすめの使い方を徹底解説!

 

今回は、ビオデルマは肌に悪いという噂の真相、そして肌に悪いといわれている原因について解説しました。

ビオデルマは手軽にメイク落としができる人気の水クレンジング製品です。

 

肌に悪いという噂や悪い口コミが存在しますが、その大半は誤解や正しい使い方をしていない人の声にもとづくもの。

フランスの皮膚科医が処方するほど肌に良いものなので、心配しすぎる必要はありません。

 

今回はビオデルマのおすすめの使い方も紹介しているので、購入を検討している人はこちらを参考にしてみてくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です