東京卍リベンジャーズ「エマ」は生き返る?復活しない理由を解説!

東京卍リベンジャーズ「エマ」は生き返る?復活しない理由を解説!

 

「東京リベンジャーズでエマが死んでしまったけれど、生き返る可能性はないの?」

 

『東京リベンジャーズ』は主人公がタイムリープし、未来を変えようと奮闘する物語です。

作中ではマイキーの義理の妹である佐野エマが亡くなってしまいますが、今後生き返るのかどうか気になりますよね。

 

  • 東京リベンジャーズのエマは今後生き返る?
  • エマは復活できない?復活できないと考えられる理由は?
  • 東京リベンジャーズの最終回はどうなる?

など、エマの今後について知りたいことも多いはず。

 

そういうわけで今回は『東京リベンジャーズのエマは今後生き返るのかどうか』について解説していきます。

エマが復活しないといわれる理由についても解説していきますね!

 

東京卍リベンジャーズエマは生き返る?復活できない理由とは?

 

エマは、マイキーの心の拠り所であり、黒い衝動を抑えられる数少ない人物です。

一部ではマイキーの闇落ちを防げるのはエマの生存が必要だと考えられていますが、エマが今後生き返る可能性はあるのでしょうか?

 

また「復活できない」との声もありますが、そう考察する理由も知りたいところ。

ここからは、東京リベンジャーズのエマが生き返るのかどうかについて解説します!

 

東京卍リベンジャーズのエマとは?魅力や初登場シーンを解説!

 

エマはマイキーの義理の妹で、タケミチと同じ学年です。

ある日母親に捨てられ、佐野家で生活するようになったエマは、当時のマイキーの優しさに救われて「寂しい」と思うことがなくなりました。

 

そのときのことをずっと感謝しているため、どんなときでもマイキーの力になってあげたいと思っています。

優しく、兄想いな人柄が見えますね!

 

また、友達の悩みを自分ごとと捉えて一緒に悩んだり、行動したりできる一面も。

作中、ヒナタはエマの優しさに度々救われていました。

 

友達想いな部分も、エマの魅力の1つでしょう。

そんなエマは昔からドラケンのことが大好きで、常々「かまってほしい」「ヤキモチをやいてほしい」と思っています。

 

そのため突拍子もない行動をすることも。

初登場シーンでは、下着姿でタケミチに迫っていたのですが、あれもドラケンに嫉妬してほしくてやったことなんです。

 

そこまでしてドラケンに振り向いて向いてもらいたいなんて、可愛いですね!

 

東京卍リベンジャーズのエマが生き返る方法はある?復活の可能性は?

 

東京リベンジャーズのエマが生き返る方法は、1つだけあります。

それは、タケミチが「2006年2月22日(エマが亡くなった日)」よりも前にタイムリープし、過去を変えることです。

 

しかし、タケミチのタイムリープは「戻る日時」を選べません。

直人をトリガーとした場合は「12年前の同日」、マイキーをトリガーとした場合は「10年前の同日」に戻る決まりになっています。

 

なので、エマが亡くなった日よりも前に戻る術がないんですね。

過去を変えられなければエマは生き返れませんので、今後復活する可能性は限りなくゼロに近いでしょう。

 

とはいえ、「今後絶対に復活しない」とも言い切れません。

もしかすると今後新たなトリガーが現れ、12年以上前にタイムリープする展開になるかもしれませんよね。

 

できれば生き返る展開を期待したいところです!

 

東京リベンジャーズのエマ死亡シーン17巻146話をチェック!

 

エマが死亡したのは、関東事変の当日です。

その日はエマとマイキーの兄、佐野真一郎の命日だったので、2人は一緒に墓参りに来ていました。

 

マイキーはたまたまお墓の前でイザナと鉢合わせたため、タケミチに「エマを連れて少し待っていてほしい」と話します。

エマとタケミチは、墓場の外でマイキーを待つことにしました。

 

エマはそこで「マイキーは周りに弱いところを決して見せないけれど、本当は弱い男の子。だから、いざというときはウチがマイキーを助けるんだ」と話します。

タケミチは、エマの存在がマイキーの心を支えていると確信。

 

しかし同時に、これまで一度もエマを現代で見ていないことに気づくのです。

マイキーの闇落ちとエマの関係を考えていたところで、稀咲がバイクに乗って襲撃してきます。

 

そして、金属バットでエマの頭を思いっきり殴打。

その後、戻ったマイキーがエマをおぶって病院まで運びますが、道中で息を引き取りました。

 

東京リベンジャーズエマは復活できない?死因や稀咲との関係を解説!

 

これまで説明した通り、東京リベンジャーズエマは復活できない可能性が高いでしょう。

できれば復活して、最後はハッピーエンドで終わってほしいですね。

 

そんなエマの死因はいったい何だったのでしょうか?

また、稀咲とエマにはどんな関係があったのかも気になるところ。

 

そういうわけでここからは、東京リベンジャーズエマの死因や稀咲との関係について解説していきます!

 

東京リベンジャーズエマの死因は?エマを撲殺した稀咲との関係は?

 

エマの死因は「撲殺」です。

半間がバイクを運転し、その後ろに乗った稀咲がすれ違いざまにエマを殴りました。

 

凶器は金属バット、バイクのスピードも早かったので、かなり強い衝撃だったでしょう。

なお、エマが倒れるまでの出来事は一瞬だったため、タケミチはバイクにはねられたと勘違いしています。

 

エマと稀咲が直接関わりを持ったのはこのシーンが初めて。

稀咲はエマがマイキーの妹だと知っていたため、関東事変前に消すことを計画していました。

 

稀咲の思惑通り、マイキーは戦意喪失しています。

 

マイキ―が闇落ちし犯罪組織の首領になったのはエマの死亡が原因?

 

マイキーが闇落ちしてしまった最大の原因は、「黒い衝動を自分で制御できなくなったから」だと考察できます。

「黒い衝動」とは、マイキーのもう1つの人格のことです。

 

マイキーは「これを制御できなくなれば、周りを不幸にしてしまう」と話しています。

幼い頃から顔を覗かせていた黒い衝動ですが、これまで抑えられたのは、真一郎や場地、妹のエマの存在があったから。

 

しかし、今回の事件でエマはいなくなってしまいました。

真一郎や場地もすでに死亡しているため、マイキーの黒い衝動を抑えてくれる人物がいなくなってしまったのです。

 

なので、エマの死亡が闇落ちの原因の1つとも考えられるでしょう。

とはいえ、これはあくまで「原因の1つ」であり、マイキーが犯罪組織の首領になったのはエマの死亡だけが理由ではない気がします。

 

原因の1つと考えられるのは、黒川イザナの死です。

関東事変中、マイキーはイザナに「オレはオマエを救いたい」と話します。

 

最後に血がつながっていない事実がわかり衝撃でしたが、それでもマイキーにとっては大切な兄弟だったのでしょう。

マイキーはイザナの夢を叶えるべく、鶴蝶とともに「梵天」を創立した可能性があります。

 

もし考察の通りなら、梵天を大きくする途中で稀咲的な存在に取り込まれ、闇落ちしてしまったのかもしれませんね。

 

東京卍リベンジャーズ最終回の予想は?エマは助かる?ネタバレは?

https://twitter.com/Lisatan222_oO/status/1440398447895478278

 

東京リベンジャーズの最終回はいったいどうなるのか、気になりますよね。

さまざまな予想が飛び交っていますが、できれば東卍メンバーが全員生存する形で終わってほしいと考える人も多いでしょう。

 

タケミチは関東事変前に、「エマちゃんも場地も救う」と話しています。

もしこの通りになるのなら、12年前よりも過去にタイムリープして、何か行動を起こすのかもしれません。

 

そうすればエマも助かるので、万々歳ですよね!

しかし、もし12年以上前の過去を変えるのなら、これまで起きた抗争自体が無くなったり、タケミチが壱番隊隊長になれなかったりする可能性も。

 

また、「最終章」で全部の抗争をやり直すとなると、連載がかなり長引いてしまいます。

そう考えると、これ以上過去にタイムリープする展開は考えにくく、「マイキーを救って終了」の線がもっとも濃厚でしょう。

 

今後の展開に期待です!

 

まとめ

 

東京リベンジャーズのエマが生き返る可能性は、ゼロに近いです。

タケミチがタイムリープできるのは「12年前の同日」までであり、それより過去に戻ることはできません。

 

しかし、12年前よりも前に戻る方法が見つかれば、エマが復活する可能性も。

できれば生き返って、未来でマイキーと笑い合ってほしいですし、ドラケンと結婚して幸せな家庭を築いてほしいですよね。

 

これまでも読者の予想を裏切り、いろんな展開を見せてきた東京リベンジャーズなら、「全員が生存する未来」でエンドする可能性も考えられるかもしれません。

今後の展開に期待しましょう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です